【ライブレポート】欅坂46、圧巻の世界観を描いた初の東京ドーム公演!平手友梨奈が唯一無二の存在感を放つ!<欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019>

2019/09/20
20114158_680_454

欅坂46の夏の全国アリーナツアーが8月16日(金)仙台公演を皮切りに、追加公演を含む全国5都市(仙台、横浜、大阪、福岡、東京)12公演、全動員数174,500人という快挙を成し遂げ、
追加公演となる9月18日(水)、19日(木)東京ドーム公演をもって完結する。

2016年4月のデビューから3年5ヵ月というスピードで初の東京ドーム公演を開催する欅坂46のツアー最終公演をリポートする。

2日間に渡った追加公演となる東京ドームでの千秋楽。開演を今か今かと待ちわびる50,000人の観客たちの静かな興奮と緊張感が会場中に充満する中、
菅井友香、上村莉菜、原田葵によるマイクが割れるほど元気いっぱいの開演前アナウンスを経て、いよいよライブステージの幕が上がる!


20114406_680_45320114235_680_45320114252_680_45320114308_680_453

幻想的な音楽の中、メインステージに登場したのは不動のセンター・平手友梨奈。
力強い眼差しと凛々しい表情で叙情的なソロパフォーマンスが繰り広げる。そして、一瞬の静寂の後、ライブの始まりを告げる『overture』が流れ、会場はグループカラーのサイリウムでグリーン一色に。
そして『ガラスを割れ!』でライブをスタート!場内の熱気は瞬く間に高まり、観客の盛り上がりから、いかにこの日を待ちわびていたのかが1曲目から伝わってくる。

さらに『語るなら未来を…』を力強く届ける。<過去など自己嫌悪しかない 語るなら予言を>という視線を落とさず未来を見据え、ひたすら前を向こうとするこの楽曲に、2期生も含め、序盤から期待は増すばかりだ。
『Student Dance』では、椅子やスマホを使った演劇的なステージングを展開し、会場のボルテージはグングンと上昇!割れんばかりの歓声に包まれる。
続く、モニターに映し出される歌詞、レーザービームや次々に切り替わるライトの演出が印象的な『エキセントリック』では、片足の靴を脱ぎ捨て、一心不乱に踊る彼女たちの姿に観客は固唾を飲む。

そして、初の東京ドーム公演についてキャプテン菅井友香は「ついに、東京ドームにやってきました!ここまで来れたのはみなさんのおかげだと思っています。本当にありがとうございます!」と感謝を述べ、
続く守屋茜も「いつかドームに立てたらいいね、っていう願いが叶って本当に嬉しいです!」と伝える。さらに菅井は「緊張のあまり、いつもと違うことをしてしまって、リップを塗ろうとしたのにリップを思いっきり折ってしまったんです。」とコメントし、会場を和ませる。
パフォーマンスとMC時のギャップの大きさもまた、欅坂46ならではの魅力だ。

20114425_680_45320114445_680_45320114503_680_45320114515_680_453 

そこから『世界には愛しかない』、そして『青空が違う』では守屋茜、渡邉理佐、渡辺梨加、渡辺梨加、菅井友香が気球に乗ってパフォーマンスを展開し、そして、ユニット曲『バレエと少年』を展開する。
衣装をチェンジし、『制服と太陽』、そして『二人セゾン』では、柔らかな微笑みを浮かべて軽やかなダンスを披露し、会場のムードをガラリと変化させた。
さらに、『キミガイナイ』と続き、場内に緑色のペンライトが美しく浮かび上がる。
続く『もう森へ帰ろうか?』では幻想的な雰囲気が作り出され、メンバーたちのパフォーマンスを引き立てた。
ここからまたユニット曲『僕たちの戦争』、『結局、じゃあねしか言えない』を披露。『結局、じゃあねしか言えない』では、自転車に乗りながらパフォーマンスし会場を沸かせた。

ここで2期生のMCが展開される。今日の公演や今までの感想をメンバーに聞き、田村保乃は「周りの皆さん、メンバーに支えられてここまで来ました。これからも前だけを見て行きたいと思います。全力を出し切って頑張ります!」と答え、「一生忘れられない景色を見せてもらいました!」森田ひかるも感謝の気持ちを述べる。
そして武元唯衣が「盛り上る準備は出来てますか?」と煽り、後半戦へ突入。

その後も、彼女たちのパフォーマンスはますます勢いづいていく。
『サイレントマジョリティー』、『避雷針』、『アンビバレント』、『風に吹かれても』と立て続けに披露し、クールながら熱のこもったパフォーマンスで観客を楽曲の世界へ次々と引き込んでいく。
最後の力を振り絞るような全身全霊のパフォーマンスに客席は大いに沸き、そして迫力に満ちた力強い眼差しと凛々しい表情で、クライマックスへと導く。
一糸乱れぬ圧倒的なダンスパフォーマンスで、欅坂46の本領とも言えるシリアスな世界観を一気に創り上げた。
20114536_680_45320114547_680_45320114559_680_45320114609_680_45320114624_680_45320114635_680_45320114704_680_45320114719_680_453

アッパーチューン『危なっかしい計画』では、サビで振り回される緑色のサイリウムとタオルが会場に映え、小林由依が「もっと声出るだろ!さぼんなよ!お前ら、最高!」と会場を煽る。
ラストナンバー『太陽は見上げる人を選ばない』で、会場の隅々まで興奮の渦に巻きこみ、「みんなのことが大好き!」と叫ぶ小池美波の声が響き渡る。

20114905_680_45320114920_680_45320114932_680_453

そして本編を終了し、衣装チェンジをしたメンバーが再びステージに現れた。
割れんばかりの大歓声の中、アンコールとして披露されたのは『不協和音』だ。それまでの盛り上がりをさらに超えるこの日1番の盛り上がりを見せた。

さらに、会場が暗転すると、ひときわ熱を帯びた「欅坂46コール」が響く。
最終日のみ披露されたダブルアンコールでは、平手のみがステージ中央に現れ、平手のソロ曲『角を曲がる』が披露される。
情緒的に、刹那的に、激情的に、感情の起伏に真正面から向き合う。そして、感情の起伏をステージで体現する唯一無二の存在。
メッセージ性の強い楽曲の世界を真摯に表現し、最後は深々とお辞儀をし「ありがとうございました。」と挨拶。
深い余韻を残して初の東京ドーム公演の幕を降ろした。

20115020_680_45320115039_680_45320115055_680_45320115107_680_45320115119_680_45320115132_680_45320115149_680_45320115200_680_45320115212_680_453

欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム
9/19(木)セットリスト

overture
M01:ガラスを割れ!
M02:語るなら未来を…
M03:Student Dance
M04:エキセントリック
M05:世界には愛しかない
M06:青空が違う
M07:バレエと少年
M08:制服と太陽
M09:二人のセゾン
M10:キミガイナイ
M11:もう森へ帰ろうか?
M12:僕たちの戦争
M13:結局、じゃあねしか言えない
M14:サイレントマジョリティー
M15:避雷針
M16:アンビバレント
M17:風に吹かれても
M18:危なっかしい計画
M19:太陽は見上げる人を選ばない
EN1:不協和音
EN2:角を曲がる

20115250_680_45320115301_680_45320115313_680_45320115325_680_453
      

外部記事

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });