×

LiveFans PUSH!

和楽器バンド、覚悟を見せつけられたツアーファイナル横須賀公演公式レポートが到着 「伝えたくても伝えられなかった思いを込めて」

2019/11/25
和楽器バンド photo by 上溝恭香

和楽器バンドの全国ツアー『和楽器バンド Japan Tour 2019 REACT-新章-』が11月23日(土・祝)の横須賀芸術劇よこすか劇場公演にてツアーファイナルを迎えた。

ユニバーサルミュージックとのグローバルパートナーシップ契約締結後、初のライブとなった今回の全国ツアー。開演時刻 17 時になると「REACT-新章-」を掲げたメンバー紹介の映像が映し出され、ステージ上にメンバーのシルエットが浮かび上がる。それだけでこの瞬間を待ちわびたファンからのどよめきが起き、扉が開きメンバーが登場すると会場のボルテージが急激に高まる。そして、「和楽器バンドのライブへようこそ!REACT ツアーファイナル!行くぞ!」という黑流(和太鼓)のオープニングMC から、最初に披露された楽曲は「雨のち感情論」。ファイナルを楽しみに待ち続けたファンからは興奮に満ちた大歓声が上がった。立て続けに彼らの初期を彩ったボカロカバーの名曲「天樂」や亜沙(Bass)の楽曲でもある「吉原ラメント」を披露し観客のテンションをさらに引き上げる。

和楽器バンド photo by 上溝恭香

和楽器バンド photo by 上溝恭香

「不安から始まった今回のツアーも本日で 16 公演目。無事ファイナルを迎えることができました!今日という日は今日しかないので、楽しんで行きましょう!」という鈴華ゆう子(Vocal)のMCを受け披露された「蜉蝣」、「Strong Fate」では会場の熱気を更に高め、「音楽を生で伝える楽しさがある。」という鈴華の言葉からも和楽器バンドがいかにライブを大切にしているかがわかるパフォーマンスを披露。続いて「この時期にぴったりの曲」と言って披露された「細雪」では、まるで雪が降っているかのような映像に合わせて、鈴華の伸びやかで色気のあるボーカルが響き渡り、会場中を魅了。続く「月に叫ぶ夜」では、鈴華による扇子を使った

和楽器バンド photo by 上溝恭香

和楽器バンド photo by 上溝恭香

舞と刀を使った剣舞のパフォーマンスも披露された。続いて、黑流と山葵(Dr.)による「極限双打」と題された、和太鼓とドラムだけによるセッションも披露され、楽曲だけでなく、剣舞やパフォーマンスも含めたエンタテイメントを提供する、新感覚ロックエンタテイメントバンドと呼ばれる和楽器バンドにしか成し得ない演出で観客を魅了する。

そして、鈴華から来年の大新年会が両国国技館 2days 公演で決定したこともアナウンスされたが、亜沙の「今回、俺らは相撲をとるんですけどね。」という発言から、黑流の即興の和太鼓が始まり、それに合わせて、行司のように鈴華が、町屋と神永(尺八)を呼び上げるという MC でもメンバーの即興コラボレーションが展開されるスペシャルなシーンも。

和楽器バンド photo by 上溝恭香

和楽器バンド photo by 上溝恭香

その後披露された「雪影ぼうし」では観客と一緒にタオルを回し、会場を一つにし、続いて披露された「あっぱれが正義。」ではキラキラ星のフレーズを取り入れた、子供からお年寄りまで多くの人が参加する和楽器バンドらしいコールアンドレスポンスにより会
場が幸福感で満たれて、本編を締めくくった。

恒例となったお客さんのアンコールを求める「暁の糸」の大合唱からアンコールでステージに戻ったメンバーは「言いたくても言えないことや発信できない期間があって、活動ができなかった。その間ずっと待ってくれたファンみなさんに本当に感謝しています。伝えたくても伝えられなかった思いを込めて、これからはもっと音楽していきます!」というファンへの感謝、そしてこれからの意気込みを語り、ツアー中に発表されたユニバーサルミュージック第一弾のリリースとなるコンセプト EP「REACT」に収録される新曲「Ignite」を披露した。この楽曲は、「死にそうになりながら作った」と鈴華がMCでも語っていたように、この全国ツアー中に制作された楽曲で、メンバーのいま伝えたい気持ちが表現され、サウンドも新しい和楽器バンドが垣間見えるそんな楽曲となっている。

和楽器バンド photo by 上溝恭香

和楽器バンド photo by 上溝恭香

「横須賀ファイナルラストもう1曲行くぞ!」という鈴華の掛け声で披露された楽曲は、和楽器バンドを代表する楽曲「千本桜」で会場のボルテージが最高潮を迎え、ステージ上に惜しみない拍手が送られライブの幕を閉じた。

終演後、ステージ上のスクリーンには新曲「Ignite」のMusic Videoがサプライズで映し出され、そして、最後の影アナウンスも、メンバー自身で行うという、お客さんをとことん楽しませる和楽器バンドの姿勢が最後まで貫かれたスペシャルなステージであった。
来年に迫った TOKYO2020 を目前に控え、世界から日本が注目される中、ジャパンカルチャーを代表するバンドとして、2020年のグローバルな飛躍を予感させる、2020年に向けた活動への覚悟を見せつけられたそんな素晴らしいライブであった。

和楽器バンド photo by 上溝恭香

和楽器バンド photo by 上溝恭香

そんな 2020 年の和楽器バンドは2月16日に大阪城ホールにて『和楽器バンド Premium Symphonic Night Vol.2 ライブ&オーケストラ〜 in 大阪城ホール 2020』公演、2月29日、3月1日には両国国技館での『大新年会2020』を2DAYS公演にて行う。来年も和楽器バンドから目が離せないことになりそうだ。
 

「Ignite」

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });