ACIDMANが配信ライブの可能性の限界に挑んだ"THE STREAM"を目撃

2020/07/13
ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 『灰色の街』リリース記念 プレミアムワンマンライブ “ THE STREAM ”  2020.7.11

7月11日午後7時、ACIDMANの配信ライブ『「灰色の街」リリース記念 プレミアムワンマンライブ“THE STREAM”』が、Streaming+から配信された。これは7月に開催予定だったツアーに代わるもので、無観客というスタイルはバンドにとって初体験だが、大木伸夫(Vo/Gt)の「画面の向こうのみなさん、盛り上がっていこう!」という第一声を合図に、1曲目から全力パフォーマンス。佐藤雅俊(Ba)が激しく手を叩いて観客を煽る。パソコンの前での視聴という違和感は吹き飛び、あっという間にACIDMANの世界へと引きずり込まれてゆく。

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

「音楽は鳴りやまないんだよ。ロックバンドはかっこいいんだぜ。そういうふうにみんなが思ってくれて、少しでもワクワクできる体験をみんなで共有できたらなと思います」

VJによる多彩な演出も冴えている。バンドの背後に映る映像だけではなく、タイポグラフィを用いたり、画面そのものを楽しめるのがこの配信ライブの特徴だ。カメラワークも計算されていて、表情のアップはもちろん、エフェクターを操る足や弦を弾く手元もしっかり映してくれる。普段は見られない新鮮な景色、これも配信ならではの見どころだろう。

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

中盤では、現在放映中のTVアニメ『あひるの空』オープニング・テーマ「Rebirth」をライブ初披露。心地よくファンキーなミドルテンポの曲調に合わせ、浦山一悟(Dr)がシンプルかつタイトなビートを刻み、佐藤がステップを踏みながらスラップを弾く。配信ならではのメリットである音響のクリアさ、楽器の分離の良さは抜群で、たとえば「赤橙」のサビのギターがこんなに荒々しいストロークだったのかとか、あらためて気づくことも多い。

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

大木の持つ宇宙観と生命観を凝縮した、「ALMA」は、いつ聴いても心震わす壮大なロック・バラード。コロナ禍の真っただ中にある今だからこそ、「生命は存続して美しく調和しあう」という大木のMCが胸に染みる。この日のMCは大木のみで、iPADを持ち出してファンからのチャットに応えたり、通常のライブでは見られない親しみやすい姿も見られた。「ネックレスずれてる」というツッコミに、急いで直す大木。同じ場所にいなくても繋がっている、バンドとファンの絆は固い。

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

開けてゆく夜空を信じたなら、世界は歌に成ってゆく――。タイアップではなく、ファンの後押しで6月にリリースが実現した「灰色の街」は、ACIDMANの描く音楽と生命の哲学を集約したようなメッセージ性あふれる1曲。背景に突如現れた、高さ数メートルはあろうかという豪華絢爛なフラワーアレンジメントは、フラワーショップ・logiの作品だ。灰色の街がいつか色とりどりの花で美しく彩られてゆく、歌詞のイメージを鮮やかに視覚化した演出は息をのむほどに素晴らしい。そしてライブでは常にとんでもない熱狂を巻き起こす「ある証明」を、無観客をものともせず、いつも以上のハイテンションで演奏する3人。「画面の前で叫べる人は叫んでください!」という大木の言葉に、誰かが日本中のあちこちで「イエー!!」と応えるシーンを想像するだけで盛り上がる。

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

「こんなライブを経験させてもらえたなんて、逆に感謝しているぐらいです。普段のライブがどれだけ贅沢なものだったか、あらためて感じます。それはもしかしたら戻ってこないかもしれないけど、嘆いてばかりはいられない。前を向いていきたいなと思います」

この曲をやりたいからVJを入れたようなものです――。そう言って演奏した「廻る、巡る、その核へ」は、間違いなくこの日のクライマックス。生命の誕生、死、再生、その大いなる輪廻を描いた壮麗なミュージックビデオとともに送る、10分を超える巨大スケールのロック叙事詩。澄み切った静寂と、ノイジーな爆音の劇的なコントラスト。感極まった大木の声が、震えているように聴こえる。画面越しでも、感動の共有率は100%だ。

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

ACIDMAN 撮影=Taka"nekoze_photo"

全15曲、およそ2時間。気迫みなぎる演奏と細部まで考え抜かれた演出のもと、配信ライブの可能性の限界に挑んだACIDMANの挑戦は、見事に成功した。ライブ後には、新曲「Rebirth」の配信リリースが9月4日に決定したことと、9月からは全国5か所で『ACIDMAN LIVE TOUR“This is instrumental”』と題した、インスト曲のみを演奏するライブの日程も発表された。今は闇の中にいようとも、明けてゆく夜空を信じている。ACIDMANの歩みの揺るぎない確かさを見せつける、まさにプレミアムな配信ライブ。アーカイヴの視聴期間は13日の19時までだ。必ず観たほうがいいと強く勧めたい。


取材・文=宮本英夫 撮影=Taka"nekoze_photo"

関連アーティスト

関連ライブ

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });