×

LiveFans PUSH!

KAN

カン

KAN

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(3件)

BAND LIVE TOUR 2022【25歳】

2023/01/10 (火) 18:30開演 @ Zepp DiverCity(東京都)

赤菱さん

一度は行っておきたいなと思っていたけど、中々機会を作れずに(作らずに)いたミュージシャンの筆頭。 世間的には「愛は勝つ」の一発屋扱いをされているけど、一発も打ち上がらずのミュージシャンが大半と考えると凄いことなんだよな。 「愛は勝つ」しかないと思っているのは大間違いで、他のシングル曲は勿論、アルバム曲に聴き応えのある曲が多数あるから、一度は聴いて欲しいミュージシャン。 メロディーメーカーであり、視点の鋭い歌詞を書き自己プロデュースの非常に高いアレンジャーでシンガーと素晴らしくマルチな才能のミュージシャンだと思う。 特に純粋で不器用で臆病でもどかしい男性像に、ちょっとエッチで童貞感を持った歌詞を書かせたら右に出る人はいないな。 とにかくサービス精神旺盛な人とは知っていたけど、ここまでとは思わなかったな。 最初は10曲連続で歌い続けて、MC無しで行くの? 「岡村ちゃん?椎名林檎?」パターンかと思っていたら、やっとMC。 しかも11曲目に披露する「今夜は帰さない」を歌うのかと思いきや、まさかの原曲を歌うとは。 凄いレアでラッキーだったけど、今夜は帰さないの方も聴いてみたかったな。 それと周年ライブということで、今まで発表したアルバムから1曲づつと、現時点での最新アルバムである23歳からの曲を織り交ぜての中々素晴らしいセトリ。 そして1番素晴らしいと思ったのは、ステージバックに観客に向けてプロンプターを設置して全曲歌詞を出すのは良かった。 KAN自身も言っていたが、歌い手が自分用にプロンプターをするのは「?」的なことを言っていたけど、まさにその通り。 しかし、何故昔からこの人のライブに行かなかったんだろうな? 結構、メロディーも歌詞も好きで聴き込んでいたのにな。 これは完全に後悔しかないな。 追記 2023年12月16日 このツアーが終わって、また新たなツアーがあったら絶対に観に行こうと決めて帰宅したことを思い出した。 それも叶わぬことになってしまった。 観られるうちに観ておかないと後悔しちゃうのを、いつも感じながら色々なミュージシャンのライブに参戦しているけど、まさかこんな早くにお別れが来るとは思ってもいなかったな。 またチャンスがあるだろうから、また次回でいいやなんて思わずにしないと改めて感じた。 亡くなった年の最後のツアーに間に合ったのが唯一の救いでもあり、導かれたのかなと思った。 安からに。

シャウト 投稿

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

GAKU-MC

GAKU-MC

ヒップホップ/ラップ
ゆず

ゆず

ポップスフォーク/ニューミュージック
スガシカオ

スガシカオ

ポップスロック
サカナクション

サカナクション

ロックエレクトロニカ/ダンスポップス
  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー