DEEN

ディーン

DEEN

DEEN のコミュニティ:

アーティストの情報交換や好きなテーマについておしゃべりを楽しもう。

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(5件)

DEEN LIVE JOY-Break23 ~POP IN CITY~

2021/04/22 (木) 18:30開演 @ Zepp DiverCity(東京都)

DEENと言えば一時代を築いたバンドのひとつですが,ライブには初めて参加しました。 今回は今年1月発売のカバーアルバム『POP IN CITY ~for covers only~』を引っさげてのツアーの初日です。 私は20代前半なので当該アルバムの曲に「懐かしい」という印象はまるでないのですが,アルバムが好きなので行ってみたくなりました。 セットリストとしては,てっきりカバーアルバムの曲を全て演奏して,アンコールで自分たちの曲を数曲やるのかと思っていましたが,そういうわけではなく,カバー曲と自分たちの曲を交互に演奏する形でした。 やはりツアー初日・初めて公演を行う会場ということもあってか,『バカンスはいつも雨』の後からハウリングが頻繁に発生するなど,機材のトラブルが続きました。 池森さんはあまりのハウリングに「おっと?UFOか?UFOじゃ無いね?(笑)大丈夫か?各セクション。」などと最初のMCで発言しておりました。 次のMCでは軽く挨拶,メンバー紹介などするも,やはりハウリングが治らず。 スタッフから代わりのマイクを渡されるも,あまり改善されず。 池森さん「私,ワイヤード(有線のマイク)でも良いけど・・・。明日自分の卓(PA卓)持ってこようか。」 山根さん「じゃあコレ(山根さんのマイク)使う?(笑)」 池森さん「最悪,それでも・・・(笑)」 池森さん「マイクと,その・・・歌う人の声質って本当に・・・相性があるんです。みなさんもカラオケとか行って,『この店だと上手く歌える気がするけど他のところだと...』みたいなことあると思います。」 そんな会話をしながら待つも,まったく治らず, 山根さん「おい,これ永ちゃんなら全員クビだぞ!(笑)」 池森さん「いやいや,そういう言い方は・・・。人為的なミスじゃないから・・・。デジタルはね,トラブるとこうなるんだよね。アナログなら・・・」 山根さん「これね・・・すみません。ほんとに,ごめんなさいいいい!(と言いながら土下座までする)」 山下達郎さんのファンクラブ会報誌に,DEENが彼の作った曲をカバーしたことについて触れてくれたこと,かつて山下達郎さんのライブを見に行って勉強させてもらった話,公演の2日前に放送された「家事ヤロウ!!!」池森さん出演回についての話,蕎麦について,グッズの紹介(蕎麦とパンフレット以外は完売とのこと)などをしても治らず,ついには治るまでメンバーが皆捌けることになりました。結果として30分ほど公演が中断されました。 池森さん「僕らデビューして,にじゅう・・・8年?ですけれども,こんなの初めてです。」 確かに,私も様々なアーティストのライブに行きますが,少しハウることがあっても,あれほど長くハウるのは初めてでした(公演が中断されるのも初めての経験でした)。 ガイドラインで「公演時間は約90分」と決められていたため,お客さんの中には「これ,中断した分延長するのかな?」「いや~90分で終わるでしょ。」といった会話をする方々もいらっしゃいました。 しかし結果的には(おそらく)予定通りの曲目を演奏し終わり,20時終演予定だったのが20時40分少し前に終わりました。 そういったアクシデントもありましたが,初めてのDEENのライブは全体として非常に満足しました。 初期のころの大ヒット曲も,カバーアルバムからの曲も,比較的新しい曲も,バランスよく演奏していただき,まったく飽きませんでした。 もちろん30年近く前の曲を昔のままのキーで歌うのは苦しそうなところもありましたが,良い歳のとり方をされていますね。 表現力のある歌い方,味のある声,選曲・・・何をとっても満点のライブでした。 90分という制約のためか,真夜中のドアと恋するカレンという聞きたかった曲たちが演奏されなかったのはやや残念でした。 なかなかこの先演奏する機会もないと思いますから...(ただ,カバー曲はそこそこに,DEENオリジナルの曲を聞きたいんだよというファンもいるでしょうから難しいところですね)。 個人的に好きな場面 ・『バカンスはいつも雨』の最後,「ごらん君の真上に かかったレインボー」のところのライティングが虹色になるところ ・同じく『バカンスはいつも雨』のアウトロの「LIVE JOYへようこそ!!」 ・『悲しみがとまらない』〜『君は1000%』〜『Dance with my Music featuring JtoS』〜『瞳そらさないで』〜『ひとりじゃない』の怒涛のメドレー

レビューをもっと見る

特集:

カウントダウンライブ特集 2016→2017

2016/11/09

今年も残すところあとわずか。年越しはライブで盛り上がろう!

特集を見る

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

新着情報

プッシュ通知

プッシュ通知をオンにして、DEENの最新情報をウォッチしましょう

バナー