和楽器バンド

和楽器バンド

関連サイト:

TrySail Portal Square (トライセイルポータルスクエア) TrySail Portal Square (トライセイルポータルスクエア)
会員最速先行チケット情報など、特典が盛り沢山! 会員受付中!

和楽器バンド のコミュニティ:

アーティストの情報交換や好きなテーマについておしゃべりを楽しもう。

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(20件)

和楽器バンド Japan Tour 2019 REACT-新章-

2019/11/23 (土) 17:00開演 @ よこすか芸術劇場(神奈川県)

ASTROBOYさん

私は、一昨年の東京体育館の大新年会『雪の宴』、『桜の宴』で念願だった和楽器バンドの単独ライブデビューを果たして以来すっかり虜になってしまい、首都圏の公演はほぼ参戦、地方も休日なら仙台から広島まで参戦して来ました。 和楽器バンドの大ファンです。 だからこそ、敢えて言わせてもらいたい。 2017年2月、大新年会に参戦したときに見た東京体育館の裏に有る国立競技場は、まだ基礎もできていない状態で、恐らく工事開始の遅れを取り戻すべく、重機やトラックが何台も動いていました。 その光景を見たとき、2020年の開会式のセレモニーに相応しいCOOL JAPANを代表するアーティストは和楽器バンドしかないと強く感じ、満員の新国立競技場の真ん中で楽曲を披露する姿を勝手に想像していたのを覚えています。 あれから2年半が経ち、今回のツアーが始まったとき、移籍のゴタゴタが有ったにせよ、進化どころか退化しているような、心配と言うか、情け無さを感じました。 確かに、この2年間で首都圏の公演ではチケットが取れないバンドになってしまい、知名度も上がり、慢心が有るのか、発言にも鼻につく内容がチラホラと。 TOKYO2020を意識した発言も、何処か空々しく聞こえます。 大衆に迎合して、何だか小さくまとまってしまったようで、本気で海外を意識しているなら、もっと真摯に音に向かい合って欲しいと思います。 そう言う意味では、「Ignite」は疾走感が有り、ゆう子さんの歌唱力を活かした和楽器バンドの良さが出ていて少しだけ安心しました。 最後に止めてもらいたいことを2つ。 1つ目、歌唱中の手拍子を煽ること。 恐らく、後打ちができない(裏拍が取れない)人が多いから手拍子にしたのでしょう(私が知る限り、昨年のツアーのMCの中でそんな会話が有り、その後の大阪セミファイナルとファイナルは変わっていて、今に至ります。ファンの方は何の曲かお判りのことと思います。)が、本末転倒です。 前奏や間奏中なら良いのですが、歌の途中での手拍子は邪魔です。 2つ目、タオルを回すときに、毎回、ゆう子さんが「結ぶとよく回るよ」と言っていますが、これも、止めて下さい。一昨年の『四季ノ彩』のときも同じことを言っていましたが、ゆう子さんの周りは誰も指摘してくれないんですね。 殆どのファンはお行儀良く、タオルを半分に畳んで持っていますが、…。 いるんですよ。ゆう子さん! 周りのことを考えずに振り回す輩が! フェスに出過ぎで、タオル回すのがステイタスとでも思っているのでしょうか? (因みに、私が和楽器バンド以上に関係性を大切にしているアーティストは、タオルを振るときは、2つ折りにして真ん中を持つのがルールです。本人も、バックダンサーも、ファンも10年以上それを守っています。) それに、何で「雪影ぼうし」なのでしょうか? タオル回したいから無理矢理やってるのですか? 何か違うと思います。 もっと楽曲の世界観を大切にして欲しいです。 個人的な意見だと言われるかも知れませんが、この2点は一般的なLIVE参戦時のマナー違反ですよ。 FCサイト内で観覧時の注意事項を並べていますが、本人がこれでは困りますね。

和楽器バンド Japan Tour 2019 REACT-新章-

2019/09/01 (日) 18:00開演 @ パシフィコ横浜 国立大ホール(神奈川県)

ASTROBOYさん

今年の大新年会は、ゆう子さんの喉の調子もイマイチで、内容的に迷走気味だったので、これから何処へ向かって行くのか心配していました。 そうしたら、突然の所属レコード会社・事務所移籍(avexだったので一緒に移籍は当然なのですが)の連絡に驚きましたが、今回は心機一転、本当に自分たちのやりたいことができるステージ。ツアーの初日、楽しみにしていました。 プロモーターも変わり、演出も運営も新たな風が吹き込まれて、ツアーのタイトルも『REACT』だし、和楽器バンドの魅力が、更にパワーアップするものと期待していました。 期待が大きかったせいか、いろいろな意味で、期待を裏切られた感じです。 本当に何処を目指しているのでしょうか? 和楽器バンドの魅力は、ゆう子さんの圧倒的な歌唱力と、メンバー全員の高い演奏スキルと、そこから生まれる和楽器とロックの融合であって、他の追随を許さない唯一無二の圧倒的な存在感だと思っています。 それが、世界で戦う武器だと思っています。 曲が売れてナンボの世界であることは理解していますが、そこにはあなた方の存在価値は無いと思います。 和楽器バンドのポテンシャルは、まだまだこんなもんじゃないと思っているので、しっかり練り直してもらいたいものです。 それから、これは次の静岡からは絶対に改善して欲しいのですが、銀テの発射のタイミングは、アソコじゃないですよ!あれはダメ! 更に、銀テはステージから放射状に発射するものだと思っていました。上手、下手から中央に向けて発射したのを見たのは初めてでした。これって、アリですか? ファンのことを真剣に考えているかどうかって、こういう細かなところに出ちゃうんですよね。

レビューをもっと見る

関連記事:

loading

関連商品:

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

GLAY

GLAY

ロックポップス
サカナクション

サカナクション

ロックエレクトロニカ/ダンスポップス
UVERworld

UVERworld

ロックポップス
SEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARI

ロックエレクトロニカ/ダンス

新着情報

プッシュ通知

プッシュ通知をオンにして、和楽器バンドの最新情報をウォッチしましょう

TrySail Portal Square (トライセイルポータルスクエア) TrySail Portal Square (トライセイルポータルスクエア)
会員最速先行チケット情報など、特典が盛り沢山! 会員受付中!
バナー