×

LiveFans PUSH!

杉山清貴

杉山清貴

チケットぴあ 情報: 最終更新日:2022/06/29 (水) 14:09

発売種別・期間発売情報公演日会場
一般発売発売中 ~2022-07-05 23:59 一般発売/杉山清貴 2022/07/09 (土) 八王子市芸術文化会館いちょうホール 大ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-07-21 23:59 一般発売/杉山清貴 2022/07/23 (土) Reed チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-07-21 23:59 一般発売/杉山清貴 2022/07/24 (日) CRAZYMAMA KINGDOM チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-07-14 23:59 一般発売【7/30(土)大分公演】/杉山清貴 2022/07/30 (土) BRICK BLOCK チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-07-14 23:59 一般発売【7/31(日)宮崎公演】/杉山清貴 2022/07/31 (日) 日向市文化交流センター 小ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-08-06 23:59 一般発売/Masahiro Kuwana 10 years after 2022/08/07 (日) なんばHatch チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-08-17 23:59 一般発売/芳野藤丸 2022/08/20 (土) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-08-18 23:59 一般発売/南佳孝/杉山清貴 2022/08/21 (日) 鎌倉プリンスホテル バンケットホール七里ヶ浜 チケットぴあ
一般発売発売中 ~2022-08-26 23:59 一般発売/杉山清貴 2022/08/28 (日) 京都府立府民ホール(アルティ) チケットぴあ
一般発売発売前 2022-07-01 10:00:00 より販売 一般発売/杉山清貴 2022/09/11 (日) 浜松市福祉交流センター チケットぴあ
一般発売発売前 2022-07-09 10:00:00 より販売 一般発売/杉山清貴 2022/09/24 (土) よみうり大手町ホール チケットぴあ
一般発売発売前 2022-07-09 10:00:00 より販売 一般発売/杉山清貴 2022/09/25 (日) よみうり大手町ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔宮城・福島・青森・岩手〕 2022/07/02 (土) Quarter チケットぴあ
一般発売予定枚数終了 一般発売/杉山清貴 2022/07/02 (土) Quarter チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔宮城・福島・青森・岩手〕 2022/07/03 (日) club change WAVE チケットぴあ
一般発売予定枚数終了 一般発売/杉山清貴 2022/07/03 (日) club change WAVE チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔東京〕 2022/07/09 (土) 八王子市芸術文化会館いちょうホール 大ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴★2次受付〔東京〕 2022/07/09 (土) 八王子市芸術文化会館いちょうホール 大ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 ◎CANDY ROOM会員限定◎ 杉山清貴 先行受付 2022/07/23 (土) Reed チケットぴあ
先行抽選受付終了 「杉山清貴」プレリザーブ 2022/07/23 (土) Reed チケットぴあ
先行先着販売終了 プリセール/杉山清貴 2022/07/23 (土) Reed チケットぴあ
先行抽選受付終了 ◎CANDY ROOM会員限定◎ 杉山清貴 先行受付 2022/07/24 (日) CRAZYMAMA KINGDOM チケットぴあ
先行抽選受付終了 「杉山清貴」プレリザーブ 2022/07/24 (日) CRAZYMAMA KINGDOM チケットぴあ
先行先着販売終了 プリセール/杉山清貴 2022/07/24 (日) CRAZYMAMA KINGDOM チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔大分〕※ファミリーマート先行 2022/07/30 (土) BRICK BLOCK チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔宮崎〕※ファミリーマート先行 2022/07/31 (日) 日向市文化交流センター 小ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 「Masahiro Kuwana 10 years after」プレリザーブ 2022/08/07 (日) なんばHatch チケットぴあ
先行抽選受付終了 芳野藤丸〔東京〕 2022/08/20 (土) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 「南佳孝/杉山清貴」プレリザーブ 2022/08/21 (日) 鎌倉プリンスホテル バンケットホール七里ヶ浜 チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔静岡〕 2022/09/11 (日) 浜松市福祉交流センター チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔東京〕 2022/09/24 (土) よみうり大手町ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 杉山清貴〔東京〕 2022/09/25 (日) よみうり大手町ホール チケットぴあ

情報提供:チケットぴあ

※最新の情報は、リンク先サイトで必ず内容をご確認の上、お客様ご自身の責任でご利用ください。

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(9件)

杉山清貴

2021/11/14 (日) 17:00開演 @ KT Zepp Yokohama(神奈川県)

Sugiyama Kiyotaka Band Tour 2021-Solo Debut 35th Anniversary-の初日・KT Zepp Yokohama公演です。 セットリストも同時に投稿しましたので,ネタバレOKな方はご覧ください。 最初のMCで「最近やっていなかった80年代の曲をやってもいいかなと」と仰ったように,確かに渋い選曲が目立ちました。 バンドメンバーを紹介した後「肌の色艶が違うだろう?(笑)」と言う通り,KTを入れたバンドの平均年齢は35と,かなり若いメンバー中心のバンドでした。 「今日は初日。それもここは僕のホールでして・・・(笑)」と切り出し,KTがなぜKTと呼ばれる(自称する)ようになったのかというエピソードに続いて「そしてついに今日,自分のホールが出来ました(笑)」と笑いを誘いました。その際、バンドメンバーが拍手してくれたのに対し「拍手してくれてありがとう。若い子は気を使ってくれるんすよ!(笑)」と言うと会場からはどっと笑いが。 こんな感じで偶然KTが名前につくZepp YokohamaならではのMCも聞けました。 さらには昔の曲をやるということで,若かりし頃を回想しながら,「今だから言いますけどね,あの頃は怖いものなんてなかったです。『この業界は俺が動かしてる!』とか思ってて(笑)。ありがたいことにタイアップの話もいただいてね。」なんて,ブイブイいわせてた時代を振り返っていました。 「Omotesando'83」前のMCでは「『月に口づけ』,そして,『そして...』(笑)『月に口づけ』,そして,『そして...夏の雨に』(笑)曲名がややこしいですね(笑)。 最近はオメガトライブの復活ライブをやってて、心はすっかりそっちにいってたんですけど、『ソロもやらなきゃ』と思って昔の曲をほじくり返してきました。」 「Rainbow Planet」後のMCでは「この詞を最初もらったときは,春先のアルバムなのに『クリスマス』とか『叶わなかった夢たちを』とか出てくるなあと思ったんですよ。これはもしかすると"あの曲"のアンサーソングなのかなあと思ったわけですよ(笑)。それでは...(笑)季節も季節でございます。じゃあ本日締めの曲はその曲でいきましょうか。」と『最後のHoly night』に入っていくのは,ほぼ確実に歌うであろうことわかっていても「おお〜」となりました。 まして今回のツアーはピッタリクリスマスに講演がありますから,当該講演に行ける人は是非素敵なクリスマスをお過ごしください。 ところで,「bound for RIVER's ISLAND」がもともとは「bound for road island」というタイトルだったけれど,オメガトライブのアルバム「RIVER'S ISLAND」を名前に入れたほうがオメガのファンも引っ張ってこれるんじゃないかという目論見でタイトルを変更したという話は初耳でした。 wikipediaのRIVER'S ISLANDのページに「関連性はない」と書いてあったので,ただの偶然かと思っていました。 終演後の第一声は「楽しかった!」でした。 会場は少し前までのライブと異なり席と席の間を空けず,基本的に満員まで入れているようでした(当日券の販売はありました)。 初日なのにKTとバンドメンバーの息がかなり合っていて,ツアーファイナルと言われても驚かない演奏でした。 とにかくバンドが上手く,パワフルです。歌声はもちろん最高なのですが,それだけでなくバンドサウンドにも注目したいツアーとなりそうです。 構成としては序盤はかなり飛ばし気味でスタンディングが長いです。 しかし,中盤はバラードやミディアム中心で座って聞ける時間が長いです。 後半はまた,バンドツアーならではのノリノリな感じで一気に突っ走って終わります。 総合的にソロ35周年にふさわしいライブだと思います。 MCで「楽しい。だからこの仕事はやめられませんわ。ていうか仕事と思ってないです(笑)」とおっしゃった通り,こちらからも楽しそうな様子が伝わってきました。 これまた個人的な感想になってしまいますが,30年以上前のソロデビューアルバム等の初期作品の曲をキーを変えず,テンポも変えず(moving my heartに関しては原曲よりテンポが少し速い気さえしました)歌えるって,さらっと歌ってしまうからそれが当たり前のように思えますが,すごいことですよね。 サックスとかパーカッションは今回入っていないですし,オメガのときとは異なりギターも1人(ただしキーボードとシンセサイザーは1人ずつ合計2人で◎)です。 しかし,それで「音が薄っぺらい」とか,「なんか物足りない」ということが全く無いんです。 むしろギターが1人なぶんだけ音が大きく,ミュートを変幻自在に用いた演奏がよく聞こえます。 80年代の曲って(そもそもオメガや杉山さん初期作品は今聞いても古臭くないけれど)現代の技術で演奏されるとこんなにかっこいいんだと思いました。 演奏陣は技術がある上に,結構原曲に忠実に演奏してくれるので,変なアレンジが嫌いな私としては最高でした。 シングル曲が好きな人はぜひアルバム曲も予習していくとより楽しめるかと思います。 ちなみに、Moving my heartの2番のサビ入りを「つつつ つまづいたまま」と歌うところが好き(笑)

レビューをもっと見る

杉山清貴 のコミュニティ:

アーティストの情報交換や好きなテーマについておしゃべりを楽しもう。

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

GLAY

GLAY

ロックポップス
福山雅治

福山雅治

ポップスロック
サカナクション

サカナクション

ロックエレクトロニカ/ダンスポップス
Superfly

Superfly

ロックポップス
久保田利伸

久保田利伸

ポップスR&B/ソウル
2PM

2PM

K-POPポップス
プッシュ通知

プッシュ通知をオンにして、杉山清貴の最新情報をウォッチしましょう

バナー