【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に

2022/10/04

2002年10月2日、Psycho le Cémuが「愛の唄」でメジャーデビューを果たした。デビュー曲はオリコン10位にランクイン、次々に話題のテレビ番組に出演するなど、人気と知名度を急上昇させた。その後、活動休止など山あり谷ありの活動を経て、デビューから20周年の2022年10月2日、新宿BLAZEで「Major debut 20th Anniversary Live RESISTANCE~もう一度、くちづけを~ 」を迎えた。たくさんの祝福と笑顔(プラス笑いも)に満ちた一夜の模様をお届けする。

【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に

メジャーデビュー20周年の当日リリースされたデジタルシングル「もう一度、くちづけを」でライヴは幕を明けた。20年の歳月を経て、年齢を重ねた現在の彼らの「愛の唄」とも言えるラヴソングは、ラテンのリズムに乗せた大人なムードでいっぱいだ。スーツを基調とした、彼らにしてはかなりシックな衣装に身を包んだメンバーの表情からは、強い気合いがうかがえる。

激しいヘドバンが繰り広げられた「インドラの矢」に続き、そのままの勢いで「銀狼」といった、メジャーファーストアルバム『FRONTIERS』収録曲を織り交ぜつつ、ライヴは進行。同じく『FRONTIERS』収録の「一億のパルチザン」は、YURAサマのドラムソロからseekのベースが加わり、それぞれの見せ場たっぷりにスリリングに始まった。経験を積んだメンバーから繰り出されるプレイによって、楽曲のカッコよさに磨きがかけられている。

【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に

20周年記念日の今日を特別な思いで迎えたのは、メンバーだけでなくファンも同様だった。ファンの手につけられたメンバーカラーのサイリウムがフロアを飾るのは、彼らのライヴにはおなじみの光景だが、その数が今日は一段と多く感じるほど、ソールドアウトしたフロアをカラフルな光が彩っていた。さらに、デビュー当時のうちわを持参してきたファンの姿も。紙で作られているうちわを20年間保存し続けてきたことに対し、笑いを交えて茶化していたseekだが、その声は明らかに喜びにあふれていた。

AYAの「オッハー!」から始まったMCは、メンバーそれぞれの20年間の変化を振り返る内容。20年という決して短くはない歳月には、さまざまな変化があった。そのうえで、この記念日を迎えることができたのは、メンバーとファンのPsycho le Cémuを愛する強い思いゆえだ。

瞬く星空のような美しい照明の光のもと、DAISHIの歌声が響き渡り、「この星に願いを…」が始まる。DAISHIの歌が、星に込めた切なる願いをまっすぐに届けてくれた。星空を模した照明の演出がとても美しい印象を残したが、現在のコンセプトである“RESISTANCE”の世界では雨が降り続いていたはず…? 11月2日からのツアーで物語の展開を見届けたい。

「そろそろぶち上げて行くぜ!」とseekが吠え、「まだまだ跳べるか」とLidaが煽ったところで、「one day」。ステージからあふれ出す荒々しい熱気が会場全体に広がっていく。熱いパフォーマンスの一方で、AYAはプレイに集中し、ギタリストとしての本分を全うする姿勢が目を引いた。

本編最後を飾ったのは「アカツキ」。コロナ禍でも前へ進み続けることを宣言したこの歌が、メジャーデビュー20周年の今夜、文字通り「もう一度行こうぜ」と高らかに響く。ここからまた彼らは前へと力強く進み続けるのだ。DAISHIの歌に込められたそんな思いが、真実味を帯びて耳に届いた。

アンコールに登場したメンバーはすっかりリラックスムード。自由にMCに興じているところから、終演時にステージからハケる順番を揉め始め、結局ジャンケン(!)で決めることに。が、5人ともチョキを出すというミラクル発生。メンバー5人の仲の良さに会場は爆笑に包まれた。

この特別な夜の最後を飾るのは、もちろん20年前の今日発売されたデビュー曲「愛の唄」。DAISHIの歌声からゆったりと始まり、楽器の音とともに大きく広がり、会場を包み込んでいく。そしてだんだんスピードを上げるさまは強い愛そのもの。力強く温かい愛が会場に満ちる光景は、美しく感動的でさえあった。

その幕切れに、とびきりの笑いを添えてくれたのはDAISHI。5人一緒にステージをハケようと決めたはずが、先頭を切ってソデへと去ったものだから、seekが慌てて追いかける。カッコよく終わらず笑いに包まれたのも、Psycho le Cémuらしいのかも。

【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に 【ライブレポート】Psycho le Cemu、メジャーデビュー20周年記念を開催!祝福と笑顔に満ちた一夜に

最後に、YURAサマが、30周年、40周年をめざしていくと口にしたが、それは彼らにとって必然なのだろう。なぜなら、彼らは愛を届けるバンドだからだ。どれだけ時間が経っても年を重ねても、人は誰も愛なしに生きられない。Psycho le Cémuを愛し続けるファンに、彼らはきっと惜しみない愛を届け続けるだろう。そんな風に愛が交わされる温かい世界が、もっともっと広がることを期待したい。

文:村山幸
写真:青木早霞

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー