エレファントカシマシ

The Elephant Kashimashi / エレカシ

エレファントカシマシ

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(126件)

エレファントカシマシ 新春ライブ2019

2019/01/04 (金) 18:30開演 @ フェスティバルホール(大阪府)

赤い獣さん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

新春ライブ、一日目の4日はとても素晴らしかった。 セットリストは申し分なく、ともすれば嫌な曲などエレカシには 見当たらない。近頃多岐に渡って活動飛躍している宮本さんの 新年あけの歌声は年齢や疲れを感じさせないどころか、若返っているかのような トーンの透明感、壮年というよりもはや青少年のような感じもします。お客さんのマナーは 良いです。大人の女性ファンが多いためか。むしろ初参と思わし 若い青年がスタンディングするの?しないの・・ええ??と楽しみ方に 戸惑いを感じていたり、双眼鏡で野鳥の会の如く ずっと見つめ続けてるファンの方々や、1階の総立ちと2階3階とでは 自由度が違います。エレカシを聞きたい人は各々好きなタイミングで 立ったり座っていたりと歌に聞き入り。みな確かなのは演奏と歌に自ずと 従うように引き込まれていて、生エレカシは期待を裏切らない。 宮本さんの歌声は宝物であるとわかるし、演奏しているメンバーの元気で パワフルな演奏は健在だし、 サポートのミュージシャンの方々の躍動感もライブならではです。 フェスティバルホールは慎ましく、アリーナが苦手な人でも無理なく 楽しめるはず。 終演後、すーっとスマートに帰っていく人々の満足して嬉しそうな顔は 気持ちがいい。残念なのが、「昔の侍」が嫌い云々と言っていた若い女性の ファンとすれ違ってしまい、昔の侍で泣いていた私は嗚呼と凹みましたが。 でもそれはエレカシが悪いのではない。そしてそのファンの好き嫌いも悪くない。 ライブは良い拾物があるのと同時に余韻覚めやらぬ頃に拾いたくないものもあってのもの。 今後のエレカシがどうしていくのかは分からない。 宮本さんは、なにやら個人での活動があるのだろうけど、 また新春ライブは行きたい。その時もいい意味で年を取りたい。エレカシの聴ける曲が 沢山あるって本当に贅沢だ。

TOUR 2018 "WAKE UP!!"

2018/09/11 (火) 19:00開演 @ Zepp Nagoya(愛知県)

Osisiiさん

2days最終日、長い列のzepp 宮本さんの喉不調で延期公演になった事もありsold outの文字の張り紙だけでテンションが上がり開場する。Easy goで飛ばしてきたスタート、前回のコンサートで聴いたEasyより声の伸びが凄い。宮本さんの優しい声の風と共に続きRAINBOWではマニアックな曲なのだが反響が凄かった。今回のニューアルバムのwake upは以前のアルバムとは違いクリアでキレの良いギターと思えばレゲエ風や優しい曲調の中にも強い訴えの宮本の詩などが含まれているがフェスファンやニューアルバムの発表でzeppに来たファンの熱気やメンバーへのメッセージが場内に響きわたり宮本さんのコンディションも素晴らしく良かった。タバコは以前より酒も辞めましたと喉を気遣う発言、ファンの前で発言ができる宮本さんの真剣さが伝わりました。中番ライブでは馴染みのある笑顔の未来へ、somany 、 友達がいるのさは名古屋バージョンで。そして初日のリストに無かった風に吹かれてが(この曲は盛り上がるので)とギターを鳴らしはじめメンバーが確認できなくなるほどのファンの伸びた腕が右から左へと揺れ名古屋最高!!と叫んだ宮本さん!!みんな嬉しいはず!!と思いながら本編は終了した。アンコールは待つ男でエンディングになり今回の最終が名古屋だった思いがけないツアーの終了でした。

レビューをもっと見る

まとめ:

[祝]サザン40周年!2018年に周年を迎えるアーティストをまとめてみた

[祝]サザン40周年!2018年に周年を迎えるアーティストをまとめてみた

6月25日はサザンの日!ということで、サザンと同じく今年2018年にめでたく周年を迎える(迎えた)アーティストをまとめました!

2018/06/25

30周年のエレカシをドーンと聴こうぜエビバデ!!

30周年のエレカシをドーンと聴こうぜエビバデ!!

エレファントカシマシ デビュー30周年記念!3/21発売BEST ALBUMの楽曲を皆さんの想い溢れるツイートと共にご紹介!もっとエレカシのある生活をこの手に!

2017/03/21

特集:

カウントダウンライブ特集 2016→2017

2016/11/09

今年も残すところあとわずか。年越しはライブで盛り上がろう!

特集を見る

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

GLAY

GLAY

ロックポップス
斉藤和義

斉藤和義

ロックポップス
10-FEET

10-FEET

オルタナティブ/パンク
Superfly

Superfly

ロックポップス
miwa

miwa

ポップス
キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

オルタナティブ/パンク
The Birthday

The Birthday

ロックオルタナティブ/パンク

音楽番組ガイド

バナー
バナー