×

lfuser_enquete(320_50 headline)

aiko Live Tour「Love Like Rock vol.8」千秋楽公演オフィシャルレポート

2017/09/11
11160550_680_453
aikoの全国ライブハウスツアー「Love Like Rock vol.8」が9月7日(木)Zepp Tokyo公演にて千秋楽を迎えた。

4月27日(木)に同じくZepp Tokyoで幕を開け、Zepp Osaka Bayside(大阪)、新潟LOTS(新潟)、チームスマイル・仙台Pit(宮城)、高松festhalle(香川)など初めての会場を含む全国9ヶ所31公演を、約4ヶ月半に渡って横断した今ツアーは、晩春から初秋まで春夏秋と3つの季節を股にかけて行われた。

今ツアーでは各会場2日連日でライブが行われ、初日・2日目それぞれにAパターンとBパターンの2つの異なるセットリストが準備された。千秋楽である9月7日のライブはBパターンのセットリストを軸に届けられたが、ツアー中にはセットリスト内で曲の入れ替わりも行われ、何度来ても毎回違った変化を楽しめるaikoらしいサプライズ満載のライブツアーとなった。

開演時刻を迎え会場が興奮に沸き立つなか、オープニングムービーがステージ上の幕に投影され、「Love Like Rock vol.8」のロゴが映し出されると、33rdシングル「夢見る隙間」のイントロが流れはじめる。緞帳が落ち、aikoが登場するとフロアに一気に熱狂が流れ込む。真っ赤なワンピースを纏ったaikoの登場に悲鳴にも似た歓声が沸く。「milk」「相合傘」とアップテンポの曲が続き、どんどんと会場の温度があがっていく。

続く「power of love」では、客席の中央にせり出された花道へaikoがかけ出しオーディエンスとの距離をグッと縮める。オールスタンディングで行われているこのツアーでは、フロアを埋め尽くしたファンがもみくちゃになりながらaikoに向けて強烈な想いを送っていた。

4曲歌い上げたところで、「Love Like Rock vol.8最終日みなさん今日は集まって頂き本当にどうもありがとうございます!aikoです!」と挨拶するとファンもそれに負けんとばかりに応える。
さらに「みんなの顔をみて、しっかり目を合わせて、心の中をえぐるような、そんな1日にしたいと思ってます!」と意気込むと、レーザーの演出が印象的な「なんて1日」「恋愛」「プラマイ」などのファンにはお馴染みの会場の熱気を上げる疾走的なロックナンバーを続けて披露。

ミディアムテンポの「ドライヤー」や、ミラーボールがフロアを照らす「アンドロメダ」を歌い終えると、「えりあし」を歌唱した。ファンはライブハウスツアーならではの近い距離で、秋の訪れを感じさせるバラードナンバーに酔いしれる。

MCでは幼少期に親戚と温泉旅行したときの話に触れ、大人たちがお酒を飲んで泣きながら力説を繰り広げるエピソードから、自身も年を重ねて「どれだけ歌いたいか、ライブを続けて頑張りたいかということで泣いた」と、今回のツアー中に打ち上げで号泣したことを告白。aikoの音楽に対する真摯な姿勢にファンから拍手と歓声が贈られる一幕もみられた。

その後は「雨踏むオーバーオール」「恋のスーパーボール」「明日の歌」など新旧織り交ぜた様々な楽曲を歌唱し、観客からはジャンプ&クラップが自然と巻き起こる。

aikoのライブでは恒例の「男子!女子!そうでない人!」のコールアンドレスポンスでは、待ってましたと言わんばかりに会場も応え、後半戦ラストスパートをかけるようにライブ定番曲「beat」に流れ込む。続く「舌打ち」「赤いランプ」で会場のボルテージがマックス状態に到達する中、花道から身体を乗り出し、手を伸ばしてファンとふれあい、煽りながらライブハウスツアーならではのファンとのコミュニケーションをとっていた。

そして本編ラストはaikoが大絶叫で観客を煽り「be master of life」に突入。最後のサビでは、今となっては恒例となったaikoが自らイラストを描きデザインしたキャノンテープが飛び、大盛り上がりで締めくくった。

手拍子とアンコールの声に呼応して、「恋をしたのは」でアンコールがスタート。ツアーTシャツに着替えて登場したaikoは「みなさんアンコール本当にどうもありがとうございます!」と感謝を述べると、「出張にいってた旦那さんが久しぶりに帰ってくるからめっちゃ頑張って料理作ったらめっちゃ濃い味になった、みたいなのがいっつも最終日なんです」と千秋楽公演に臨んだ気迫をaikoらしい表現でコメント。「アンコールとはいえ、ここからは一世一代の大勝負の舞台ですから、しっかりとみんなにたくさんの弾をなげまくりたいなと思いますので、みんなのハートに届きますように!」とギアを上げ、疾走感溢れる「Loveletter」「キラキラ」とシングル二曲を歌い上げた。

アンコールが終わっても鳴り止まないaikoコール。絶叫にも似た呼び声に応えるように再びステージに帰ってきたaikoは、「ここで皆さんに言いたいことがあります!」と、切り出すと、「私、8月12日(土)に骨折したんですよ」と、とんでもない驚きの報告。会場はまさかの発表にどよめくものの「私、骨折れてるんで、皆さんしっかりと盛り上げてやってください!」と観客を煽りダブルアンコールに突入。
「エナジー」「mix juice」「鏡」の3曲を足の骨折を物ともせずに、ガンガン飛び跳ねながら披露した。

ダブルアンコール終了後、この日だけのために特別に用意された映像が映し出され、最後には「骨折するほど楽しかったです!本当にありがとうございました。」と、aikoらしい直筆メッセージで約4ヶ月半に及ぶ長い旅路を終えた。
自身史上過去最大規模のライブハウスツアーの千秋楽公演で全24曲を歌い上げたaiko。


さらにライブ終了後のこの夜、ラジオ番組「岡村隆史のオールナイトニッポン」内でaikoが生出演のもと、10月29日(日)に横浜アリーナで開催されるライブイベント「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in横浜アリーナ2017」にaikoが出演することが発表となった。パーソナリティを務めるナインティナインの岡村隆史から「何でも好きなやつ歌ってくれたらええから」と振られると「歌いたい歌もいっぱいあるし、ホンマにいろんなことやりたいです!」と、ヘビーリスナーでもある同番組のイベント出演へ意気込んだ。

20周年イヤーに突入し、さらに勢いを増すaikoの今後に注目だ。
11160648_333_500
11160655_680_453

[Photo:岡田貴之]

<9/7(木)東京・ZEPP Tokyoセットリスト>
M1.夢見る隙間
M2.milk
M3.相合傘
M4.power of love
M5.なんて一日
M6.恋愛
M7.プラマイ
M8.ドライヤー
M9.アンドロメダ
M10.えりあし
M11.雨踏むオーバーオール
M12.恋のスーパーボール
M13.明日の歌
M14.beat
M15.小鳥公園
M16.舌打ち
M17.赤いランプ
M18.be master of life
~アンコール~
M19.恋をしたのは
M20.Loveletter
M21.キラキラ
~ダブルアンコール~
M22.エナジー
M23.mix juice
M24.鏡

■aiko official website
http://aiko.com

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー

バナー

バナー

お気に入りのアーティストやライブの最新情報がスマホに届く!!

今すぐユーザー登録

>> LiveFansについてもっと詳しく <<

まとめ

みんなの「氣志團万博2017」フォト日記
みんなの「氣志團万博2017」フォト日記
この記事では「氣志團万博2017」に参加したみなさんがどんなフェス飯を食べたのか、どんなグッズを買ったのかなど写真付きのツイートを中心にご紹介します!

2017/09/19

まとめ一覧を見る

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

LiveFansアプリ好評配信中!