竹内まりや、初のファンミーティングに山下達郎も出演「70歳になっても80歳になっても歌い続けたい」

2018/11/19
19165026_333_500
2018年11月25日にデビュー40周年を迎える、シンガーソングライター竹内まりや。
40周年を記念して11月16日(金)NHK大阪ホール、11月18日(日)品川ステラボールにて、初の試みとなるファンミーティングを開催した。

このファンミーティングには23日から公開のシアターライブ「souvenir the movie ~ MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」のムビチケカードとニューシングル「小さな願い/今を生きよう(Seize the Day)」の両方を購入し、応募抽選で選ばれた幸運な2,500人が参加。

「皆さんこんばんは、ようこそお越しくださいました。今日は一緒に楽しい時間を過ごしましょう。」

司会者の呼び込みとともに、白のセーターにジーンズ、ブーツというカジュアルないでたちで竹内が登場。2014年に行われたライブ「souvenir2014」以来、実に4年ぶりにファンの前に姿を見せた竹内。
「40周年おめでとう~」という観客からの歓声とともに、割れんばかりの拍手が巻き起こる。
その後のトークコーナーでは、旧知の司会者とデビュー当時の話やプライベートな話にも花が咲き、映画「souvenir the movie」の見どころなどを終始リラックスなムードで話す竹内。

観客からの質問コーナーでは「留学で今でも役に立っていることはありますか?」「これから挑戦してみたいことはありますか?」「スタイルを保つ秘訣は?」などなど、フランクに答えていく竹内。山下達郎との普段のやりとりを暴露するなど、夫婦ならではの裏話に会場は笑いに包まれ、終始賑やかなムードが続く。

「人生に晴れの日は少ない、辛いこともたくさんある。そんな中でいかに日常を楽しむかが、私のモットー。」と、彼女の代表曲「毎日がスペシャル」にも通じる人生観を話す竹内。そんな自然体の彼女だからこそ、40年間もの間、ファンに愛され、活動を続けることができたのだろう。

そして、一旦竹内が退場し、レア映像の上映がスタート。
「LET IT BE」のピアノ弾き語り(1981年テレビ東京出演時)、坂本九とのデュエット「カレンダーガール」(1980年NHK出演時)、「夏の恋⼈」(1980年フジテレビ出演時)など、デビュー当時のTV出演映像やパフォーマンス映像が上映され、現在はメディアにほとんど出ることのない彼女の貴重な蔵出し映像に、観客からの溜息が漏れる。

そしていよいよ、プレミアム・ミニライブがスタート。
舞台袖から山下達郎を始めとするメンバーが登場。そして、トークコーナーとはうってかわり、ドレッシーなグリーンのスーツに身を包んだ竹内が登場。
19165123_680_453
「高い競争率を潜り抜けてようこそいらっしゃいました。今日のミニライブは、達郎を含めた5人のメンバーとアコースティック仕立てで、お送りします。」

バックを固めるのは山下達郎のツアーメンバーとしてもおなじみのメンバー伊藤広規(ベース)、難波弘之(ピアノ)、佐橋佳幸(ギター)、宮里陽太(サックス、パーカッション)。そしてもちろんバンマスを務める山下達郎(ギター、パーカッション)。アコースティック編成とはいえ、豪華な布陣となった。

オープニングナンバーは「待っているわ」。80年発売の3rdアルバム『LOVE SONGS』からのナンバーで、熟練のメンバーたちによる今回の編成ならではのブルージーな演奏がたまらない。
「我々がお好きなお酒はなんでしょう?」「ウイスキー!」観客との粋な掛け合いから入ったのはCMソングとしても知られる「ウイスキーが、お好きでしょ」、2010年に竹内自身もシングルとして発表をしている有名曲。ジャジーなムードで会場からの拍手喝采を浴びる。「映画「souvenir the movie」でもやっている曲です!」と、紹介されたのは「五線紙」、こちらも3rdアルバム『LOVE SONGS』からの名曲だ。

誰からともなく発生した観客の拍手に合わせ、リズミカルに竹内が気持ちよさそうに歌う。
「次の曲は20代の若い方々からリクエストが多い曲です」続いて、竹内の代表曲とも言える「元気を出して」。ハンドマイクを手に、上手から下手へゆっくりと移動しながら、歌い上げられる名曲に会場が酔いしれる。そして、楽曲終盤では山下達郎と佐橋佳幸がコーラスに参加、楽曲の世界観を盛り上げる。

メンバー紹介に続き、「達郎と一緒に歌おうと思います、私のライブにはもれなく達郎がついてきます(笑)」「全然ツアーが終わった感じがしない(笑)」と夫婦漫才のようなトークから始まったのは「All I Have To Do Is Dream」。竹内も「エヴァリー・ブラザースの中で一番好きな曲です」と話す、名デュエットナンバーだ。続くは、2014年発売のアルバム『TRAD』に収録された「静かな伝説(レジェンド)」。竹内自身がハーモニカを吹きながら、観客から手拍子に合わせ、フォーキーなナンバーを歌い上げる。
19165153_333_500

「特殊な形で活動をしてきたにもかかわらず、いつも応援してくれてありがとうございます。
皆様の声援に助けられ、今までやってこれました。70歳になっても80歳になっても歌い続けたいと思います。本当にありがとうございます。」と感謝を述べる竹内。

「最後は景気よく行きたいと思います。」と、紹介されたのはラストナンバーの「アンフィシアターの夜」。彼女のライブには欠かせない、ファンキーなナンバーだ。会場のボルテージは最高潮を迎え、むんむんとした熱気の中、拍手が巻き起こる。

「楽しい時間をありがとう!」とライブを締めくくる竹内。

そしてバンドが退場し、「おまけです。いつものやつで、すみません(笑)」と山下夫妻のみで始まった真のラストナンバーは、これまたエヴァリー・ブラザース他のカバーとして知られ、山下夫妻のデュエットナンバーとして定番の「LET IT BE ME」。ファンからも非常に人気の高いナンバーで、しっとりと歌い上げられる絶妙なハーモニーが最高だ。

「今日はありがとうございました。」
「これからも竹内まりやをよろしく!」
と、曲の余韻と万雷の鳴り止まぬ拍手の中、イベントを締めくくった竹内と山下。
竹内本人にとっても40周年を記念したスペシャルなイベントだったと言えるが、同じ空間を共有したファンにとっても、夢のような時間だったに違いない。

尚、今月23日から竹内のライブドキュメンタリー映画「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」supported by Amazon Musicが公開となる。
ファンミーティングを見逃した方も是非、チェックをしてみて欲しい。

Photo:濵田志野

【プレミアム・ミニライブ セットリスト】
大阪:11/16(金) NHK大阪ホール
東京:11/18(日) 品川ステラボール

M1.待っているわ
M2.ウイスキーが、お好きでしょ
M3.五線紙
M4.元気を出して
M5.All I Have To Do Is Dream   
M6.静かな伝説(レジェンド)
M7.アンフィシアターの夜
M8.LET IT BE ME

【竹内まりやコメント】
おかげさまで、この11月25日にデビュー40周年を迎える運びとなりました。
たくさんの良きご縁と素晴らしい出会いに恵まれて、こんなに長く歌い続けてこられたことを奇跡のように感じています。
皆様のあたたかいご支援、本当にありがとうございます!11月23日には初のライブドキュメンタリー映画「souvenir the movie」が公開となりますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。
これからも私らしい音楽を探しながら歌い続けていきますので、どうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。

【シアターライブ詳細】
「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」
supported by Amazon Music
2018年11月23日(金)〜12月7日(金)
全国で期間限定ロードショウ
ムビチケカード好評販売中!
価格:\2,500(税込)

【関連サイト】
「竹内まりや 40th特設サイト」
随時情報更新中!
www.mariya40th.com

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー