【ライブレポート】ガールズユニット・yonigeがVIVA!STAGEに出演!キラーチューンで畳み掛ける!<VIVA LA ROCK 2019>

2019/05/23

5月3日から6日にかけて、さいたまスーパーアリーナで「VIVA LA ROCK 2019」が開催されている。3日目となった5日のVIVA!STAGEにはガールズユニット・yonigeが登場した。

同世代の女子を中心にオーディンスは大勢の観客が詰めかける中、穏やかなSEが流れ、ボーカル&ギターの牛丸ありさとベース&コーラスのごっきんのガールズユニットyonigeがステージに。

イントロのドラムの音が響き渡り、『リボルバー』でステージの幕を開ける。

2曲目は『顔で虫が死ぬ』を早口で捲し立て、オーディエンスの熱量を一気にあげたかと思えば、

続く『2月の水槽』では、一転して浮遊感のあるサウンドで観客を惹きつけ、表情とムードを変えていく。

3曲立て続けに披露し、観客は牛丸のハスキーで気だるい歌声にじっくりと耳を傾けて聴きいっていた。

MCでは「ありがとう。おはようございます。yonigeです。令和一発目のライブです。宜しくお願い致します。」とボーカル&ギターの牛丸が淡々と語り、

4曲目『どうでもよくなる』を披露する。着飾らない雰囲気と脱力感を湛えた牛丸の歌声が響き渡る。

5曲目は『また明日』。耳に残るメロディーと生々しい歌詞が会場のボルテージをさらに上げた。

ライブ後半戦へ突入前にベースのごっきんが「こんな昼間から、yonigeっていう名前ですみません。」語りかけ、会場内から笑い声と拍手が起きた。

そして、ごっきんの「後半戦、みんなが知ってる曲をいっぱいやります。」というコメントを合図に後半戦に突入。yonigeのキラーチューンで畳み掛けていく。

後半戦は『センチメンタルシスター』、重厚感のあるギターのイントロが印象的な『アボカド』、女性から高い共感を集めている激的な失恋ソングで会場を盛り上げる。

8曲目は『トラック』。ラストを締めくくる前に、ごっきんから「最後の1曲やります」と紹介されたのは『春の嵐』。

静かな中にも熱量の高い演奏に、楽曲の情景が映し出されるような切なさを感じた。

全9曲、すがすがしい表情で演奏を終え、楽曲の持つ力を最大限に見せ付けるライブの幕を閉じた。

 

【セットリスト】
2019年5月5日 VIVA LA ROCK 2019 STAR STAGE / yonige

M01:リボルバーt

M02:顔で虫が死ぬ

M03:2月の水槽

M04:どうでもよくなる

M05:また明日

M06:センチメンタルシスター

M07:アボカド

M08:トラック

M09:春の嵐

外部記事

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });