175R、6年ぶりに活動再開! 過去のライブ、セットリストをまとめてみた。

175R、6年ぶりに活動再開! 過去のライブ、セットリストをまとめてみた。

175Rが約6年ぶりに活動を再開!LiveFansでまとめを作成したところ多くの反響があった<骸骨祭り>を皮切りに、12月に開催されるロックフェスへの出演も発表されました。そこでLiveFansでは彼らのライブ活動記録を遡ってご紹介します。

更新日:2016/10/20

175R 再 始 動

175Rが約6年ぶりに活動再開!


12月3日に千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催される「SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り」の出演を皮切りに、12月24、25日に愛知・ポートメッセなごや 1~3号館にて行われる「MERRY ROCK PARADE 2016」、12月27、28日に大阪・インテックス大阪にて開催される「FM802 RADIO CRAZY」への出演が決定。


活動休止をしてから約6年。突如、活動再開が発表され「わたしの青春が帰ってきた!」と、歓びのコメントが相次ぎました。

175Rとは?

175R

175R(イナゴライダー)は、1998年に結成した日本のパンクバンド。


1998年 北九州にてボーカルのSHOGO を中心に結成。

国内外問わず数々の大物バンドのTOUR サポートや自主企画のイベント等を行い、2001年インディーズで初のCD をリリースしインディーズチャート1 位を記録。2003年Single「ハッピーライフ」でメジャーデビュー。同年4 月にリリースしたSingle「空に唄えば」共にオリコン初登場1 位という日本のロックバンド初となる快挙を成し遂げ、国内外問わず精力的に活動。


そんな中、2010年9月に年内のライブ活動をもって無期限の活動休止を発表。2011年より活動休止をしていたが、2016年12月、約6年間の活動休止から活動を再開する事が発表された。

活動再開のきっかけは?

SKULLSHITの大滝氏から、「ブランドの20周年はバンドでお祝いしてくれないか」と誘いを受けた事がきっかけ。

TOKYO FM 『ROAD TO 骸骨祭り』(毎週木曜 後8:50放送予定) では、10月20日(木)のゲストにSHOGOの出演が緊急決定。175R復活の立役者となったSKULLSHITの大滝氏とともに復活の裏話を語るそうです。

175Rの名曲たち

ここで175Rの名曲たちをご紹介。

ハッピーライフ

2003年1月6日に発売されたメジャーデビューシングル「ハッピーライフ」。オリコンチャート初登場1位を獲得。イントロの力強い出だしとメッセージ性のある歌詞、パンク/スカの要素を取り入れたロックチューン。JUDY AND MARY、くるり、THE BLUE HEARTSなど数々のアーティストを手掛けた佐久間正英氏がプロデュースしたことでも話題になった。

SAKURA

2002年に発売された「Go!upstart!」の1曲目に収録されている春の定番ソングとしても有名なSAKURA。スカ調のAメロからシンガロング間違いなしのサビまで、彼らのキャッチーなメロディーラインを感じるならこの曲。

空に唄えば

2003年4月16日発売のメジャー2枚目、通算4枚目のシングル。前作の「ハッピーライフ」に次いでオリコンチャート初登場で1位にランクインし、メジャーデビューから2作連続で1位を獲得した。なお、この2作連続1位は、日本のロックバンド史上初となる快挙。彼らの代表曲、ライブの定番曲としても有名な楽曲である。

過去のライブを見てみよう

ほんの一部ではありますが、彼らのライブ活動記録をご紹介します。

2001年

全16ヶ所を廻る、バンド初となる全国ツアー『「初陣」~Spring Tour 2001~』を開催。


また、1999年から続く『Sky Jamboree 2001への出演も。THE HIGH-LOWS、SHERBETS、10-FEETらと共演。

2002年

SHAKALABBITSと共に、全国11ヶ所を廻るライブ『STAND BY YOU!! TOUR 2002』を開催。「SHAKALABBITS・175R」としてSUMMER SONIC 2002へ出演。


1984年にスタートした伝説のロック・フェス『POP HILL '02や中四国最大規模の野外音楽イベントMONSTER baSH 2002への出演など、全国のイベントから引っ張りだこ状態だった。

2003年

東京・代々木公園野外ステージで初のフリーライブを開催。約2万5000人を動員。

『第54回NHK紅白歌合戦』への出場を果たし、代表曲「空に唄えば」を披露。

2004年

バンド初となる日本武道館でのライブ『LIVE THE MELODY 2004 in 日本武道館』を開催。

2007年

2007年10月21日の札幌KRAPS HALLから2008年1月27日の沖縄ヒューマンステージまで、全国すべての都道府県を廻る47公演『175R全都道府県TOUR 07~08「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」』を開催。

2009年

ワンマン・ライブ『175R 5時間50曲LIVE2009 「175R vs 175R ~夏の終わりの野音祭り~」を、日比谷野外大音楽堂にて開催。

2009年最初のワンマン・ライブとなった本公演は、タイトル通り5時間に渡り50曲を演奏。チケットは、2009年であることにちなんで2009円と破格の値段に設定された。


ちなみに2008年に開催された『175R結成10周年 感謝の野音!「THANK YOU FOR THE FAN!」』では、チケット代が1750円、5thアルバム「お前はスゲぇー!」を同じく1750円でリリースし、話題になった。

2010年

2009年に続き、2010年も日比谷野外大音楽堂にて、これまでにリリースされたシングル曲を全曲演奏する『恒例! 夏の野音祭り~今年はSingle全曲やっちゃいますか!~』を実施。チケット代は2010円。

175R JAPON TOUR 2010』と称した全国ツアーも行い、休むことなく走り続けた彼らだったが、突如、無期限の活動休止を発表。


活動休止前、最後のステージとなったのがCOUNTDOWN JAPAN 10/11』。

⇒次のページ:活動再開後について

1 / 2

新着まとめ

今すぐできる!アーティスト・ライブハウス支援情報まとめ

今すぐできる!アーティスト・ライブハウス支援情報まとめ

家にいてもできるアーティスト・ライブハウスへの支援情報をまとめました!情報は随時追加予定!

2017/01/20

マンウィズ presents『THE MISSION』に必要な持ち物、おすすめの服装をフジロッカーから学ぶ!

マンウィズ presents『THE MISSION』に必要な持ち物、おすすめの服装をフジロッカーから学ぶ!

MAN WITH A MISSIONが苗場スキー場にて野外イベント『THE MISSION』を開催!駐車場や宿情報、おすすめの服装、持ち物など、わからないこと…

2020/03/11

【随時更新】無観客ライブ配信&映像アーカイブ 一覧

【随時更新】無観客ライブ配信&映像アーカイブ 一覧

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地のライブが延期・中止に…。そんな中、アーティストがライブ映像を無料で公開しファンを喜ばせています! こちらの記事で…

2020/03/09

新着情報

まとめ一覧に戻る

バナー