×

フェス特集2022

【ライブレポート】サンボマスターが泣かせるほど熱いメッセージで全員優勝のステージを展開!<JAPAN JAM 2022>

2022/05/12

2022年5月1日(日)・3日(火・祝)・4日(水・祝)・5日(木・祝)・7日(土)の5日間、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作の国内最大級のGWフェス「JAPAN JAM 2022」が千葉市蘇我スポーツ公園にて開催された。

入場ゲートでは手指消毒・検温を実施するなど「JAPAN JAM 2022」は感染症対策に万全の対応を取りつつ実施された。



本記事では、5月5日(木・祝)に出演したサンボマスターのライブレポートをお届けする。

【ライブレポート】サンボマスターが泣かせるほど熱いメッセージで全員優勝のステージを展開!<JAPAN JAM 2022>
入場曲に合わせてちょっとじらせ気味に登場したサンボマスターのメンバー3人。オーディエンスの手拍子に迎えられるも「おい、そんなもんかこのやろう!」と山口隆(Vo./Gu.)が、いきなり会場を挑発する。だが、その直後に「あ、声出すなよ。心の中で心の中で!」と会場の笑いをとりつつ「せーの、ラビット!」と始まった1曲目は、朝の情報番組のテーマソングとなっている『ヒューマニティ!』。毎朝身支度をしながら耳にしている人も多いであろうフレーズで会場の注目を集めた。

「行きますよ、JAPAN JAM。ミラクルを起こそうぜ!」山口のシャウトから立て続けに演奏されたのは『ミラクルをキミとおこしたいんです』。「はっきりしろ!どっちか決めろ!コロナのせいにして何もしないか、ミラクルを起こすか。ミラクルを起こしていただきましょうか!」。毎度のことながら、心をわしづかみするような山口のあおりに熱くなったオーディエンスも多かったはずだ。

【ライブレポート】サンボマスターが泣かせるほど熱いメッセージで全員優勝のステージを展開!<JAPAN JAM 2022>
【ライブレポート】サンボマスターが泣かせるほど熱いメッセージで全員優勝のステージを展開!<JAPAN JAM 2022>

「コロナ禍だとか、フェス中止だとか、戦争まで起こったりとか。どうしたらいいかわかんねぇ。でもあきらめんじゃねえ!俺は決めたんだ。俺はみんなと生きていくって決めたんだよ!」熱い山口のメッセージに続いたのは『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』。目頭が熱くなりそうなMCからのこの曲は反則だ。さらに「泣いてんじゃねえぞ!笑ってるか?」と観客に語りかける山口。「心の中で『愛と平和』って言えるよな!」からの曲のクライマックスは、何度体感しても強烈な高揚感に包まれる。

「めちゃくちゃ幸せに踊りまくってくださいね!もっともっと幸せになれる人―!君のために一生懸命演奏すっから。ミラクル起こそうぜ!」山口の熱いメッセージは止まらない。ここからは『孤独とランデブー』そして今年配信リリースされたばかりの『ボクだけのもの』と続き、ステージもいよいよクライマックスへ。

「お待たせしましたー!全員優勝の時間がやってまいりました。JAPAN JAM始まって以来のミラクル起こせる人―!」山口の叫びに観客が手を挙げて応えると、手を挙げている一人ひとりを指差しながら「ありがとう!ありがとう!」と感謝を告げる山口。曲は『できっこないを やらなくちゃ』。まさに今の時代にピッタリのメッセージソングに会場中が一体となって全員優勝のパフォーマンスが繰り広げられた。

【ライブレポート】サンボマスターが泣かせるほど熱いメッセージで全員優勝のステージを展開!<JAPAN JAM 2022>

この日の最後を締めくくったのは『花束』。「誰が花束だって?おまえが花束だって言ってんだよコノヤロー!」口は悪くとも山口の叱咤には愛情が詰まっている。「おまえがクソだったことなんか一回もねぇんだよ。だから生きていてくれてありがとう!」こんな直球のメッセージを熱く伝えられるアーティストはなかなかいない。また、曲のクライマックスでは、演奏の締めになるかと思いきや、近藤洋一(Ba./Cho.)が曲の続きを弾きはじめることでフリーセッションのようにワンフレーズを追加サービス。最後までサービス満点の熱いステージとなった。

(取材・テキスト:バッキー☆大坂)


JAPAN JAM2022 5月5日 サンボマスター セットリスト
M01:ヒューマニティ!
M02:ミラクルをキミとおこしたいんです
M03:世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
M04:孤独とランデブー
M05:ボクだけのもの
M06:できっこないを やらなくちゃ
M07:花束

外部記事

関連ライブ

レポート一覧に戻る

バナー