ゲストと語るLIVEな30分!! RADIO LiveFans 毎週日曜 25:00~ FM愛知にて放送!

パーソナリティ菅野結以

プロフィール

※ 放送エリア外の方は、有料サービス
「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

週替わりのテーマでライブトークLIVE MASTERS

今週のテーマ 「SUPER BEAVERのLIVEのウラ側を教えて!」

菅野:菅野結以が@FMからお送りしています『LiveFans』
9月のマンスリーゲストは、SUPER BEAVER! いらっしゃいませ!

上杉:よろしくお願いします!

柳沢:いらっしゃいましたー!

菅野:3週目の今夜、来てくれてるのは?

柳沢:ギターの柳沢です。

上杉:ベースの上杉です。よろしくお願いします!

菅野:よろしくお願いします。3週目です。毎週違う角度からLIVEをテーマにお話ししてきたんですけど、3週目は「SUPER BEAVERのLIVEのウラ側を教えて!」

柳沢・上杉:LIVEのウラ側ねぇ…。

菅野:ウラBEAVER!

柳沢:ウラBEAVERですね。

菅野:オモテは、“パッション”って感じ。私の思うSUPER BEAVERのLIVE。パッション、理屈じゃない、豪速球ストレートを毎回ブン投げてくる。あと、渋谷くんが金八先生ばりの名言をいつも連発する(笑)。ていう感じなんですけど、ウラはどんな感じなんですか?

上杉:いや、何も基本変わらないですよ。

柳沢:でも結構、ヴォーカルのぶーやん(渋谷)とドラムの藤原は、毎度毎度LIVEに向けてのルーティーンみたいなのはあるような気がする。まず、渋谷くんはライブハウスでやるときは、必ずリハーサル終わったら絶対いなくなる。

菅野:どこ行ってるの?

柳沢:口癖が「コーヒー飲みたい」なんですけど(笑)。コーヒーを飲みにいなくなるんだよね。

上杉:そう。1人の時間を作るということなんだと思います。

菅野:ああ。集中する時間てことか…。

柳沢:集中の仕方がたぶんそれぞれ違くて。藤原さんは必ず…。

上杉:棒みたいなのを持ってタカタカタカタカやってますね。

柳沢:あと床に寝っ転がって結構…。

上杉:虫みたいになって…(笑)。

菅野:(笑)。どういうこと?!

柳沢:仰向けになって床で念入りにストレッチをしていて…。

上杉:そう。叩かれた虫ような格好をしてストレッチしてますね(笑)。

菅野:ストレッチしてるってことかぁ。

柳沢:そういう意味で言うと、上杉リーダーと僕、柳沢はあんまりそんなに決まったことは…。

上杉:いやいや、柳、一緒にしないで。俺だってちゃんと準備してるんだから。君は何もしてないかもしれないけどさぁ。

柳沢:ちなみにリーダーは何してるの?

上杉:俺はねぇ、結構ベース触ったりして…。あと一番重要なのは30分前くらいに眠くなることなんだよね。一度絶対眠くなって、あくびが止まらなくなるといいLIVEできるんだけど、それが眠くならなくなっちゃうとやばいぞ、いつもと違う、って…。それがたぶん俺のルーティーン。基本、本番直前にモードに入ってリラックスしてるのかわからないけど、「あー眠い」ってなって、そこから10分前くらいにシャキッとスイッチが入って、はい、いきましょー!みたいな…。

菅野:へぇー。

上杉:でも柳だって何かあるんじゃないの?

柳沢:何かあるかな…歯を磨いたりしてる…。

上杉:あぁ!歯は磨いてる。

柳沢:あと、靴、LIVE用の靴がたぶんみんなそれぞれあるんですけど、LIVE用の靴の靴ひもの硬さがすごい気になる。

上杉:それ自分が結んでるのに?

柳沢:そうなんだけど、緊張したり、今日のLIVEいいLIVEにしたいなと思えば思うほど、ちょっと左の方が強すぎるとか…。

上杉:嘘でしょ?!

柳沢:いや、ほんとほんと!俺、結構何度も結び直してて…。そういうのはちょっとあるかもしれないですね。

上杉:性格の悪さが出てますね(笑)

菅野:悪さかな?今の(笑)。

柳沢:まあでも結構バラバラですね。

菅野:そっか。じゃあ本番前はバラバラに過ごして、何分前くらいに集合していくんですか?

柳沢:だいたい10分前、15分前くらいに一旦楽屋に集まって、今日のLIVEのセットリストの流れみたいなものを確認して、また5分くらいちょっとバラける。

菅野:またバラける?!

上杉:ちょっとコーヒー飲んだり、うろちょろしたり…。

柳沢:結構自由な気がしますね、4人とも。

菅野:そこからの本当に直前、何か掛け声とかあるんですか?

上杉:ありますね。4人で円陣を組んで…これは昔からあるんですけど、みんなで「オーケーベイビー ゴーゴーゴー」って言います。

柳沢:いますごいダサいなって思ったよね?

菅野:いま言葉をなくした…(笑)。

柳沢・上杉:(笑)。

柳沢:しかもせめて、「うっしゃー、行こう!(勢いよく)オーケーベイビー!ゴー!ゴー!ゴー!」みたいだったらいいんですけど、もっとヌルヌルーっと…。

菅野:え?!どれくらいのテンション?

上杉:いま実際にやってみると、僕が最初に「オーケーベイビー」って言うと、みんなが「ゴーゴーゴー」って言うんですけど、テンション感でいうと「(静かに)オーケーベイビー」「ゴーゴーゴー」そんな感じです(笑)。

菅野:低っ(笑)。

柳沢:でもこれ何年続いてるんだろう?

上杉:これやんないとLIVEできない感はたぶん4人とも感じてて、どんだけバタバタしてても、そろそろ<ゴーゴー>やろうって。<ゴーゴー>て何だよ!みたいな(笑)。

柳沢:これはほんとねぇ、結構みんな自由に動いているとは言いつつも、じゃあ行くかっていうステージ袖というか、みんな同じベクトル向いてピリっとするわけじゃないですか。ピリっとした瞬間にまず<ゴーゴー>するわけですよ。で、オンステージしますよね。ギターを持つ、ドラムの前に座る、ベースを持つ、それで渋谷が入ってきました…そしたらまたドラムセットの前に集まって、真顔で「オーケーベイビー ゴーゴーゴー」。

菅野:ウソ?!

上杉:2回やるんですよ。

菅野:気づかなかった!

柳沢:背中越しだと、なんか集まって円陣組んでるんだなぁという感じですけど…。

上杉:そう、2ゴーゴー。

菅野:まさか、1回のLIVEにつき2ゴーゴーやってたとは。

柳沢:これやんないと、ジンクスじゃないけど、やんなかったってことが気になっちゃう気がする。

上杉:そう。ゴーゴーができないことに対する不安すら覚える(笑)。

菅野:ゴーゴーどんだけ大事なの?!(笑)。

柳沢:まぁバンドとしてのルーティーンかもしれないですね。唯一の。

上杉:確かにね。

菅野:へぇー。始まりの呪文みたいな…。気づかなかった。これからみんながドラムセットの前に集まってたらゴーゴーやるぞ!って思って見てればいいんだ。

柳沢:かけ声はほんとダサい…。

菅野:いつかマイクを通してやってほしい。

上杉:辛いなぁ、それは。カッコつけちゃうかもしれないなぁ、その時だけ(笑)。

菅野:そうなんだぁ。夏はフェスとかもたくさん出てたと思うんですけど、フェスの時とかって、他のアーティストと交流したりします?

上杉:もちろん。しないタイプでは絶対ないですね。

柳沢:みんなそれぞれ出歩いているような気がしますね。

上杉:出歩いて、飲食できるスペースとかに、先輩なり友達なりがいたら近況報告とかワイワイしてますけどね。

柳沢:僕らフェスっていうものに出られるようになってきたのが本当にここ数年で。ただ12〜3年やっていて色んな人たちと対バンさせていただいたりっていうのがあるんで、仲間がすごく多くて、ようやくこういう所で会えたねっていう喜びみたいなのは今すごいあるんで、もちろん同年代しかり、先輩たちもそうですけど、「やっときたなお前ら」みたいな。そういう感じっていうのは今すごく楽しませていただいてるというか…。

菅野:すごい。いい話。サムライが戦を勝ち抜いてここで会えたみたいなやつですね。

上杉:サムライ好きですよね(笑)。

菅野:好きなんですよ、武士もの(笑)。

柳沢:でもほんとに当たり前じゃないから嬉しいなと…。とあるフェスでもずっと昔からお世話になっていたライブハウスの店長さんもいらっしゃって、その人と終演後に色々と話していて、「今日観てたけど、ステージから見える1番前の柵の1列、あの人数もあの頃お前らライブハウスに人いなかったよね。」という話をしてて、僕らももちろんその景色を覚えているから「今日みたいな日が来るっていうのは、お前らみたいなバンドがこういうところに来るっていうのは、すごくスタッフとしても嬉しいよ。」っていう話をしてもらえて、「乾杯しましょう!」って…。

菅野:うわぁ!いいなあ!

柳沢:そういうのは今すごくありがたいですし…。

上杉:やってて良かった!続けてて良かった!これからももっと頑張る!って気持ちになりますね。

菅野:真っ直ぐやってきたからこその楽しみがあるんだ。色々LIVEをたくさんやってきたと思うんですけど、LIVEで起きたハプニングとかあります?

柳沢・上杉:ハプニング…。

上杉:しいて言えば、柳くんがちょっと体調を崩しまして、一時期LIVEが出来なかったときくらいですかね。

柳沢:2ヶ月くらい…。

菅野:それ大ハプニング。

上杉:機材がどうのこうのは10年以上バンドやってると何回かありますけど、やっぱりメンバー1人いないとこんなに大変なんだとすごい思ったし、色んなギタリストの友達であり先輩であるような方たちがみんな手伝ってくれて、LIVEは1本も飛ばさずに、それでちゃんと(柳沢が)このように帰ってきたんで、とてつもなくバンドは成長した期間だと思いましたけど。

菅野:ほんとBEAVERって、しっかり倒れて…。

柳沢・上杉:(笑)。

菅野:思いきり倒れて、自分の力で人の手を借りず立ち上がって…みたいなのを何回もやって骨強くなっててるみたいなバンドですよね。

柳沢:でも自分が倒れたときもそうですけど、色んな人の手はむしろものすごく借りているバンドだと思って。逆に言うと色んな歴史があり、4人だけになった時もあったけど、4人だけでやればやるほど4人だけじゃ成り立たんっていうことをどんどん実感させていただけることが増えたので、それまで顔をあまり見てこれなかったんだなあってその当時を振り返って実感しましたし、そういうハプニングというか、僕がLIVEをやれなかった時期とかも、助けてくれる人たちが周りにすごくいたから今までSUPER BEAVERをずっと持続というか、さらにそこからあらためてっていうきっかけを与えてくださった人たちもいっぱいいますし、ものすごい色んな人に助けていただきながらここまで来てるっていうのは人一倍感じているバンドのような気がしますね。

菅野:人徳だね。

柳沢・上杉:(笑)。

菅野:人徳だと思う。すごい愛されてるバンドだなという感じがするもんなあ。じゃあ今夜は、SUPER BEAVERの楽曲のなかで、<LIVEで盛り上がる曲>を1曲オンエアしたいと思うんですけど、どの曲にしましょうか?

柳沢:今回の『真ん中のこと』というアルバムに入っている楽曲なんですけれども、みんなで一緒に歌えるところがふんだんに盛り込まれた1曲を聴いていただきたいなと思います。SUPER BEAVERで“贈りもの”。


ネクストブレイクアーティストを紹介NEXT FANS

NEXT FANSJYOCHO

このアーティストを一言で例えるなら名は体を表す

菅野:ここからのコーナーは「NEXT FANS」。
LIVEに定評のあるアーティストであることはもちろん、注目のネクストブレイクアーティストを紹介していきます。

今週紹介するNEXT FANSは…JYOCHO!
このアーティストを一言で例えるなら…<名は体を表す>。

ちょっとプロフィールを紹介します。

元宇宙コンビニのリーダー、だいじろーが始動したプロジェクトJYOCHO。
プログレッシブであり、ポップであり、テクニックなトラックもあり、温かみもあり、様々な感情が溢れているバンドです。

海外からも注目されてて、2nd ミニアルバムが先週リリースされたばかり。

今夜はだいじろーさんからコメントももらっていますので、だいじろーさん、よろしくお願いします~。


JYOCHOだいじろー:
LiveFansをお聞きのみなさん、菅野結以さん、こんばんは。はじめまして。
京都を中心に世界で活躍する予定のJYOCHOというバンドです。

私、作詞・作曲・アレンジとギターを担当しているだいじろーと申します。

「人生で一番印象に残っているLIVE」ということなんですが、みやこ音楽祭で観たくるりさんのLIVEが一番印象に残ってます。

一番前から自分は観てて、LIVE自体もすっごい素晴らしかったんですけど、パッて周りを見たら、後ろがみんな笑顔なんですね。これってシンプルにめちゃくちゃすごいことだなと当時、音楽をやっている者として衝撃を受けました。

JYOCHOは9月13日に新譜『碧い家で僕ら暮らす』をリリースしました。
前回1枚目の『祈りでは届かない距離』をリリースした時には、僕が今まで辿ってきた過去と今を繋ぐ作品を残したいという気持ちがとても強かったんですけど、今回の作品はJYOCHOとしての本当の始まりの意味を込められたかなと思います。

それに伴いまして、リリースツアーも決定してます。

まず、カナダで4公演決まってまして、これ実は初LIVEなんですけど、4公演カナダでLIVEします。メンバー一丸となって強くなってきまして、日本に帰ってきまして、10月22日(日)に京都GROWLY、12月3日(日)に渋谷 TSUTAYA O-CrestでLIVEすることが決まりました。9月16日からチケットも発売しておりますので、LiveFansリスナーの皆さん、ぜひお越しください。

それでは最後に、JYOCHO 2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』から“グラスの底は、夜”をお聴きください。
JYOCHOのだいじろーでした。


菅野:だいじろーさん、コメントありがとうございます。
印象に残ったLIVEがくるり。いいですね。

見渡してみんなが笑顔だったのが印象的って言ってくれてましたけど、お客さんも含めLIVE。環境とか、お客さんの顔とか、そういうの全部含めてLIVEを作ってるなぁという感じがしますね。

JYOCHOの曲、ほんと今の季節にぴったり。じんわり体に染み込んでいく感じというか、今日1日のトゲを溶かしてくれるような、そんな秋の夜長にぴったりの音像だなと思うんですけど、歌詞も独特でなんだか詩集を読んでるみたいな気持ちになる、独特の間とか行間がある言葉たちで綴られていて、ぜひCDを手にとって、歌詞カードもちゃんと見ながら聴いてほしいなという感じがしますね。

そして、JYOCHO、リリースツアーが10月22日(日)京都GROWLY、12月3 日(日)渋谷 TSUTAYA O-Crestで行われます。

是非このミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』を聴き込んで、LIVEに足を運んでください。


STUDIO LIVE

だいじろー(JYOCHO)/ voyager

JYOCHO

JYOCHO

2016年、京都にて始動。

超絶テクニックを誇るギタリスト“だいじろー”こと中川大二朗(ex宇宙コンビニ)が始動したプロジェクト“JYOCHO”(じょうちょ)。
12月1st mini album「祈りでは届かない距離」をリリース。

プログレッシブ~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、JYOCHOにしかできない独自の世界観を構築する。

詳細をみる

ライブ情報
『グラスの底は、夜』Official Music Video
<span>CD</span>碧い家で僕ら暮らす

CD碧い家で僕ら暮らす

2017.09.13 Release
No Big Deal Records

Amazonで購入する

WEB限定 ギタリストのこだわりを紹介GUITAR FANS

Vol.1 生形 真一 (Nothing's Carved In Stone)

記念すべき第1弾は、Nothing’s Carved In Stoneの生形真一が登場!
Gibsonからシグネチャーモデルが発表されるなど、現在の日本のロックシーンを牽引するギタリスト・生形真一のこだわりのギター&機材についてインタビュー!

<インタビュー内容>
■ギターを始めたきっかけ / ■シグネチャーモデルについて / ■アルペジオ奏法について / ■エフェクターのこだわり / ■ギタープレイへのこだわり / ■ギターキッズへメッセージ / ■ギタリストしてしての目標

インタビュアー:ジョー横溝

Nothing’s Carved In Stone

Nothing’s Carved In Stone

2008年Nothing’s Carved In Stone始動。

生形真一が所属しているバンド、ELLEGARDENが2008年9月活動休止になったことをきっかけにセッションをしたいと思っていた、現・ストレイテナーのベーシスト、日向秀和に声をかけたのが結成のきっかけ。

日向の紹介によりFULLARMORのドラマー・大喜多崇規が加入、ボーカル不在のまま何度かのセッションを繰り返していた。
そしてボーカリストを探っていた生形がMySpaceで見つけたABSTRACT MASHの村松拓に興味を持ち始め大喜多と共にライブへ足を運んだ結果、彼のライブパフォーマンスに惚れ込み本格的に交渉。
2009年に1st Album『PARALLEL LIVES』をリリース、その後、毎年コンスタントにフルアルバムを発表、いままでに8枚のフルアルバムをリリース。
自身のツアーの他、各地大型フェスへも多数出演、卓越したバンドアンサンブルと圧巻のライブパフォーマンスを見せる。

詳細をみる

ライブ情報
Like a Shooting Star (Live at 野音 2017.05.21)

MONTHLY GUESTSUPER BEAVER

2005年結成の東京出身の4人組ロックバンド「SUPER BEAVER」

メジャーデビューから自主レーベル設立まで様々な経験をしつつも、2016年6月1日にリリースしたフルアルバム「27」は、オリコン初登場10位を記録。

タイトル曲「27」は、坂口健太郎・miwa主演の映画「君と100回目の恋」の挿入歌に起用。バンド自体も、「主人公が憧れるバンド」として映画に登場する。

10月11日 初のLIVE DVD『未来の続けかた』をリリース。

Vo.渋谷書き下ろしの小説「都会のラクダ」も付属のDVD+BOOKという珍しい形態でのリリースで話題を呼ぶ。

さらに、10月24日付のオリコン週間音楽DVDチャートでは、1位を獲得。2017年に入り「ROCK IN JAPAN FES」「RIZING SUN ROCK FESTIVAL」「SWEET LOVE SHOWER」等10本以上の夏フェスにも出演。

NEW RELEASE

Mini Album真ん中のこと

真ん中のこと

2017.09.06 Release
[NOiD]
初回限定生産盤(CD+DVD)¥2,150(税別)

Amazonで購入する

PERSONALITY菅野結以

1987年千葉県生まれ
10代の頃よりファッションモデルとして活躍。
アパレルブランド「crayme,」(クレイミー)などのプロデュースを手がける。
音楽シーンへの造詣も深く、近年はその動向ぶりに注目が高まる人気モデル。

TFM『RADIO DRAGON -NEXT-』パーソナリティ
徳間書店『LARME』レギュラーモデル
Instagram : yui_kanno
Twitter : @Yuikanno

Photo:©小林邦寿(KUNIHISA KOBAYASHI)

リクエストや応援など
番組へのメッセージを募集中!!

メッセージを送る

RADIO LiveFansとは?

近年、ライブ動員数は増加傾向にあり2016年は過去最高の4,768万人を記録。ライブやフェスといったリアルの場での音楽体験を求めるユーザーが増えています。本番組では、そんなライブに徹底的にこだわり、あらゆる角度からライブの魅力を紹介していきます。

コーナー紹介

  • LIVE MASTERS

    話題のアーティストをマンスリーゲストに迎え、初めて観たライブ、人生を変えたライブなど、週替わりのテーマでトークを展開

  • NEXT FANS

    今後ブレイクが期待される、ライブが魅力的なアーティストをご紹介。スタジオライブの模様などもオンエア

  • GUITAR FANS

    毎月1組のギタリストをピックアップし、エフェクトボードに関する話など、ギタリストならではの秘話を動画で紹介

BACK NUMBER