1. HOME
  2. LIVE MASTERS
  3. 山田将司(THE BACK HORN)

LIVE MASTERS

山田将司(THE BACK HORN)

2017.08 GUEST山田将司(THE BACK HORN)

テーマTHE BACK HORNがこれから目指すLIVE

菅野:菅野結以が@FMからお送りしています『LiveFans』
8月のマンスリーゲストは、THE BACK HORN山田将司さんです!よろしくお願いします。

山田:お願いします!

菅野:色々LIVEについて伺ってきたんですけど、いよいよラスト週ということで最終週のテーマは「THE BACK HORNがこれから目指すLIVE」…これからです。今までほんとに色々なLIVEを経験してきたと思うんですけど、次に目指すLIVEは?

山田:もちろん演奏がこう…いや、演奏じゃないんだろうなぁ…。何だろうなあ?頭でっかちにならず、思いがちゃんと先に出てるLIVEをしていきたいなと思いますね。そこで起きちゃったこと…例えばメンバーがギターを熱く弾きすぎて弦が切れちゃったとか、ドラムセットを熱く叩きすぎて音が逆に鳴ってないとか、それも全部含めてのLIVE感、生のその…演奏の上手さとかは最低限すぎて…。あらためてLIVEをすることがどんどん当たり前になってきちゃった気もちょっとして、毎回自問自答して1個1個大事にしようとやってるけど、どこかやっぱりやれて当たり前だと思ってるし、そこをあらためて1個1個のLIVEが出来る意味とか、確認しながらちゃんとした気持ちを持って叫びたいな、演奏していきたいなと思いますね。

菅野:長く続けていくとちょっとマンネリ化しちゃったりすることきっとあるじゃないですか。

山田:絶対ありますよね。

菅野:でもTHE BACK HORNのLIVEはいつ観てもおさまりきってないというか、いつもはみ出してる感じがするんですよね。なんていうか、綺麗におさまらない…。

山田:ああ、それはありがたい言葉ですよね。はみ出した部分が絶対楽しいし、お客さんもはみ出した部分を見れたほうがヤバイな!ってなるっていうか…。自分らも最初ははみ出した部分をここは削ろうみたいな、恥ずかしいからこのはみ出した部分いらないでしょみたいな感じだったけど、プロデューサーを入れて一緒にシングルCDを前作・前々作を作ったりして教えてもらったりというのもあるし、「こういうのがTHE BACK HORNぽいんだよ」っていう言葉を言ってもらえて、自分らでは気が付かなかったTHE BACK HORNらしさとか、こういうところは自分らはこのままでいいんだっていうのを感じたので、はみ出しっぷりはたぶんおいしくはみ出してくと思う(笑)。いい感じのはみ出しを…。

菅野:亀田さんとか、宇多田さんがプロデューサーについて、どの辺が THE BACK HORNらしさだと言われたところだったんですか?

山田:演奏のグルーヴ感だったり、ちょっと後ろノリな感じだったりとか、ONじゃないんだけどドラムが溜めて、そこに対してベースも一緒に後ろノリで乗ってる感じとか、このグルーヴがTHE BACK HORNでしか出せないからTHE BACK HORNっぽいんだよとか…。あと、宇多田さんはヴォーカルのディレクションもしてもらって、「ちょっとこここんな風に歌ってみて」とか言ってくれたんですけど、最終的な歌のEDIT(編集)もしてくれたんですよね。

菅野:へえー!

山田:意外に俺が自分でEDITするよりもザックリしてて、大胆なEDITをしてて、<あ、俺、すごい自分の細かいところを気にしてたけど、全然そこどうでもいいんだな>と思ったりはしましたね。

菅野:そういうことを知って、今回、セルフプロデュース…4人だけで作ることになったっていうことなんですね、新曲は。

山田:そうですね。

菅野:これからLIVEでチャレンジしていきたいこととかってありますか?プロデューサーを入れるっていうのも結構チャレンジだったのかなあとも思うんですけど、LIVE面では?

山田:LIVE面では…特に新しいことをするっていうのは考えてはいないですけど、さっきも言ったことにたぶん近いのかな。新鮮な気持ちでやれるように思いの強さをちゃんと毎回自分で確認しながら、間違いのないLIVEをしてくっていうことが本当にチャレンジしていきたいことですね。

菅野:ほんと誠実!LIVEに対して本当に真っ直ぐ!

山田:誠実っていい言葉ですけどつまんないなって自分で思いますよね、なんかね(笑)。

菅野:いやいや、逆になかなかいないので。ここまで真っ直ぐに向き合い続けてこれる、20年間もずっとこんな風に向き合い続けてる人っていないからたぶん特別なバンドなんだなってすごくお話ししていて思いました。

山田:ありがとうございます。

菅野:そして、今日はラスト週ということで、なんと特別に!1曲生演奏していただけると…いいんですか?

山田:はい、します。

菅野:目の前で聴けるなんて贅沢なんですけど…じゃあお願いしてもよいですか?

山田:THE BACK HORNで一番最初に作った曲なんですけれども、“冬のミルク”という曲を聴いてください。

山田将司(THE BACK HORN)冬のミルク

山田:ありがとうございました!

菅野:ありがとうございました!本当に音楽って生き様なんだなあっていうのをすごく感じるというか、本当の魂の叫びってすごい純粋で綺麗だなあって思いながら聴かせてもらいました。

山田:ありがとうございます。

菅野:素晴らしい“冬のミルク”お届けしました。真夏だけど(笑)。ということで今月はTHE BACK HORN山田将司さんをお迎えしてLIVEについてお話を伺ってきました。今後のTHE BACK HORNのLIVEのお知らせをしてもらってもよいですか?

山田:はい。ありますよ!


「Pyramid ACT」
9mm Parabellum Bullet /Nothing’s Carved In Stone /THE BACK HORNの3マンLIVE
・9月9日(土)Zepp Osaka Bayside
・9月13日(水)名古屋DIAMOND HALL
・9月14日(木)Zepp Tokyo

「KYO-MEIワンマンライブ」〜第三回夕焼け目撃者〜
THE BACK HORNワンマンLIVE
・10月21日(土)日比谷野外大音楽堂

11月〜「マニアックヘブンツアーVol.11」名古屋公演
・11月03日(金・祝)[GIG]BOTTOM LINE [GALLERY]BL café
を皮切りに全国9箇所。

詳しくはHP http://www.thebackhorn.com/ をチェックしてください。

菅野:でたマニアックヘブン!これすごいマニアックなのしかやらないやつですよね?

山田:本当にマニアックな曲しかやらないので、知らない人が来ても楽しめないかもしれないですけど…(笑)。

菅野:それがいいですよね、潔くて。予習して来いよっていうね…(笑)。

山田:わかる人はカウントとかでウオー来たー!みたいなリアクションしてくれるんで嬉しいですよね。

菅野:フェスとかでは聞けない曲が聞けるツアーだと思うんで…名古屋からのスタートです。

山田:はい。

菅野:ということで4週本当にありがとうございました!最後にもう1曲聞きながらのお別れになるんですが最後はどの曲にしましょうか?

山田:はい、THE BACK HORNのいま一番新しい曲で、7月5日にリリースされたニューシングルを聴いてください。THE BACK HORN で“孤独を繋いで”

菅野:8月のマンスリーゲスト、THE BACK HORN 山田将司さんでした!1ヶ月間ありがとうございました!

山田:ありがとうございました!

マニアックヘブンツアーVol.11

マニアックヘブンツアーVol.11

2017/11/03 (金) 17:00 開演 @ THE BOTTOM LINE (愛知県)
[出演者]THE BACK HORN

詳細をみる

ARTIST INFORMATION

山田将司(THE BACK HORN)

THE BACK HORN(ザ・バックホーン)のボーカル。バンド活動と並行して、フェスやイベントなど数々の弾き語りライブに精力的に参加。2016年7月には石原さとみが出演するサントリー「鏡月」 TVCMソングとして2012年からオンエアされていた『きょう、きみと』を配信リリース。THE BACK HORNとしては、結成20周年目前に控え、 2017年7月5日には山田将司作詞・作曲のシングル『孤独を繋いで』をリリース。

RELEASE

SINGLE孤独を繋いで

孤独を繋いで

2017.07.05 Release
ビクターエンタテインメント

Amazonで購入する

ABOUTLiveFans Radio

近年、ライブ動員数は増加傾向にあり2016年は過去最高の4,768万人を記録。ライブやフェスといったリアルの場での音楽体験を求めるユーザーが増えています。本番組では、そんなライブに徹底的にこだわり、あらゆる角度からライブの魅力を紹介していきます。