1. HOME
  2. LIVE MASTERS
  3. Nothing’s Carved In Stone

LIVE MASTERS

Nothing’s Carved In Stone

2018.02 GUESTNothing’s Carved In Stone

テーマこれからのNothing’s Carved In Stone

Nothing’s Carved In StoneShimmer Song

菅野:菅野結以が@FMからお送りしています『LiveFans』2月のマンスリーゲストは、この方々です!

村松:こんばんは。Nothing’s Carved In Stoneヴォーカル村松です。

生形:ギター生形です。

菅野:よろしくお願いします。最終週になります。今まで色々LIVEについて話してもらったんですけど、最終週…今週のテーマは、これからのNothing’s Carved In Stone。未来の話をしようじゃないかという回です。そもそも4人はどうやって集まったんでしたっけ?

生形:最初、俺がひなっち(日向秀和)に声をかけて、「一緒にバンドやらない?」って話をして、そこからひなっちがオニィ(大喜多崇規)をすぐ紹介してくれて、3人でずっとやっているうちに拓ちゃん(村松)を…色々ヴォーカリストを探して、それで(村松を)見つけて、「一緒にやろうよ」ってなった感じです。

菅野:拓さんだけちょっと後輩というか?

村松:そう。だから最初は戸惑いましたよ。

菅野:すごい人たちいるなって?

村松:でも日本の第一線で、インディーからのし上がってきたプレイヤーたちの名前とかをしってるタイプではなかったんで、それはちょっと運が良かったかなと思って。

菅野:へぇー。逆にプレッシャー少なくいけた?

村松:そう。バカみたいなツラして、よろしく!とか言って、負けず嫌いを出してやるしかないみたいなところではあったと思うけど。それを実力がどうとかっていうところ抜きで仲間にしてくれたメンバーがいたからだと思うんですけど。

菅野:10年やってきて関係性とかって変わっていきました?バンドのなかで。

生形:それは変わっていきますね。根本は変わらないですけど、各々の役割がはっきりしてくるっていうか、例えば物販は誰が中心にやるとか、そういう細かい部分とかがみんな各々得意なところがあったりして。

菅野:へぇー。2人は何担当なんですか?

生形:でもそこまではっきり決まってるかなぁ。精神的な役割も…揉めたときは誰が止めるとか。なんかあったら拓ちゃんがやめろよって言うとか。オニィが和ませるとか。ひなっちが止めにくるとか。俺がひなっち止めるとか。そういう関係です。別に揉めごとじゃなくて、揉めごとに限らずの話(笑)。

菅野:10年あったらそれはありますよね、色々(笑)。今年は結成10周年のアニヴァーサリー・イヤーを迎えて、これからバンドとして目指す先はどんなところにありますか?

村松:最終的にどこにいくんだろうね。

生形:なんだろうね。

村松:先週聞いてくれていた人もいると思うけど、カッコよくあり続けている先輩みたいなのは、すごい目標だなって思うね、やっぱり。

生形:うん。そうだね。

菅野:ずっと現役で?

村松:そうそう。

菅野:こんなLIVEをしていきたいみたいなのは?

生形:LIVEとかは、その制作もそうですけど、そこさえしっかりしていればいいかなと思っていて。自分たちがやりたいLIVEをやって、作りたい曲を作って、それを聴いて良いと思って来てくれる人たちが今はいるじゃないですか。俺らみたいなジャンルにしてはすごくたくさん来てくれていると俺は思っていて、そういう人たちと一緒に、それが増えようが減ろうがやっていけたらいいかなと思いますけど。何だかすごい深い話になっちゃうけど、そういう感じかな。

菅野:それぞれヴォーカリストとして、ギタリストとしてこれから目指す先とかあります?

村松:すごい難しいですけど、欲みたいなのもあるんですけど、評価というかね。例えば、いま先輩たちの中で現役でやっているヴォーカリストとして名前がめちゃくちゃ日本中に知れ渡っているロック・ヴォーカリストの人とかいると思うんですけど、自分たちのバンドでやりたいことをやり続けて、ちゃんと自分たちが信じることを続けていって、最終的にはそういうところにどんどん近づいていくことができたらなぁとは思ってますね。だからそのためにはバンドのなかで、どれだけバンドのために何ができるかとか、そういうことになると思っているんですけど。

生形:俺も似てるけど、ギタリストとしてもそうだけど、バンドマンでいたい。俺らみたいな職業はミュージシャンとか言い方は色々あると思うんだけど、やっぱりバンドマン。バンドやってるのが一番楽しいし、うん。

菅野:素敵ですね。10代のときからバンドやっていて、今でもずっとそう思い続けられるっていう、変わらない部分があって。

村松:まぁ楽なのもあると思うんですけどね。

生形:うん、そうだね。バンドで大変なこともあるけど、1人は1人で大変だと思いますよ。

菅野:私すごい協調性がないんで、バンド絶対できないって本当に思うから。

生形:でもね、協調性ないバンドマンいっぱいいますよ(笑)。

菅野:Nothing’sは大丈夫なんですか?

生形:うちはわりと良いほうなんじゃないかなと思うけど。最終的にはお互いみんな気を遣うというか、そのへんのバランスがいいんですよ。誰かがバランスが崩れたときにそれを補うメンバーがいるのがバンドだと思っているから、そのバランスはいいほうかなと。

菅野:そうなんだ。四角形のいいバランスなんですね。

生形:と、自分では思っているけど。協調性はないですよ。

菅野:ないんだ!

村松:全然ない。

菅野:(笑)。そうですよね。アーティストだもんな。それでもやれるっていうのがバンドの美しさなんだなぁとほんとに思いますけど。じゃあ、プライベードでチャレンジしたいこととかあります?マネージャーさんも事務所も「何でも自由にやってもいいよ」っていうときに、今後やりたいことは?

村松:ちょっとやってみたいなというか、行ってみたいのはベーリング海。

菅野:ベーリング海?

村松:海。すごい寒いところの海で、めっちゃ荒波があるところでカニを獲ってみたい。

生形:へぇー。カニ漁?

村松:そう。でっかいカゴで、バッシャンバッシャンいって、「あいつが落ちた!」「上げろ、上げろ!」みたいな。

生形:何かで見たんだ、それを。

村松:テレビで1回見て、これやってる人には精神力敵わないなとちょっと思って。結構(自分は)精神力強いほうだと思うんですよ。我慢できるというか、まぁ協調性はないけど(笑)、それを超えてみたい。

生形:なるほど。

菅野:より過酷な体験をしてみたいということ?

村松:そうそう。

菅野:何でカニ?

村松:何だろうね。カニも美味いと思うし(笑)。

菅野:(笑)。

村松:友達とか誘って行きたいぐらいの感じですよね。

菅野:そんなラフに行ける感じ?(笑)。遠いそうだから時間かかりそうですけど。

村松:(生形は)あるの?

生形:俺ね、そのうち楽器屋でもやってみたいなと思って。

村松:あぁ!向いてるかもね!

生形:ちっちゃいところで。

村松:でもさ、なんか俺ショックだよ。街の寂れたとこで…。

生形:いや、俺は店にいなくてもいいよ。誰かとやって、俺は好きな楽器を仕入れて、それを置いといて。で、今いっぱいいるじゃん、エフェクター作れるヤツ。誰かいいの見つけてきて…。

村松:じゃあ俺、立ち行かなかなくなったらそこで雇ってよ。

生形:まだ何も決めてないから(笑)。そういうのも面白いなと思う。セックス・ピストルズのギターの人が、随分前だけど楽器屋をやってて、何か楽器屋のオーナー。いいなぁと思って。

村松:たしかにいいね。俺でもたしかにライブハウスはやってみたいと思う。

生形:多いよね。ライブハウスやりたいっていう人は多い。

村松:ちょっと楽しそう。本田圭佑選手がオーストリアのチームを買ってオーナーになってるみたいな、あの感覚はちょっとわかるところがある。一緒だと思うんだけど。

生形:うん、似てる。感覚は一緒。音楽に関わっちゃうけど…プライベートも。

菅野:結果音楽大好きなんだなという。未来の音楽の人たちに届けたいっていう感じですかね?

生形:それもあるし、自分がやっぱり好きだから、そういうのが。結局は。

菅野:へぇー。楽器屋さん、ライブハウス、オープンすることを楽しみにしてます(笑)。そして、なんと今日は2人、ギターを持ってきてくれていると。今ここにあります。ということで…今日は特別にスタジオLIVEを披露してくれるということで、いいんですか?

生形:もちろん。間違えても何も文句言わないでください。

村松:アーカイヴに残さないで…。

菅野:残す、残す!残しますけど(笑)。レアですよね、アコースティック。

生形:ちょっとさっき練習しただけなんで。

菅野:そうなんだ!どの曲をやってくれますか?

村松:これはNothing’s Carved In Stoneのテーマソングというか、代表曲のいくつかある曲のうちの1つだと思うんですけど、“Shimmer Song”っていう曲をやります。


STUDIO LIVE

Nothing’s Carved In Stone / Shimmer Song


菅野:ありがとうございました!” Shimmer Song”演奏していただきました。

生形:ちょっとぶっつけだったんですけど。

菅野:いやぁ、ぶっつけとは思えない、素晴らしい!

生形:聞かないようにしないと思ったね、録ったものは。

菅野:聞いてください(笑)。なんて強く優しく深く大きい曲なんだろう、歌なんだろうって。本当に包容力がすごい、海みたいな曲だなぁと。

生形:ありがとうございます。

村松:僕らのパーソナルな部分にはまったくない曲。

菅野:(笑)。奥底にあるんですよ、きっと。素晴らしかったです。本当にありがとうございます。ということで、ニューアルバム『Mirror Ocean』がこの前リリースされまして、ツアーが来月から始まりますね。

生形:はい、始まります。

菅野:Nothing’s Carved In Stone「Mirror Ocean Tour」3月8日(木)千葉LOOKから始まって、愛知には5月15日(火)名古屋DIAMOND HALL。ファイナルは…。

生形:ファイナルは、STUDIO COASTですね。

菅野:5月22日(火)新木場STUDIO COAST。全国たくさん回るということなのでね。

生形:はい。ぜひ遊びにきてください。

菅野:ぜひお近くの会場をチェックして、遊びに行ってください。

村松:待ってます。

菅野:ということで、4週、ありがとうございました!

村松・生形:ありがとうございます!

菅野:素晴らしい締めをいただきまして。最後にこのニューアルバム『Mirror Ocean』から1曲お届けしたいと思うんですけど、どの曲にしましょうか?

生形:4曲目の“Winter Starts”という曲を。

菅野:なぜこの曲にしたんですか?

生形:これは俺らでは決めかねたので、うちのマネージャーに決めてもらいました。

菅野:(笑)。マネージャーさんの押し曲。

生形:そうです。

菅野:一番近くで見てるから…。

村松:星のようなキラキラした目で「これで!」って。

菅野:(笑)。これでいきましょう。じゃあ最後に曲紹介をお願いします。

生形:Nothing’s Carved In Stoneで“Winter Starts”

菅野:2月のマンスリーゲスト、Nothing’s Carved In Stone村松拓さん、生形真一さんをお迎えしました。1ヶ月間、ありがとうございました!

村松・生形:ありがとうございました!

ARTIST INFORMATION

Nothing’s Carved In Stone

2008年 Nothing’s Carved In Stone 始動。
2009年に 1st Album「PARALLEL LIVES」をリリース。

その後、毎年コンスタントにフルアルバムを発表、現在までに8枚のオリジナルアルバムをリリース、自身のツアーの他、各地大型フェス等へ出演。

2014年リリースの 6th Album「Strangers In Heaven」ではオリコンアルバム・ウィークリーチャート10位を記録。
2015年3月、4月、5月「Monthly Live at QUATTRO」敢行。

それまでにバンドが発表した6枚のアルバム収録曲を3公演で全曲披露した。

2016年5月と2017年5月、2年連続で日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを敢行、2017年11月には自身初の海外公演となる台湾・上海にてワンマンライブを行う。
2018年2月、1年2ヶ月ぶりとなる 9th Album「Mirror Ocean」をリリースする。

RELEASE

CDMirror Ocean

Mirror Ocean

2018.2.14 Release
dynamord

ABOUTLiveFans Radio

近年、ライブ動員数は増加傾向にあり2016年は過去最高の4,768万人を記録。ライブやフェスといったリアルの場での音楽体験を求めるユーザーが増えています。本番組では、そんなライブに徹底的にこだわり、あらゆる角度からライブの魅力を紹介していきます。