ゲストと語るLIVEな30分!! RADIO LiveFans 毎週日曜 25:00~ FM愛知にて放送!

パーソナリティ菅野結以

プロフィール

※ 放送エリア外の方は、有料サービス
「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

週替わりのテーマでライブトークLIVE MASTERS

今週のテーマ 「THE BACK HORN で印象的だったLIVE」

菅野:菅野結以が@FMからお届けしています『LiveFans』
8月のマンスリーゲストは、THE BACK HORN 山田将司さんです!今週もよろしくお願いします。

山田:よろしくお願いします。

菅野:“孤独を繋いで”は、本当にTHE BACK HORN信じてきて良かったな、みたいに思えるような1曲だなと私は思っていて、ずっと孤独と向き合って孤独を肯定してきてくれたバンドだなと私は本当に思っていて、それがこのロックサウンドにガツンと乗るTHE BACK HORNの真骨頂をすごい感じる曲だなと思ったんですけど、この曲は山田さんの作詞作曲…どんな思いで作られたんですか?

山田:自分が音楽を聴き始めた中学校・高校の頃、自分の父親がちょうど亡くなったタイミングとかもあって、なんかこう…生きるって何なんだ?死ぬって何なんだ?人間て何なんだ?とか、そういうことばっかり毎日考えていて、孤独というか、学校とかでも誰とも話せなくなったりするようなことが結構あって、そういう自分の孤独なところを助けてくれたのが音楽で、音楽が孤独を肯定してくれて、「お前はそれで大丈夫なんだ」と言ってくれた気がして、それを今…そろそろTHE BACK HORNを始めて20年が来年で経とうとしているんですけど、このタイミングでもう1回自分の口から言えたのが嬉しかったですよね。その、<孤独を繋いで>という言葉が出てきたのが…。

菅野:<繋いで>というのがすごく今のTHE BACK HORNらしい感じが…。

山田:そうなんですよ。今じゃないとたぶん言えないし、各々孤独を認めあった上で繋がれたらそれは優しいし、自由だし、素晴らしい関係が作れるのかなとずっと思ってるし…。

菅野:それはやっぱりこう、20年ずっと続けてきて見てきた景色でそう思えてきたということなんですかね?

山田:そうですね。あとLIVEをイメージして作っていて、お客さんが、ひとりひとりがどういう気持ちで(LIVEに)来ているかはやっぱりわからないし、もちろん楽しみに来ている人もいるけど、助けを求めに来ている人も、「生きる力くれよ!」という気持ちで来ている人もいるだろうし、でも音楽に何かを求めて来ているのは間違いなくて、それはやる側の俺たちも実際何かを求めて音楽やってるし、音楽がお客さんと俺らを、あとは俺らメンバーひとりひとりもそうだし、それを繋いでくれてるのはやっぱり音楽だし、そういうことをあらためて曲にしたかったっていうところからできた曲なんですよね。

菅野:LIVEの画も浮かぶ曲だなとも思うんですけど…。山田さんとは毎週違った角度からLIVEをテーマにお話していて今週2週目のテーマは、「THE BACK HORN で印象的だったLIVE」…。

山田:お!なかなか難しいですよ、これ。ほんと難しかったけど…選ぶとしたら2008年6月7日の10周年のときの日本武道館のLIVEを…。初の日本武道館でやったときだなあ。

菅野:これはやっぱり10周年で初めてこの場所っていうのが大きかった?

山田:大きかったですね。あと、これだけの規模のワンマンていうのが初めてだったし…。

菅野:日本武道館というのはやっぱり目指す場所ではあったんですか?

山田:まぁちょっとカッコつけてるように思われるかもしれないですけど、そんなことはなかったですね。でもいざやるとなったらロックの聖地みたなところだし、あとはうちのベース(岡峰光舟)が柔道やってたんで、武道館という場所でできることに感動していましたけどね(笑)。

菅野:(笑)。ちょっと違う角度からの感動があったんだ。この日はどの辺がすごく印象的だった…?

山田:そのときはまだ10年で、でも10年だけど「あぁ、俺たち色々あったよなあ」みたいな感じはやっぱり…10周年のタイミングでインタビューとか色々受けるじゃないですか。「THE BACK HORN、この10年間どうでしたか?」みたいなのを。それを4人でインタビューがあると振り返る…あぁ、そういえば結成した頃はこんなことあったなあ、とか、メンバーの1人が気分的に落ち込んじゃった時期もあって他の3人で色々考えたなあ、とか、あの日のLIVEで誰かが怪我して…とか。そういう話をしていると、当たり前の存在すぎるじゃないですか、メンバーってほんと。ほぼほぼ毎日のように一緒にいるし、ずっと顔合わせていて挨拶もしない時もたまにあったりするくらいの仲というか…。

菅野:家族よりも家族みたいな…。

山田:そうなんですよね。だけど10周年のタイミングであらためてメンバーと一緒にやれてる喜びみたいなのを再認識したうえで気合いが入ったLIVEをして、そこでまたこれだけ一杯のお客さんがいてくれてるっていうことへの感動ですね。降ってくるんですよね、本当に、武道館って。歓声が。

菅野:って言いますよね。降ってきました?

山田:降ってきましたね。

菅野:それってやっぱり他のところでは感じられない感覚なんですか?

山田:他では感じられないですね。武道館だけですね。

菅野:よく魔物が住んでいるっていうじゃないですか。あそこ(武道館)に。何かありました?トラブル的なこととか?

山田:トラブルはなかったですね。全部良い方に俺らは転じることができたような気はしますけど…。

菅野:魔物に勝った?

山田:魔物に勝ちましたね(笑)。あと、国旗がぶらさがってるじゃないですか。あれがもう、サムライ魂に火をつける感じというか…。

菅野:(笑)。そうですよね、日本を背負ってる感という…。

山田:“コバルトブルー”というよくLIVEでやる曲があるんですけど、特攻隊をテーマにした曲で、国旗の下でやった時は全然思想的なものとかは置いといても、今の時代を一生懸命生きないといけないんだなと単純な気持ちで胸が熱くなって、やっぱり泣けますね。

菅野:このLIVEを経てTHE BACK HORNのLIVEが変わっていったこととかってありますか?

山田:やっぱり自信にはなりましたね。規模もそうだし曲数もこんなにやったのも初めてに近かったし、この4人でまだこれからやっていけるなという意志確認もできたLIVEでしたね。

菅野:このLIVEの前にジンクス的な何かをやったりしました?

山田:やったりというか…みんな同じような夢を見てたというのはありますね。

菅野:え!何それ!?

山田:これもう本当に見ちゃう夢で、夢の中で、武道館でもう始まってるのに自分だけいないのに、自分が寝坊して行ったとか。で、武道館に入ったら他のメンバーだけで演奏してるっていう夢を他の3人も見てましたね。(THE BACK HORN)4人とも見てましたね。

菅野:すごくないですか、それ。おそろしい悪夢を(笑)。

山田:不安で一杯だったんでしょうね(笑)。

菅野:全員同じ気持ちだったんだ!そのおかげで本番ちゃんと間に合ったのかも(笑)。

山田:そうかもしれないですね(笑)。

菅野:よかったあ。じゃあそのTHE BACK HORNで印象的だった日本武道館でのLIVEのセットリストから1曲お届けしたいなと思うんですけど…この曲はTHE BACK HORNにとってどんな曲ですか?

山田:そうですね…4人の絆を歌った曲、お客さんとTHE BACK HORNの関係、絆を歌った曲とか…絆を歌った曲ですね。日本武道館の本編の一番最後にストリングスが、幕が開いて登場して...みたいなことがあったんですけど、その曲を聴いてください。THE BACK HORNで“キズナソング”。


今週のテーマTHE BACK HORN で印象的だったLIVE

Chosen to Live

KYO-MEIライブ ~裸足の夜明け~

2008/06/07 (土)
@日本武道館 (東京都)
[出演者]THE BACK HORN

詳細をみる

Setlist

  1. 1.覚醒
  2. 2.野生の太陽
  3. 3.幾千光年の孤独
  4. 4.光の結晶
  5. 5.生命線
  6. 6.罠youtube
  7. 7.世界樹の下で
  8. 8.ジョーカー
  9. 9.アカイヤミ
  1. 10.ひとり言
  2. 11.夢の花
  3. 12.未来youtube
  4. 13.声
  5. 14.ブラックホールバースデイ
  6. 15.コバルトブルー
  7. 16.刃
  8. 17.キズナソング


Encore 1

  1. 1.サニー
  2. 2.涙がこぼれたら
  1. 3.無限の荒野
  2.  

Encore 2

  1. 1.冬のミルク
  1.  

ネクストブレイクアーティストを紹介NEXT FANS

NEXT FANSビッケブランカ

このアーティストを一言で例えるなら一言で例えられないカメレオン・シンガーソングライター

菅野:ここからのコーナーは「NEXT FANS」。

LIVEに定評のあるアーティストであることはもちろん、注目のネクストブレイクアーティストを紹介していきます。

今週紹介するNEXT FANSは…ビッケブランカ!

このアーティストを一言で例えるなら…一言で例えられないカメレオン・シンガーソングライター。ビッケブランカ。

ジャンルレスにPOPとROCKの間を自在に行き来する、新しいタイプのシンガーソングライター。ビッケブランカとは<純真無垢な下っ端の海賊>という意味。
ドラマチックに展開されるLIVEが高く評価されていて、メジャーデビュー後の全国ツアーは、全ヶ所ソールドアウトするなど、いま注目度がとっても高まっているアーティストです。

今日はそんなビッケさんからコメントが届いています。お願いしま〜す!


ビッケブランカ:
LiveFansをお聴きの皆さん、菅野結以さん、こんばんは〜。
ビッケブランカです。

私、ビッケブランカは、バンドだと思われがちですけども、僕ひとりで、ビッケブランカという名前でやっております。ピアノを弾いて、ピアノROCKをやっている人間でございます。愛知県出身です。高校生までずっとこの街で育ちました。是非ともお見知りおきをよろしくお願いします。

この番組はLIVEを愛する人々の為のミュージック・プログラムということですので、質問を頂いています。

<一番印象に残っているLIVEは何ですか?>ということでですね、2015年に僕がすごく大好きなヨーロッパのアーティストのMIKAという男性シンガーがいるんですけども、彼が日本で、新木場スタジオコーストというライブハウスでやったLIVEがすごく印象に残ってますね。ずっと好きだったし、MIKAというアーティストの音楽性がビッケブランカを変化させたと言っても過言ではないので、そんな本人のLIVEを見ることはすごく刺激的でした。それからまた創作意欲がすごくグーンと上がったのを覚えてます。

僕自身のLIVE、ビッケブランカのLIVEといいますと、結構レコーディングの時は色んなことを直感的に判断して、やりたいやりたくない、いれるべきかいれないべきか、みたいなのをその場のアイディアで判断していく場合が多いんですけども、LIVEに関してはちゃんと演出したりするのも好きだったりして、レコーディングされたものとは全然違う形で皆さんに聴いてもらえるというか、全く違う時間を感じてもらえるんじゃないかなあと自分では思ってたりします。

皆さんは実際どうなんでしょうか?

そんな私ビッケブランカですが、7月5日にメジャー1stアルバム『FEARLESS』というのをリリースしました!

曲を作りながらアイディアを全部生かしていくスタンスで、本当に今、この1stでやれることは全部やりきれたんじゃないかなという納得作、自信作になっていますので、是非とも皆さん聴いてほしいなと思っています。

そのツアーももう決まっていますね。

9月から始まる「FEARLESS TOUR 2017」の第1回目公演が、ここ愛知県名古屋市、私の地元・名古屋ダイアモンドホールのワンマンからスタートします。
9月14日(木)から、10月14日(土)の東京・赤坂BLITZまで走りきろうと思ってますので是非ともアルバムを聴いていただいて「面白いじゃんコイツ」って思ってくれたら、遊びに来てくれたら嬉しいなと願っております。

それではビッケブランカの1stアルバム『FEARLESS』から1曲聴いてください。

“THUNDERBOLT”


菅野:ビッケブランカさん、コメントありがとうございました!

ビッケブランカの1stフルアルバム『FEARLESS』から“THUNDERBOLT”をお送りしました。

歌声がふくよかですよね。懐の深さがあるというか、自由にキャッキャッと音楽で遊ぶような無邪気さもありながら母性みたいなものも感じるんだよなあと思って…。

最近はラッパーのSKY-HIと曲を共作したりだとか、本当に表現の幅がめちゃめちゃ広い人だから、まぁ一言で表すのが難しい!もう掴めない!これからもきっとどんどん変わっていくんだろうなと思うので、目が離せない存在だなと思いますね。

そしてアルバムをひっさげてのツアーは地元名古屋からスタートするということで、9月14日(木)名古屋ダイアモンドホール、是非是非皆さま、チェックしてみて、足を運んでみてください。

ビッケブランカさん、ありがとうございました!

『Moon Ride』(official music video)
<span>CD+DVD</span>FEARLESS

CD+DVDFEARLESS

2017.07.05 Release
avex trax AVCD-93697

Amazonで購入する

ビッケブランカ

ビッケブランカ

1987年。愛知県生まれ。

美麗なファルセットヴォイスと緻密なコーラスワークを独創性に富んだ楽曲に昇華させ、ジャンルレスにPOPとROCKの間を自在に行き来する、新しいタイプのシンガーソングライター。
人懐っこいキャラクターと爆発的な瞬発力でドラマチックに展開されるLIVEも高くく評価され、メジャーデビュー後の全国ツアーは全箇所ソールドアウトするなど、注目度が高まっている。

ビッケブランカとは”純真無垢な下っ端の海賊”という意味を持つ。

詳細をみる

ライブ情報

MONTHLY GUEST山田将司
(THE BACK HORN)

THE BACK HORN(ザ・バックホーン)のボーカル。バンド活動と並行して、フェスやイベントなど数々の弾き語りライブに精力的に参加。2016年7月には石原さとみが出演するサントリー「鏡月」 TVCMソングとして2012年からオンエアされていた『きょう、きみと』を配信リリース。THE BACK HORNとしては、結成20周年目前に控え、 2017年7月5日には山田将司作詞・作曲のシングル『孤独を繋いで』をリリース。

NEW RELEASE

SINGLE孤独を繋いで

孤独を繋いで

2017.07.05 Release
ビクターエンタテインメント
VICL-37285
1,200円(税別)

Amazonで購入する

PERSONALITY菅野結以

1987年千葉県生まれ
10代の頃よりファッションモデルとして活躍。
アパレルブランド「crayme,」(クレイミー)などのプロデュースを手がける。
音楽シーンへの造詣も深く、近年はその動向ぶりに注目が高まる人気モデル。

TFM『RADIO DRAGON -NEXT-』パーソナリティ
徳間書店『LARME』レギュラーモデル
Instagram : yui_kanno
Twitter : @Yuikanno

Photo:©小林邦寿(KUNIHISA KOBAYASHI)

リクエストや応援など
番組へのメッセージを募集中!!

メッセージを送る

RADIO LiveFansとは?

近年、ライブ動員数は増加傾向にあり2016年は過去最高の4,768万人を記録。ライブやフェスといったリアルの場での音楽体験を求めるユーザーが増えています。本番組では、そんなライブに徹底的にこだわり、あらゆる角度からライブの魅力を紹介していきます。

コーナー紹介

  • LIVE MASTERS

    話題のアーティストをマンスリーゲストに迎え、初めて観たライブ、人生を変えたライブなど、週替わりのテーマでトークを展開

  • NEXT FANS

    今後ブレイクが期待される、ライブが魅力的なアーティストをご紹介。スタジオライブの模様などもオンエア

  • GUITAR FANS

    毎月1組のギタリストをピックアップし、エフェクトボードに関する話など、ギタリストならではの秘話を動画で紹介

BACK NUMBER