×

ハイレゾ特集(320_50 headline)

新着ライブレビュー

開催期間中のレビューを全て表示

≪Prev12345|…35

石田洋介 @ ハモニゴン×石田洋介

2017/05/26 (金) @ アースリーパラダイス(神奈川県)

うのじ。 さん

石田さんと、ハモニゴンのギター高岡けいゆうさんとは、昔からお付き合いがある(後で伺った話だと、河合英史さん、ラリー小野田さんなど、石田さんが10年くらい前まで一緒に組んでらした皆様あたりがご縁な模様)のに、一度も共演したことはなかったんだそうです。ハモニゴンはインストルメンタルバンドなので、確かになかなか機会はなさそう?かな? アースリーパラダイスは小さいハコなので、お互いの演奏をお互いが聴きながら待つ、という形になるのですが、2組ともお互いの音にワクワクしてるような空気がありました。 最後はPUZZLEをセッションしたのですが、とても楽しかった。 途中、「僕らの演奏に石田くん、自由に入ってきて構わないから」と武田さんに言われて「何をすればいいんですか」「即興で歌詞つけてもらって」「無理ですよ(笑)」なんてやりとりもありましたが、お互いの曲をやる、と言う、そんなセッションも聴いてみたいです。 アスパラでやるときはいつもふんわりした空気になるんですが、この夜も石田さん、ゆったり柔らかくやってた気がします。 とにかく料理が美味い!アスパラにふさわしい「おいしいものを食べよう」から。ロケンロール!の一言で始まってご機嫌ご機嫌。 …と思ってたらそのまま、何やらギター鳴らし始めて「久しぶりにやっちゃおうかな」と「借り物競走」! ピャーッ!て自然に両手が上がったよね! すんごいラフに、すんごいちょっぱやで、ショートバージョンでしたけど、この2年半ずーーーっと、一度、今の石田さんの声で聴いてみたかった曲だったので、歓喜!!以外なかったです。 歌詞くっそ間違えてたけど! いいんです! 途中、頭ぶんぶん振りながらのギターフレーズ、かっちょよかったね! スイング強めで痺れました。 この曲ね、歌詞が石田さんの曲の中では比喩が強いし、ワードの使い方がむったくそ尖っててほんとに面白い曲です。聴いたことない人はぜひ「ハッピー・バースデイ」に入ってるので買って聴いてみてください。 けいゆうさんとのご縁で昔の曲をやろうと刺激されたのかなー? ともかく、神様、石田洋介に気まぐれを起こさせてくれてありがとう! そのまま「ライブハウス」まで、ぐっとビート強めにラフな感じで立て続け。 途中、みんな魂焦がしてる、を声を潜めて繰り返してブレイクを入れるとこがねーほんとにほんとに好きでねー(石田さんいわくの「テクニック」?・笑)。 そこから、サビにばーん!と再び爆発するところがたまらんとです。 青春の鬱屈と発散、て感じがする。 ライブハウスは、最後のスキャット入る形は久々でした。これも、石田さんの気まぐれ。 いきなり崩れるような君の笑顔。 この夜もスイング強め、スキャット多め。 途中、歌詞がごしゃっとしたのか盛大に噛んでいた(笑) (君が悪魔でも僕はかまわない、が、僕まままわないになってた…) そして、直後に「滑舌悪くて気が滅入る」と歌詞を替えてきた(笑) そんなゆるさもあり、なアースリーパラダイス。 MCでもちょいちょい噛んで突っ込まれて「こういうときはもうねゆっくり喋りましょ…喋りたいことがたくさんあるとね、どうしても生き急いでしまうから」。「生き」急ぐほどの話なのかとこれまた皆に突っ込まれてましたが(笑) そんな空気の中、「満天の星」。 途中から遅れていらした方々が入るのを待って、サビ前のほんといいとこではあったんですが、ふっと笑って、いらっしゃいませ、と言って、また何事もなかったように歌い継いで。 このあたりの自由さ加減が石田さんのライブで好きなところ。「自分が気持ちよく唄うこと」を優先しない。あ、いやそりゃいい環境できちんと唄うこと、はプロなんだしいつだって求めてはいるんでしょうけど、その場その場の聴衆も含めた現場のいい空気を保つことのほうを大切にしてるんだろうな、と、そして、どんな状況でも歌えるよっていう自信とをいつも感じます。 けいゆうさんのリクエスト、という「空っぽの僕、犬とお散歩」。 ラストは自家製フェイドアウト! 囁くように、囁くように。しん、と。でも最後はにっ、と笑って「おしまいです」(笑) 「なくなってほしくないものは、普段から意識してきちんと手にしないとだめですよ」 ちょうど明治の「カール」が、販売不振による製造工場集中化で関東以北での発売がなくなる、というニュースでざわざわしてた時で。 「なくなるってわかってから騒ぐんじゃなくて、普段から買っておけって話でしょ? だから僕はCD買いますよ」 「次の曲もそんな唄。愛とか自由とか、ちゃんと大事にしないとなくなるよ、ってそんなことを唄ってる。久しぶりに唄います」と「PeopleGetReady」。カーティス・メイフィールド。 途中から、石田さんの訳詞で。 しん、と皆、聴き入って。 続けての「ソウルシンガー」とともに、様々な想いが小さなハコ中に充満してた。 この夜の「ソウルシンガー」はピリッと辛いソウルシンガー。 ビリビリと石田さんの声の震動が頰をかすめていく。熱くて、音が痛いほど。 真っ暗で何も見えなくても 聴こえるだろう やかましいあの声 このときもですが、後ろのPA卓を操作しながらマスターやけいゆうさんが、時々、渋い声でyeah、と合いの手入れる時があって、すごくね、その感じがご機嫌でした。 楽しんで聴いてる、いいな、と思ってる、そんなことが短い中にこもってて。 そして「アイタイ」。 石田さん、イントロでみんなにも唄って欲しいんだ、と言いながら「みんなは、アイタイ人は近くにいるのかな? 遠いのかな?」と尋ねる。 私はもうこの曲を聴いた最初から、遠い空の向こう、このリアルな世界では2度と逢えないあの人のことしか浮かばない曲なので、ふっと天を見上げていたのだけれど、そこに「距離は関係ないよ、アイタイ気持ちが全てだよ」と優しい声で添えて歌い出したものだから、ぶわ、と世界が潤んでしまった。 みんながアイタイ!とコールする中、喉が詰まってなかなかできなかった。 えい!と心に馬力をかけて、ラストは大きく大きく声を出したけれど。 強く、ゆかしい、という気持ちにさせられた、この夜のアイタイでした。 石田さんも、ずっと昔からの縁がもたらしたこの夜のライブで、そういう「ゆかしさ」があってのこの夜の選曲いろいろだったのかもしれないな、と感じてます。 最後はセッション。PUZZLEを。ハモニゴンとのセッションは本当に新鮮だったので、また、何曲かセッションを混ぜつつ、共演してくれたらいいな、と思います。石田さん、何度も何度も「でっかい声出すよー!」って言っていて、2月のアスパラでは「8割から9割」だったこともあったので、ここで10割の声を聴かせられるのは実は初めてになるんですよね(ベミーズの8月もちょいちょい高音、擦れてたので)。 そんな気持ちも働いてたのか、いつも以上にでっかいでっかいでっかい声で歌ってたように思います。

石田洋介 @ 灯ともし頃

2017/06/10 (土) @ 大塚大塚Donfan(東京都)

うのじ。 さん

サンダルバッヂの赤松クニユキさんがシリーズとして行っているジョイントライブに石田洋介、初参戦。大塚ドンファンも初めてだったそうで、どんなところだろう、と思ってきたら、知った顔ばかりだった!!そうです。 ひとちゃんが演奏するのは事前に石田さんからお知らせありましたが、まさかの春日井さんまで! ほんとに遊びに来ただけなのに出ちゃった!って感じだったようです。昨年夏の名古屋以来のこの顔合わせ。 ご機嫌じゃないわけないじゃなーい? 赤松さんとは、2015年秋に赤松さんのレーベル発足パーティーに石田さんがゲストで出て以来、約2年ぶりでした。 ライブは、二部構成で、一部は赤松さんからの石田さん、二部は石田さんからの赤松さん。 石田さんはひとちゃんと春日井さん連れてきてたのもあって大盛り上がり!な音で赤松さんに引き継いだんですが、赤松さんはひとり、ギター1本なのでずっと、ずるいずるいってぼやいてて。でも、そのあと歌い出した第一声から、あの場の空気が一気に締まって、ガラッと変わった。初めて赤松さんの唄を聴きましたが、空間の支配力、声の力は素晴らしかった。 ご本人は不調だとおっしゃってて、終わってからもだいぶダークだったんですが(御本人のツイートもだいぶ凹み調…)、不調でああなら、本調子はさぞ、と思わせてくれる声でした。本調子の赤松さんの唄に逢いに行きたいです。 そんなわけで。 赤松さんについてはほぼ何も把握してない状態で聴いてたので、セトリも不明ですが、新曲も交えつつの7曲ほど。 中では、1部の3曲目に唄った「かげろう」でしょうか、非常にしみました。 身体的な感覚なのでうまく言えないんですが、聴いてるうちに自分の眉間から胸にかけて「開いた」んです。すぱん、と。そこに赤松さんの声が流れ込んでくる感覚。わっ、と音が身体に入り込んできた。涙が無意識に湧きました。 音を高くするときに、少し声がキュッと跳ねる感じがなかなか切なかったな。 さて、先輩・石田洋介。 最後だったかな、「俺だって、今日、ベストだと思ってやってはいませんよ? いやそりゃ、いつでも命削って歌ってますよ、歌ってますけど、歌ってりゃ色々あります…」と話しつつ。 この夜は、急遽、春日井さんが入ったこともあるし、赤松さんが割と早めに白ワイン飲んじゃってたのもあって石田さんもいきなり白ワインいっちゃって、完全に酔っ払ってはいないまでもなんかふわふわはしてて、ノープランモードがいつにも増して炸裂してました。 ほんとに考えてなかったらしくて(いつもはそうは言いつつ、メモくらいはあったり、iPhone見たりはしてるけど、本当に何も見なかった、カンペも用意すらしてなかった)、ほとんど、ひとちゃんと春日井さんへの指示は、「えーと、アレだ、アレやろう」 …どこの熟年夫婦だっ(笑) でもね、これで、ポロン、と石田さんが頭のコードを弾くと、ひとちゃんも春日井さんもああはいはい、とうなづいてやれちゃうんですよね。そのあたりの3人のフレキシブルさがとても心地よかった。 セトリを決め込んだみっちりしたライブも好きだけど、こんな風なフリーなライブも楽しいものです。予測できないしね。 ピアノ、今村仁美。前日のやまはき玲さんのサポートよりも、ひとちゃん、少し、厳しい顔つき。でも楽しんでるのがよくわかる。ぶっつけなので緊張感が強かったのかな。 石田さんとやる今村仁美は、かっこいいんですよ。ふっ、と歌の世界にトランスしてくことが多々、石田さんの声に身体ごと溶け込んでいこうとしてるかのような。 パーカッション、春日井直人。春日井さんはもっと石田さんと最近一緒にはやってなくて(名古屋での4月の加藤總本家以来)、なのに、すぱっとついてくところがほんと憎い。 わくわくしちゃったなあ。まずこの3人の顔合わせ、東京じゃ難しいですからね、ほんとレアでラッキーでした。 おいしいものを食べよう、そして、ライブハウス。ずっとCDで聞き込んでた春日井さんのパーカッションに、ひとちゃんのピアノで聴けるなんて幸せの極致! ドンファンは、本当にきれいなハコだった。明かりも、壁も、内装全体も、空気もとても。 SHINOBUさんとHIDEさんの細心の目配りが至る所に届いてる感じ。 6/10はレイ・チャールズの命日だそうで(久々に出たぜ、命日マニア)、でもレイ・チャールズなんて歌えないんでね、その代わり天にいる偉大なミュージシャン達に捧げます、と、ソウルシンガー。お酒の力も働いたのか、声が大きく揺れて、揺さぶられて、漂うようなソウルシンガーで、聴いてて心地よすぎて半分くらい眼を閉じて揺れていた。 後半は畳み掛けるように観客参加型の曲を。僕らは友達、そして、PUZZLE。 狭いドンファンに響きすぎるほど響く、みんなの唄声!石田さん、実に久しぶりに、最後に「みんながいるから僕は唄える」と歌ってた。おお、と思った。ドンファンの雰囲気、とてもよかったのでそんな気持ちになったのかもしれないです。 とにかくこの夜の石田洋介は、いつも以上に予測できないフリーダム。 最後はアイタイ。ジャズバーで、これを持って来たかっ!ストレートに熱いぞっ! アンコール。 「なんかやれって言われるとやりたくなくなるから、言われる前にさっさとやろう」と憎まれ口叩きながら選んだのは「パーティは終わった」。一瞬で石田洋介ワールド。 最後の最後に、おまけ、な感じで、ハッピー・バースデイ。アイタイの最後に久々にテイラーちゃんの弦を切ってしまったので、ギターなし! ピアノからってなかなかないので、ひとちゃんが少しキーに迷いつつ弾き始めてたけど、よし、って掴んでからの集中力、凄かった。そして、始まるや否や、すでに終わりモードでソファにくつろいでた春日井さんがバッ!と立ち上がってスタタターーッとパーカッション前に飛んでった、あの背中にも惚れました。ほんとかっこいいな、この人たち! 大好きな、GetUp,StandUpを盛り込む(それも本編まで長めに!)バージョンで、一番後ろで、巣鴨からいらしてたご夫婦の奥様とウェイウェイ一緒に盛り上がりました。 ひとちゃんの、春日井さんの、石田さんの笑顔と、なんとも居心地のいいドンファンの空気とで終電まで皆さんと楽しく飲んで笑ってふらっふらで帰ったこの夜。 あー、楽しかったなー! ほんとにいい空間でした。

うのじ。 さん

その夜のHugoは、熱かった。 実に、熱かった。 Hugoの店内に観客の声が充満する。 石田さんの声がそこに大きく重なる。 THE GOT KNEED STONEの音がさらにそれを増幅させる。 誰もが心地よく唄っている。 PUZZLE。 ちょうど1年ほど前、パルシティでのpuzzleコンサートのために書かれた曲。 初めてこの歌がファンの前で歌われたのもここ、Hugoだった。 1年経って、キャラクターファンにも、石田洋介ファンにも、すっかり浸透したこの曲を、皆、もはや躊躇うこともなく、唄っている。思い思いに。 何度も繰り返されたコーラスの果て、最後の最後に大きく息を吸うと、石田さんが歌詞を変えて歌い出した。 「みんながいるから 僕は笑える」 そして、破顔。 歓声が上がる。 「そばにいて ピースしよう!」 フロア中に溢れるピースサイン! そして、そのまま叩きつけるようにドラムが鳴って、「ふたりの屋根」に突入する。 音が熱い! とたん、血が逆流する心地がした。 PUZZLEからふたりの屋根に流れる展開は初めてではないのに、明らかに違う。 音が脊髄を駆け抜けるような快感があって、たまらない心地になる。 ぴょんぴょんと飛び跳ねたい気持ち。 この日の石田さんは、ライブの頭からひどく煽情的で、アグレッシブだった。 立て続けに歌う、休まずに歌うことに、石田さんも快感を覚えていたように見えた。 このフィナーレは殊更にだ。 前へ、前へ。高みへ。遠いところへ、私達観客を連れて行こうとする。 客席を強く煽りながら、自身も大きく頭を振ったり、身体を揺すって歌う。 THE GOT KNEED STONEもそれに強く応えていく。 興奮した感情が行き場を失って、思わず涙が出た。哀しくて、じゃない、あの気持ちをうまく言える気がしないが、あえて言うなら幸せで、だ。 石田さんが唇を突き立て、スキャットを繰り返して、曲の終わりに向かうとき、これもまた心を掻き立てるように強く強く、森さんのドラムがバンド全体の音を巻き上げていく。 そして、終わった!と途端に、アイタイ!!の強いビートと声! ハコの中が再び強いテンションに巻き込まれる。 どこまで上がっていくんだろう、私達? この頃には完全に涙腺がやられて、汗を拭うふりをして涙を何度も拭った。 我ながらどうかしてると思ったけど、どうしようもねえじゃん、勝手に出てくるんだもん! 走り回りたかった。 立ち上がって踊りたい気持ちでいっぱいになりながら、一緒に歌った。 なお一層煽る石田洋介。 みんなも、アイタイ!アイタイ!と強くコールしてる。 声の渦。 音の奔流。 肌が粟立つ、とよく言うけれど、それだけじゃなかった。 音が皮膚の上を走るなんてレベルでなく、血管の中を音が駆け抜けていくような、そんな快感に身を浸す。 2017.6.18、石田洋介、「MOSAIQUE」リリースパーティー。 ラストはそんな怒涛の中にあった。 あの場にいた人間だけが知っている、贅沢な時間だ! 石田洋介「MOSAIQUE」リリースパーティー 第2弾! 梅島 Live&Bar Hugo 2017.6.18 第2弾です。 普通、月またぎで同じハコで2回やんないですよね、ツアー回って凱旋とかならともかく(笑) 普通じゃなくてもやっちゃうところが石田洋介。 さみっとの任命式の関係で石田さんがリハに遅刻したり、店長ギリギリだったり、開場はちょとバタバタはしつつも、10分も押さずに始まった…と思います。 先月の第1弾と比べると、いきなり崩れるような君の笑顔、おいしいものを食べよう、いたいのいたいのとんでいけ、フレッシュチーズとトマトのサラダの4曲がはずれて、代わりに、It's so funny〜、こもりうた、きゃらきゃら天国、パーティーは終わったの4曲が増えた。 いたいのいたいのとんでいけ、をはずしたのはちょっと意外でした。 Hello! Hanyu☆Hanyuが前回はアンコールだったのが本編に入ったのも。 日が日だったし、前回よりキャラファンが多く来てた感じはあるから、その辺が理由かしら。 MOSAIQUEの曲を中心にしたトータル18曲のたっぷり感は変わらずです。 冒頭、同じハコで月またぎでやると言うので、みんなに「飽きてんじゃねーだろーなー! 飽きたのか!?」とかましたら、ビミョーな反応が返ってきてたけども(笑)飽きはしませんよ。 なぜなら、ハコが同じだって毎回、客も変われば空気も変わるのがライブですから! 先月感じた、Hugoという馴染みのハコへの安心感はそのままだったんですが、より、石田さん、アグレッシブで、なんだか、歌うことに貪欲だった印象です。 スパスパと三曲続けて歌った後で「前回も休みを入れずにやって気持ちよかったんで今回もそうしようかと思う」と話してたし、実は直前の羽生で任命式だけ出ると話してたのが結局、Hello! Hanyu☆Hanyuを歌ったんですが、この時の声が、思わずハッとするほど伸びてたんですよね。 あっ、すごく今日、調子いいな!と思った、そのまんま来たHugoで、やっぱりすごく伸びてたと思う。 バリバリ出てた。 そんであの怒涛のラストだもの。 同じハコで、観客も半分くらいは先月も来てた顔触れだったけど、おそらく、同じことをやってる、という印象を持った人はいなかったと思う。 より、アグレッシブ。 より、貪欲。 より、音楽に集中した時間。濃密な空気。 音楽だけをぎゅっと絞り出したようなそんな2時間半でした。 最高でした。 最高だったよー石田さーん!

≪Prev12345|…35

バナー

バナー

LiveFans presents
CHABOのマジカルMUSICツアー

<span>LiveFans presents</span><br>CHABOのマジカルMUSICツアー

今回のテーマは、「旅」

2017/05/22 (毎月第4月曜日放送)

特設サイトへ

お気に入りのアーティストやライブの最新情報がスマホに届く!!

今すぐユーザー登録

>> LiveFansについてもっと詳しく <<

まとめ

フジロックまでに知っておきたい「小沢健二について」
フジロックまでに知っておきたい「小沢健二について」
オザケンこと小沢健二が本格的に音楽活動再開!フジロックへの出演も決定!でも全盛期はもう20年以上前…知らない世代もこの天才を知っておこう。

2017/06/21

まとめ一覧を見る

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

LiveFansアプリ好評配信中!

ライブファンズ大賞2016

ジョルテカレンダー