新着ライブレビュー

開催期間中のレビューを全て表示

≪Prev12345|…6

小田和正 @ 沖縄アリーナ(沖縄県)

2022/12/01 (木) 18:30開演

イチローさん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

前日に引き続き、今年のツアー最終日、行って来ました。 最終日とあって、小田さんは気合いが入っていたように思います。 スタレビの要さんから「沖縄でやりなよ」と公演を勧められも「呼ばれてないし」と返事したそうですが、今では沖縄での公演は何よりの楽しみになったようです。 「涙そうそう」を小田さんの優しい歌声で弾き語りで歌ってくれました。 そして本来なら最後の曲の「また会える日まで」を合唱して、このまま舞台を去って終演となります。 しかし最終日のこの日は、合唱後、バンドメンバーが全員楽器の位置に戻りはじめて、何が起こるんだろうと思ったのも束の間、演奏が始まり「こんど、君と」をもう一度、一番最後に歌ってくれました。 最後はマスクのまま、多くの観客が囁くように小田さんと一緒に歌って、ツアー最後のひとときを噛みしめているようでした。 小田さん、長いツアー、本当にお疲れ様でした。 バンドのメンバーはもちろん、多くのスタッフの皆さんのおかげで、素晴らしいライブを堪能させて頂きました。 ご当地ビデオも、公演前日あたりに撮影したと思われますが、短い時間でとても楽しい内容に編集もされていて、あっという間の2時間40分でした。 「こんど、君と」の歌詞にある「想う人がいる、想ってくれる人がいる」とあるように、私たちは小田さんの曲と歌声に想いを寄せていて、小田さんには、いつまでも想ってくれる一人一人のファンであり続けたいです。 そして、「もう少しこの先へ行ってみよう もう少しだけ」とは言わず、小田さんには、ずっと先へ進んでもらいたいです。

小田和正 @ 沖縄アリーナ(沖縄県)

2022/11/30 (水) 18:30開演

イチローさん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

本来は8月の予定が小田さん本人がコロナに感染してしまって、予定が変わってツアー最終の初日の公演でした。 今年完成したばかりの沖縄アリーナで、コンサートとしては4組目のアーティストとして開催。 普段は琉球ゴールデンキングスのホームとして、何度も足を運んで来ましたが、私自身、この会場でのコンサートは初めてで、収容人数8,000人規模の会場ですが、4階席まで満席で、音響も大変素晴らしく、日本武道館のように客席から見下ろす感覚で、どの席からも楽しめたと思います。 今回のツアーも、曲目、演出、演奏者、会場のオーディエンス(観客)、何より小田さんの歌声も大変素晴らしかったと思います。 「こんど、君と」の前のMCで、「コロナがまた増えちゃって手強い。元気に生きて下さい」と話して歌い出しから涙ぐむ小田さんを観て、もらい泣きしてしまいました。 演奏者の皆さんのコーラスも素晴らしかったです。 特にストリングの皆さんは楽器を片手にマイクを持って、それがスクリーンに映し出されると、会場がより一体感があって良かったです。 オフコース時代からのファンの私は、ピアノ弾き語りで歌ってくれた「水曜日の午後」は、当時から大好きな曲で、とても懐かしくて40年前の気持ちにさせて頂きました。 ダブルアンコール前の「YES-YES-YES」は絶好調に盛り上がって、会場全員から指差しを受ける小田さんの表情、最高でした。 最後に演奏者と一緒に歌ったアカペラの「また会える日まで」は、この曲はCD化されてなく、2016年にバンドメンバーとストリングの練習曲としてあったようで、フルバージョンで聴けるのは、ツアー参加者だけで、終演後も頭に「また会える日まで〜」のフレーズが残っていて感慨深い曲だと思いました。 小田さん、また会いたいです、絶対に‥ 今年のTBSの「クリスマスの約束」は中止と発表されたばかりで、とても寂しいですが、小田さんには、ずっとずっとこの先へ進んでもらいたいです。 小田さんの歌声は永遠です。

赤菱さん

これが周年ライブの王道って感じのセトリで満足。 個人的には曲数が少ないのとマスカレードを聴きたかったけどセトリに入っていなかったのが残念。 それでも、周年ライブを謳っていて、セトリに新曲を入れたり最新作のアルバム曲を入れたりするミュージシャンから比べたら間違いなく潔の良いセトリだと思う。 周年ライブって言うのはベタでいいのだと思うな。 自分の中では佐野元春の35周年、35曲と2018年の椎名林檎に次いで安全地帯40周年がベスト3に入る周年ライブだったな。 しつこいけど、曲数を20〜22曲くらいだったら完璧だったかな。 4日前のラッキリのライブで熊木幸丸が25曲ぶっ続けで歌い踊りまくっていたのに驚愕していたが、64歳の玉置浩二が17曲まで、一切のMCがなく(途中一度インスト時に下がっだけど)歌い続けたことにも驚愕。 大体、若いミュージシャンでも4〜5曲に1度はMCを挟んで呼吸を整えたりするもんだけど、あの年齢で100分を歌い続ける喉と体力は感服するしかないし、シンガーとしての矜持を見せつけてくれた気がした。 シンフォニーで観る玉置浩二にはなかった凄みというものを感じさせてくれたようでもあった。 安全地帯というバンドがあっての玉置浩二であり、また逆も然りで、この4人(drの田中はいなかったが5人)でこそのサウンドを生で聴けたことはラッキーだった。 サポートもツインドラム&パーカッションという、中々観られることない編成で、サウンド的にはドゥービーブラザースやオールマン・ブラザース・バンドのような深みと厚みがあり、生ドラムなのに2つあることで複雑な拍子を出しているプレイは打ち込みさえもドラム2台で簡単に出してしまうように感じた。 それと久々にAMAZONSのコーラスを聴けたことや初めてトオミヨオを生で観られたことも個人的にはラッキーだった。 父親の須藤晃は僕らの世代からしたら、間違いなく知らず知らずの内に耳に入ってきていた名プロデューサーだったし、玉置浩二のプロデュースをしていたその子供のプレイを、しかも安全地帯で観られるのは感慨深い。

ゲストさん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

運良く着座指定席の当日券を入手でき、飛び入りで参加させていただきました。 バンドのライブを着座で鑑賞する初めての経験でしたが、声が出せないコロナ禍を意識したライブ構成だったためか、全く疎外感はなく、ゆったり、時に激しく楽しむことができました。 メンバーの故郷の地でのライブとのことで、アットホーム感のある雰囲気でした。 当方の前列で、メンバーの高校の吹奏楽部のご友人の方々が鑑賞されており、最後に楢崎さんが嗄れた声で挨拶されたの受けて、"昔となにも変わってないね~。"と笑って見送っていらっしゃったのが大変印象的でした。 アリーナツアーと違って大きなモニターや派手な照明機材は無いため、同じ曲でも印象がガラッと変わりました。 ホールの特性に合わせた演出、選曲、アレンジ、曲の繋ぎなど、ファンを楽しませるために手を掛けたことが良く分かるライブでした。 リリースする曲が、何れもヒットしている現状、この曲が聞きけて良かった、あの曲が聞きたかったと、嬉しさ反面、寂しさの入り交じる感想を抱く方が多いことだと思います。 バンドが前進し続けているが故の贅沢な悩みなのでしょう。 ミックスナッツとSubtitleの曲調の降り幅は勿論、新曲の風船はスピッツ感の溢れるどこか懐かしいサウンドと、様々な引き出しで曲作りに取り組まれており、これから創作活動に期待が膨む一方です。 破顔は、このライブのMVPでした。 福山から広島に向かう帰路、運転中のフロントガラスから見える景色を一変させてくれる、本当に素敵な一曲でした。

≪Prev12345|…6

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });