セットリスト: 投稿:YK

セットリストを編集する

購入youtube歌詞
購入youtube歌詞
購入youtube歌詞
購入youtube歌詞
購入youtube歌詞
購入youtube歌詞
購入youtube歌詞
購入youtube歌詞

※サイトの性質上、公演情報およびセットリスト情報の正確性は保証されませんので、あらかじめご了承ください。
 掲載されている情報に誤りがある場合は、こちらよりご連絡をお願い致します。
※“歌詞を見る”ボタンを押すと、株式会社ページワンが運営する歌詞サイト「歌ネット」へ移動します。

▼セットリストの誤りを報告する

観たレポ:

男女比:
半々
[3票/4票]
年齢層:
年齢問わず
[4票/4票]
グッズの待ち時間:
10分~30分
[1票/1票]

観たレポを投稿する

  • 泣ける
  • 心地よい
  • 安らぐ
ライブレビュー (3件)

5.0

しーた63さん

ミスチルのライブとしては昨年のThanks givingツアー、ap bank fesとしては2012年のつま恋2日目以来の参加となりました。 ちょうど、その2012年以来のつま恋での開催とあって、桜井さんはBank BandのステージでもMr.Childrenのステージでも節々に「やっぱり良いよ、この景色!」と、ステージから眺める光景を懐かしんでました。 そんな懐かしのステージに選んだ楽曲は、過去のapで思い出深い曲たち。06年の1曲目と同じ「HERO」で始まり、08年と12年の同じく2曲目に演奏した「HANABI」、11年の「youthful days」、そして06年のapで初披露した「彩り」と続きます。 「彩り」の前のMCでは「このステージからの景色はこれまでみんなが積み上げてきたものなのよ。他のフェスだと黒いTシャツ一色に染まったりするけど、こんなにもカラフルな服を着た人たちが集まるのはここだけ」と、いま目の前に広がる景色とのシンクロを語り、「元々つま恋で演奏するために作った曲です」と紹介していました。つま恋の景色にもっとも似合う曲なんだろうなと感じました。 そんな"原点回帰"といえる曲が並ぶなか、後半には当然つま恋では初披露となる直近のナンバー「himawari」と「here comes my love」も披露し、新しいミスチルのパワーも魅せてくれました。早くもニューアルバムや次のツアーにも期待してしまいます。 そして最後は08年と同じく「GIFT」で締め。この曲は昨年のThanksgivingツアーでテーマ曲のような位置付けで紹介していたので、apの場でも演奏するとは予想していませんでしたが、またつま恋の場で演奏できる喜びや感謝を伝えたかったのかもしれません。 炎天下でバテてしまうような暑さのフェスでの終盤近い登場でしたが、とにかくあっという間の50分でした。 つま恋でのap、やっぱり良いよ!

レビューを投稿する

※掲載されている情報は投稿されたデータを集計したもので、実際のライブとは異なる場合があります。

レビュー投稿
※3000字以内シェア シェア

投稿ガイドライン利用規約をご確認ください。

観たレポ投稿

    男女比

    年齢層

    グッズの待ち時間

    会場の混み具合

どのような雰囲気でしたか? ※複数選択可
ライブ満足度

投稿する キャンセル

関連記事:

loading

レコメンド:

このライブを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

Superfly

Superfly

ロックポップス
UVERworld

UVERworld

ロックポップス
スピッツ

スピッツ

ロックポップス
サカナクション

サカナクション

ロックエレクトロニカ/ダンスポップス
山下達郎

山下達郎

ポップスフォーク/ニューミュージック
福山雅治

福山雅治

ポップスロック

新着情報

プッシュ通知

プッシュ通知をオンにして、Mr.Childrenの最新情報をウォッチしましょう

バナー