新着ライブレビュー

うーじさん

新型コロナのステイホームの一環で、WOWOWで12時間、サザンや桑田さんのライブ映像が流されましたが、一発目がこのライブでした。いろんな事を思い出したので書きとめようと思います。 2007年は桑田さんのソロワークが充実し、若い方にも支持された「明日晴れるかな」という名曲が生まれました。年末の桑田佳祐SHOWがまたスゴいライブであり、ソロの可能性を広げたと思いました。 よって、2008年の周年には私は否定的に思っており、ソロワークでフェスを席巻し、またツアーもなんて考えてもいました。桑田さんも多分、周年祭りにはこの時期は否定的だったと思っています。今はサザンではない、と。でも、間違いなくソロワークよりサザンの周年の方がインパクトがあるわけで、そういう会社サイドの考えが、活動休止に繋がったような気がするのです。キラーストリートがある意味区切りで、DIRTY OLD MANのテレビ出演のは良かったのに、2006年の夢人島フェスのライブはあまり良くなかったんです。燃え尽きた感でしたよね。ソロワークを止めて周年というのは反対だったんじゃないですかね。ある程度自由に活動していきたいので、だから、サザンは区切りたい、と思ったと勝手に想像しています。 活動休止っていうのが、いかにも解散みたいな感じで捉えられていて、まぁ、その可能性もあったのかも知れませんが、世間が大変な事になってしまいましたよね。サザンが終わる、みたいな。私は、KAMAKURA後みんなのうたまでの約3年の部分と同じように考えていました。あの間の活動も素晴らしかったので、それはそれでと思ってました。 このライブは、区切りの部分が強かったため、懐かしメニューのオンパレードでした。どしゃ降りでしたし日産スタジアムで前から4番目でしたので間違いなくテンションは上がりました。やはりハイライトはエリー→真夏の果実→TSUNAMIの3連発でしょう。この流れはこのライブのカラーがまさに区切りという部分がふさわしい流れだったと思いますね。 でも、1番切なかったのはやはりI AM YOUR SINGERでした。これは切なかった。これと原坊の涙は、やはり区切り=解散みたいと捉えるには十分でした。桑田さんが私たちにサザンの屋号を預けたんですが、桑田さんは活動をやめないと思っていたので、ついていくだけですよね。サザンが復活したなら、それも嬉しいですが、とにかくついていきます、と強く認識したライブでした。 ちなみに、このライブが現在、TSUNAMIの演奏された最後のライブなんです。そう、想い出はいつの日も雨だったんです。次はいつなんだろうか?この曲の運命の皮肉さを憂いています。また、いつか・・・。

まさやさん

この公演参加しました。 いやはやこの事態、どうしたものでしょうか…。 実質、この公演が”ファイナル”になってしまいましたね。 ご本人も、生涯最後の全国ツアーとして6月5日の新宿公演まで意気込んでいたはずでしょう。 今でも鮮明に覚えています。 当時福島県在住の私。 当日有給休暇を取り、仙台空港から昼頃発の飛行機で向かっていた中でした。 続々と様々なアーティストが予定していた公演を中止する情報が入ってきていて。 次の日は宮城で米津玄師を観る予定も入っていましたが、その公演が延期の情報が飛び込んできて。 「今大阪に向かっているけど、中島みゆき、観れるのかな…」 そんな不安な気持ちを抱えながら向かっていました。 今となればちゃんと「無事」という言葉が使えますが、あの時は「無事やってくれた」なんて気持ちではありませんでした。 でも人生初の中島みゆきのコンサート。 あの時間だけは騒ぎを忘れて堪能させていただきました。 今回のセットリスト、なんとも面白い線をいったなといった印象でした。 「中島みゆきといえば!」という最大のヒット曲は避けた印象。 でも、「その次に来るヒット曲は!」といった楽曲を散りばめたイメージ。 そこをいったのもまた良かったですね。 まずうれしかったのは『悪女』。 今までのアルバムを予習しましたが、過去には結構この曲はアレンジしてライブで演奏していたようで。 でも今回は音源どおり! イントロのアコギのストロークが流れたらたまらず身震いでした。 MCを挟んでまたまた名曲『浅い眠り』。イントロのシンセの迫力と言ったらこの上ない。 それを生で聴けたのも最高でした。 クライマックスの『宙船』はもう感激! これを生で聴けただけで私の人生、最高です! 他の方もレビューで書かれていましたが、そういったヒット曲関係は丸々一曲はやってくれなかったんですよね。 確かにそこはちょっと残念なところではありました。 ただ、ご年齢もありますし、最後の全国ツアーを飾るのにいろいろやりたいことも本人の中ではあったのかなと。 とにかく今はみゆきさんご本人がご無事でいることを願うばかり。 この事態が落ち着いて、今回のリベンジ公演をやってくれて、それに両親を連れて行くのが私の今の目標です。 みゆきさん、そして今回のツアーを楽しみにされていた皆さんのご無事を祈ります。 音楽好きの皆さんが、また生の音楽を楽しめる日を心から願っております。 P.S.この日の夜泊まったホテルがファーストキャビン関空でした…。ちょうどここ最近、カプセルホテルにハマっていたので倒産は悲しいお知らせです。

B'z @ マリンメッセ福岡(福岡県)

2019/09/10 (火) 19:00開演

まさやさん

ライブビューイングの生中継で参加しました。 B'zライブは、2013年のAERO SONIC、前回HINOTORIツアーの日産スタジアム、千秋楽の味の素スタジアムに続き4度目。 前回のヒノトリがB'zワンマンのデビューで、最高のステージを観てしまったので「今後もチケット取りたいな」って思った中でした。でも今年も今年で他にも行きたいライブは盛りだくさん。チケットの先行発売がちらほらと始まるようになり、風まかせでエントリーしましたが、びっくりなことに全滅。「まぁB'zは何度か観たからな」ってことでそんなにがっかりはなかったのですが、でも気になるのが新サポートメンバーじゃないですか! 今までのシェーンとバリーのビジュアルが定着しすぎていたので、「今後どうなるんだ?」なんて思っていました。 そんなこんなでuP!!!のライブパスで見かけたライブビューイング無料招待に申し込んだら運良く当選。「おお!新メンバーのパフォーマンスが観れる!」と仕事を早く終わらせて映画館へ。 一緒に行く人が10分程遅れたので、シアターに到着したのは最初のMCの場面。 オープニングの登場シーンが見れなかったのは残念でしたけど、いや新メンバーを携えてのライブもかっこいいっすね!MCのメンバー紹介の時に知りましたが全くはじめましてって人たちばかりではないみたいですね! 心地よかったのは『ultra soul』と『イチブトゼンブ』。ウルトラソウルはなんか今までとグルーヴ違いましたよね。ベースの刻み方がかなり鍵になってて今までとノリが違いましたね。イチブトゼンブも、演奏前のSEっていうの?、あれがよかったですね。長くいろんなライブパフォーマンスを観てると、曲前のSEでなんの曲をはじめるのか分かっちゃうんですよね。でもあれはわからなくて僕の大好きな不意打ち感があってよかったな。 B'zといえばどうしても目で求めてしまう、炎などの特効演出。今回はあまりどぎついのはなかった印象。見てて、「あ、今回は新メンバーとの演奏にフォーカスを当てたパフォーマンスなんだな」なんて理解しました。 モヒーニのベースよかったなー。女性の繊細さや細やかさも感じつつ、ダイナミックな低音とグルーヴ。今までのB'zはパワー系のイメージでしたが、今回は繊細さもあり、かつ今までのB'zの迫力も落とさない印象でした。 今後の活動も目が離せないですね!!

サザンオールスターズ @ ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

2018/08/12 (日) 18:00出演 @ GRASS STAGE at 国営ひたち海浜公園(茨城県)

うーじさん

昨年のソロは発表が遅かったのもあって桑田さんファンが少なく、いわゆるアウェー感があり、また選曲も万人受けとはいかず、たくさんの若者が帰りました。しかし今年は最初から完全Welcome状態で全く帰りません。また選曲も大メジャーのオンパレードで、さすがの国民ソングを世代問わず堪能していました。サザンオールスターズの屋号って絶大です。ソロとはこんなに違うのかと感心すらさせられます。 最近のロッキンの客層って、ホント雑居ですよね。私たちみたいなオヤジもたくさんいる。若いロック好きが中心ですが、サザン好きのシニアやアイドルオタもたくさんいて、お客の雑居感が面白いですね。居やすいし、若者文化も吸収出来てホント楽しいです。そうですよね、始まって18年、間違いなく1つの文化となっていますよね。このグラスステージはその最高峰であり、その大トリって大事ですよね。 1曲目は「希望の轍」でしたが、この合唱感と言うのはスゴかったなぁ。みんな知ってるわけです。でも合唱出来るのはそんなにないですよ、合いの手とかお決まりはあったとしても。まさに自然発生です。山下達郎さんなんかが、客が歌うなんて御法度的な発言を以前聞いたことがありますが、時と場合によっては合唱はありだと思います。「希望の轍」の合唱の一体感は、久しぶりに震えましたよ。サザンのライブでは味わえませんね。ホント最高でした。でも、一番盛り上がっていたと感じたのは「HOTEL PACIFIC」で、若い奴らがテンパってました。何故ですかね。あと、「壮年JUMP」が意外にも盛り上がってましたね。新曲だって関係ないわけですね、ハマれば。良い方に転ぶときはこんなものなんでしょうね。 このライブは、桑田さんのテンションも久々にメーター振り切っていたと感じます。間違いなく近年最強のサザンライブだと思います。ロッキンのグラスステージって、良いですね。多分、単独ライブでは味わえない何かがあります。死ぬまでにもう一度サザンのグラス観たいし聴きたいと思いますので、桑田さんよろしくお願いします。

山下達郎 @ 氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~

2017/09/17 (日) 18:45出演 @ YASSAI STAGE at 袖ケ浦海浜公園(千葉県)

バナー