×

フェス特集2022

新着ライブレビュー

開催期間中のレビューを全て表示

≪Prev12345|…8

赤菱さん

昨年12月の西恵利香ワンマンを死にチケにしてしまったので、リベンジを兼ねてのお目当ては勿論西恵利香。 4組中、西恵利香以外は初見のバンドで全く耳に入れずの参戦。 赤羽 ReNY alphaも初めての箱とほぼ初尽くしだったけど嬉しい誤算ばかりだった。 トップバッターは名古屋発のKADOMACHI。 ドラムが女性でフロントにはベースとギターとギター&ボーカルの3人が並び、ボーカルが向かって右端というバンアパ布陣。 リズム隊のドラムとベースが上手く、個人的にはボーカルが弱いように感じでしまったが(滑舌が良くないような。歌唱の時も気になったが、MCではもっと酷いと感じた)音的には悪くないのだけど。 2番手はゴホウビ。 キーボードの女性と岡田将生風のイケメンの今どき珍しいツインボーカル。 女性の声は少しアニメ声だったが、小さな身体から出るパワーは中々な感じだった。 そして男性のボーカルは声の質が良く歌も上手く、2人の絡んだ歌声は楽曲をパワーアップさせてくれていた。 何よりこのバンドの1番の驚きは、また女性のドラムなのだけど、彼女が凄い上手くて曲よりも彼女の叩く姿中心なね観てしまうというくらい素晴らしかった。 バンドとしても初見で聴いたのにほぼほぼスムーズに耳に入り込んで来て個人的には好きな部類のバンドだなと感じた。 3番手はお目当ての西恵利香。 サポートにはギターが一戸祐介、シンセドラムにTENDERLAMPのAmi。 一度、彼女を観に行きたかったので、コチラでプレーを観られるのはラッキー! 楽しそうに叩く姿がいいね。 恵利香嬢は怒涛の6曲を歌い、MCを挟んで3曲の計9曲とこの日1番の曲数。 彼女曰く、1曲の分数が短いかとは言っていたが、中々満足なステージだった。 帰り道、ふと4マンで9曲って凄いなと。 misiaなんか「もっと歌いたい」と言いつつ、デカい箱のワンマンで10〜12曲しかやらないことを考えると、西恵利香の方が沢山歌いたい!という気持ちが伝わっていたなと感じた。 トリは大阪初のPOP ART TOWN。 ググってみたけどメンバーが脱退したりの中で、何人編成か分からないのだが、初見の3バンドの中では1番好きなバンドかも知れない。 とにかく、バンド名にも現れているように、POPが前面に出ていて音に色はないのだけど、ARTのようなカラフルな色が1曲1曲に描かれているような気がした。 ポルカドット・スティングレイのギターサウンドを少しマイルドにしつつ、80年代のフレーバーを感じさせ、オメガトライブのようなリズムを奏でる音に個人的には気に入った。 そしてボーカルのステージングも中々と堂に入っていて魅力的な子だなと思った。 このバンドは一度ワンマンで観ないといけないなと感じたが、近々のライブはSOLDOUTらしく、目の肥えている人たちは流石に早いなと。 そして箱のReNY alphaですが、デカい柱がある以外はこの規模のライブハウスでは抜群の箱ではないかな? 綺麗だし展開の時に段幕があるライブハウスなんて初めてだし、ステージ後ろに映像が映る物凄くデカいLEDパネルも初めてだし、ステージが高いから見やすいのも最高だし、何より音が素晴らしくてもっと色々なミュージシャンが使用してもいいのではないだろうか? 後、駅近1分っていうのは素晴らしい!

≪Prev12345|…8

バナー