新着ライブレビュー

開催期間中のレビューを全て表示

≪Prev12345|…10

ひらりさん

生きる伝説がオラが町さいたまに降臨。バンドは音の疾走感が尋常じゃないし、歌は巨大な教会で司教の説教を聞いているかのような説得力。こんなもの浴びせられたら、今後観るライブに求めるハードルがとてつもなく高くなってしまうわい。 U2が13年ぶりの日本公演となる「ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」を行った。U2が1987年にリリースしたアルバム『ヨシュア・トゥリー』の30周年記念として2017年にスタート。北米、ヨーロッパ、南米で270万人以上を動員し、同年で最も成功を収めたツアーの2019年バージョンです。アルバム『ヨシュア・トゥリー』の完全再現に加え、彼らの全キャリアから名曲の数々が演奏されるという夢のようなセットリストが披露されるとあって、公演決定の報を受けて即時にチケットを購入。手にしたチケットは「前方スタンディング/Aブロック」というステージに接した神エリアでした。 ライブは「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」でスタート。イントロのドラムを聴いて瞬時に興奮が沸点を叩いてしまった私なのですが、ヨシュア・トゥリーの木の形をしたサブステージで演奏された初期の名曲たちは、いずれもレコードの溝が擦り切れるまで聴いてきたにもかかわらず、魅力がまったく色褪せないどころか、従来以上の感動をもたらしてくれるのだから、このバンドが持つ力量に感嘆せずにはいられません。そして、メインステージに向かってメンバーが花道を歩き出すと、ヨシュア・トゥリー・パートの幕開け。「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネーム」のイントロが鳴り始め、ステージ背後に設置された巨大スクリーンが真っ赤に変わって、ヨシュア・トゥリーの下に4人のシルエットが浮かぶ神演出。あぁ、なんて神々しいのでしょう。 今夜のライブではこの巨大スクリーンが非常に効果的でした。『ヨシュア・トゥリー』の各曲に充てられた映像はそのどれもが印象深いインパクトのある代物ばかりで、聴覚だけでなく視覚からも彼らの強いメッセージがビンビン伝わってきます。「人は全員が平等になるまで誰も平等ではない」なんて言葉も映し出されたのですが、普段なら赤面モノの文章ですら素直に頷けてしまうのですから、その訴求力たるや凄まじい威力。MCでも「日本の子供ために平和を思いを。世界へ向けて平和と感謝を」といったメッセージを話していたのですが、「ウルトラヴァイオレット」の演奏時に、話題となっているグレタ・トゥーンベリやエマ・ゴンザレスといった若い活動家、日本人のオノ・ヨーコ、草間彌生、紫式部、川久保玲など、世界の最前線で活躍する女性を紹介した映像には、言葉を凌駕する力強さが感じられました。 アンコールの最後は個人的にも大好きな「ワン」をプレイ。終始絶えなかった場内の大歓声をまとうようにメンバーはステージを去りましたが、すべての観客がその場を立ち去り難く、名残惜しさを感じる素晴らしいライブに純粋に感動しました。許されるならば、明日の公演最終日もどうにかして参戦したい。(会社休めないけど...)

ひらりさん

現在21歳のショーンを私が知ったのは5年前。ファーストシングルの "Life Of The Party" がビルボードHOT100で24位となり、「デビューシングルが25位以内に入った歌手の最年少記録」を更新した時でした。端正な彼のヴィジュアルに「アイドル的な人気が出るだろう」と予想したのですが、その後あっという間にスーパースターへの階段を駆け登ってしまい、今夜のチケットも瞬殺でソールドアウト。最近発売された追加席をなんとか手配して会場に馳せ参じた次第です。 同じカナダ出身のジャスティン・ビーバーと比較されることもある彼ですが、大きく異なるのはライブでのパフォーマンス。卓越した素晴らしい歌唱を聴かせることはもちろん、ギターやピアノを操っての弾き語りが主なスタイルで、実にアーティスティックなイメージ。加えて彼の楽曲はフォークソングにインスパイアされたものや、壮大な交響を思わせるポップソング、スライドギターを全面に押し出したブルース調があるかと思えば、フルバンドで音の厚みを増したアメリカンロックなど、実に多種多様なのです。今夜のパフォーマンスもそれらの魅力を余す所なく披露して、横浜アリーナを埋めた大観衆(9割以上が若い女性)を大熱狂させてくれました。 前述の通り、追加席として販売された今夜の座席は西スタンドの最後列。メインステージは遙か遠い位置だったのですが、そんな周辺においてでさえも開演から終演まで、座席から立ち上がって楽しむファンがとても多く、ショーンの歌唱に合わせた大合唱も頻繁に見られたのです。魅力的な楽曲の数々や情感あふれる歌声、質の高い音響を持つ会場に、客席を光で埋め尽くすLEDグッズによる演出など、感情が昂る要素がぎっしり詰まったライブは、座席の悪条件なんてキレイサッパリと払拭してしまうんだなあ。巨大な一輪の薔薇のオブジェが目を引くサブステージで披露されたアコースティックアレンジの数曲は、私の座席からそのパフォーマンスをはっきり拝むことができて、もう大満足の公演となりました。 終演後も中々興奮が収まらない素晴らしいライブでしたが、これに水を差したのが主催会社による会場管理。開演日直前に「持ち込み手荷物の個数制限と検査強化」が発表されたことには異論はありませんが、開場時間を早めなかったために開演時間直前になっても会場に入れない観客が多数に及び、開演に間に合わなくなった方々も。苦労してチケットを手に入れたファンの気持ちを踏みにじる愚行は、今後これっきりにしていただきたいですね。

ひらりさん

場内が暗転すると、ステージにかかるシンディの瞳をデザインした紫幕に彼女のシルエットが浮かび上がりました。なんとこの演出、彼女の初来日公演でのオープニングを模したもの。まるで親日家の彼女が運んでくれた小さな贈り物のようでしたが、ここから披露されたパフォーマンスこそが、会場に集った2000人への最大のプレゼントだったのです。長年聴き続けた魅力溢れる曲たちはもちろん、それを奏でる歌声は絶好調。聴く者の体に沈み込む低音からよく伸びる高音までを変幻自在に操り、ロングブレスの発声もこれまた美しい。音程のギリギリを攻めるかのような「シンディ節」は健在で、1曲目から場内は総立ち。舞台から8列目に陣取った私も、激しくも情感溢れるその響きに心底酔いしれました。 MCの度にステージ中央へ女性通訳を招き、その内容を全ての観客に伝えようとする姿勢はもう感涙モノ。本当に日本のファンを大切にしてくれているんだなあと感心しましたが、さらにはシンディ、演奏中に舞台から客席へ降りて客席上で歌うという、観客に相当の信頼を預けなければできないパフォーマンスまで行うとは。これがなんと奇跡的に私の目の前で行われたものだから、年甲斐もなく激しく興奮してしまったのはここだけの話です。集ったファンたちもコール&レスポンスやシンガロングに手慣れた猛者ばかりで、ラストの3曲でシンディと客席が作り出した場内の素敵な一体感は、このライブを締め括るのに相応しい感動的なシーンだったと思います。 購入したパンフレットには「ミュージカルの音楽を担当することが多い現在も、週に3、4回はヴォイス・レッスンをしてクオリティを保つようにしている」との記載がありました。日々の努力を絶やさない彼女がくれた最高の時間、十分に堪能させていただきましたよ。

松田聖子 @ 日本武道館(東京都)

2019/07/05 (金) 18:30開演

ひらりさん

初めて参加する聖子ちゃんのコンサートはシングル曲だけを歌う特別企画。たくさんの懐メロを目当てに九段下まで足を運びましたが、今夜は「1階K列」と武道館では最悪の座席。壁を背にする最後列で目前の通路を人が通り、天井(2階席)が視界の上部を占めるうえに音響も悪い。自らの運の無さを呪う開演前でした。 レーザー光線が空間にイラストや文字を浮かび上がらせたオープニング。緞帳が落ちると舞台上にはアリスの不思議世界をイメージしたカラフルなセットが出現。聴き慣れたイントロに歌声と大歓声が重なりいよいよ主役の登場です。 以降はヒット曲が次から次へと披露されました。ゴージャスなドレスを纏って舞踏会よろしく歌い踊る序盤。近くへ呼び寄せたバンドと共に披露したアコースティック・パートの中盤。メドレーでは勿体ないと思えたほどキャッチーな曲で畳み掛けた終盤。コンサートのどこを切り取っても誰もが知っている曲ばかり。つい口ずさんでしまうし笑顔になってしまう。熱狂的ファンではなかった私なのに、何故どの曲も自然に口ずさめてしまうのだろう。知らず知らずテレビやラジオから聴いていたに違いない全ての曲を、臨場感あふれる環境で再び聴いていることが本当に楽しい。座席の悪条件なんてすっかり忘れて、終わってみれば残ったのはとてつもなく大きな満足感だけ。 歌以外にも、客席からの「聖子コール」は当時を彷彿とさせてテンションが上がってしまうし、客席が彼女と一緒に歌える場面も数知れず。曲間でのMCも楽しくて、客席から投げかけられる言葉を一つ一つ拾ってくれる優しさやユーモアたっぷりのお喋り。(「マラケッシュは100年ぶりに歌いました」なんて言ってたw)そして、絶え間なく伝えてくれる来てくれた人たちへの感謝と愛情があふれた言葉に何度も笑顔になれました。 観客を楽しませることに特化したコンサートとしては100点満点でしょう。懐メロだなんてとんでもない。武道館の奥深い場所まで笑顔に変えてくれる聖子ちゃんはやっぱり偉大でした。

ひらりさん

なんという歌声。それは筆舌に尽くし難い、本当に素晴らしいものでした。 会場到着は開演直前になってしまったのですが、入場してすぐ視界に入った場内の観衆は、平日の夜にも関わらず18,000人。女子高生からご年配までが集う客席を見て、日本でも様々な層のファンに彼の歌が支持されていることを改めて認識した次第です。 登場するや否や「東京のみんな気分はどう? 元気かな?」と客席を気遣うサムは、オープニングから "One Last Song"、"I'm Not The Only One" と私のお気に入り曲を颯爽と披露。そして「もし知っている曲があったら、みんな一緒に歌ってね」なんてMCにも彼の人柄の良さが伺えます。ハイトーンのヴォーカルが賞賛される彼ですが、実際にライブを目の当たりにすると、その声は実に繊細で、トーンや歌い回し、息遣いなどは個々の曲調によって自在に変わるのですね。ヴォーカリストとしての表現力はもちろん超一流なのですが、独特の響きと揺らぎを持ったサムの声は唯一無二で、今回のようなアリーナ級の大会場でもその魅力がしっかりすべての観客に伝わっていたことは、会場から最寄駅へ向かう道すがら、人たちから漏れ出ていた感動や感嘆の声があまりにも多いことからも明白でした。 またライブを観たい、そんなアーティストが私の中で一人増えた初秋の夜です。

Ed Sheeran @ 日本武道館(東京都)

2018/04/14 (土) 18:00開演

ひらりさん

ステージ前5列目の座席から観た今夜のライブにおいて、ステージ上で歌い、楽器を演奏したのは開演から終演までエド・シーランただ一人。そして彼が用いた楽器は1本のアコースティックギターとループペダルだけ。最小限の音で細部を粒立て、荒々しく凄まじい音圧で聴く者に迫ったかと思えば、一転して繊細なタッチで感情の隙間に滑り込んでくる。果たして、ライブを成立させてしまうのみならず大観衆を終始魅了し続け、私たちの興奮と感動のボルテージを最高潮に保ったまま2時間弱を一気に走り切ってしまったのだから、もうただ驚くしかありません。 このスタイルは既にライブにおける彼の定番として認知され、動画サイトなどでその様子を何度も観ていたのですが、実際のライブでは想像を遥かに上回る大音量を浴びせられて、同行の友人と「思ってたより爆音だな」と顔を見合わせてしまったほど。なんとオープニングのわずかな時間で、たった一人で歌い演奏する彼の音に圧倒されてしまったのです。さらに今夜は、場内を埋めた観衆も負けじと熱い歓声で応えたことで様々な要素が劇的に融合し、実に感動的なライブとなりました。 観衆にはシンガロングしてもらうのがエドの流儀らしく、多くの曲で客席へ歌うことを促す場面も。わずか3枚のアルバムリリースながら、世間に知られた有名曲が数多くプレイされたことで場内に響いた観衆の歌声もかなり大きく、その一員となってシンガロングできた私も日頃のモヤモヤがすっかり霧散してしまった次第。アンコール前には客席に "Sing" のコーラスパートを歌わせたまま舞台袖に消えたエド。彼が衣装替えをして再び登場するまで私たちはそれをリピートし続けるという。今思い出しても斬新な演出でしたね。 実は今夜のライブ、エドが怪我をしたことで日程が昨秋から延期された振替公演。怪我直後のツアーのうち、中止にならず開催が延期された地は日本を含めてごく少数。この難しい判断やアンコールでサッカー日本代表のユニフォーム(背番号は91番)を着て登場してくれたことが、日本好きを公言する彼の思いが反映されているようでちょっと嬉しかったです。(ちなみに前日までの公演では阪神タイガースや読売ジャイアンツのユニフォーム姿でアンコールに登場したそうなw)当たり前のように開演から終演まで、武道館を埋め尽くした観客を1度たりとも座らせることなく総立ちにし、ライブ中のMCで何度も「来年また会おう」と繰り返していたエド。この感動を再び味わえる日は意外にも近日中かも知れません。

Freddy Cole @ COTTON CLUB(東京都)

2017/12/28 (木) 20:00開演

ひらりさん

場内の暗転が開演を告げると、共に音を紡ぐバンドメンバーに続いて御大がステージへ。スタッフに手を添えられて慎重に歩みを進める姿は、86歳を迎えたフレディの現在を如実に物語っており、これから披露される演奏の出来に少なからず不安がよぎります。 でもね、ピアノの椅子に座り鍵盤に指を置いた次の瞬間には実にスムーズに演奏が始まっているんだな。ピアノを含んだ4種の楽器が奏でる音はシンプルで音数は多くないんだけど、絶妙なバランスで絡んではこちらの感情を揺さぶってくるのです。今夜はジャズを軸としてサンバやボサノヴァ、スウィングなど多種に及ぶアレンジを披露してくれたのですが、いずれにおいても演奏される音は最小限に抑えられ、速弾きなどの派手なテクニックを省いた緩やかなリズムで展開されるため「なんか自分でも弾けそうだぞ」と思えたほどでした(笑) そして演奏に重なるフレディの声は齢に起因してドライに響くものでしたが、「枯れ」は冷たさよりむしろ温かみを感じさせ、まるで観客に語りかけているかのよう。その味わい深いヴォーカルが最後のピースとしてじんわりと各曲の隙間を埋めていきます。演奏の合間などに客席へ向けて放つ流し目も色気があり、彼を中心とするカルテットが作り出す世界にすっかり支配された客席は、うっとりとステージを見つめて体を揺らす方々であふれておりました。 グラミーに3度もノミネートされ、独自の世界観を確立したフレディのステージを実際に体感して「もはや『ナット・キング・コールの弟』って紹介は不要だと思うなあ」なんて感想を漏らしてしまった私。2016年の「音活」を気分良く締め括ることができました。そして、最上級のホスピタリティ・マインドで私たちを迎えてくださったコットンクラブの皆さま、今回も素敵な時間をありがとうございました。

ひらりさん

東京と大阪で設けられた全4回の公演中、今夜だけは「ALL THE HITS」と銘打たれた追加公演。全米チャートを席巻した大ヒット曲ばかりを披露する特別なセットリストが事前に予告されていることに加え、私の座席はステージから3列目。盛り上がりは既に約束されています。 場内が暗転するとお馴染みの鼓動音が響いて場内は凄まじい大歓声に。そう、会場を埋めた観衆のほとんどが、その情報のみでオープニングの曲が何であるか理解したのです。小気味よい "The Heart Of Rock & Roll" のリズムで当然のように1階から3階までが総立ちとなり、待ちに待ったロックン・ロール・ショーの幕開けです。開演前、曲名を見てメロディが浮かばないものもいくつかあったのですが、実際に演奏を耳にすると「ああ、そうだった」と。レコードの溝が擦り減るほど聴き込んだ曲たちが目の前で次々と披露され、同時に様々な記憶も鮮明に甦ってきます。それもその筈、ヒューイの声はリリース当時を彷彿とさせるハスキーかつパワフルなそれであり、バンドが奏でる音も疾走感を湛えた現役バリバリのものだったのですから。 全てのメンバーが「'80年代の音」を随所で聴かせ、シャープで伸びのあるステフのギターはエフェクターを用いてブレンドする音の歪みまでもが気持ちいい。ホーン・セクションは渋さを抑えたノリ重視の音を鳴らして客席をこれでもかと煽ってくるし、バンドの古参にあたるジョニー・コーラは相変わらずの芸達者で、ギターとサックスを頻繁にチェンジして各曲の空気をしっかりと作り上げる。そしてこれまた外せないヒューイのハーモニカが、跳ね回るような音で私の気持ちを何度も昂らせてくれました。 さらに今夜は一緒に歌える曲が多いこと。ヒューイが煽るシンガロングが絶妙なタイミングで繰り出されるものだから、つい歌わずにはいられないし、その歌詞を完璧に覚えている自分にもちょっとビックリしましたね。 4年前にも彼らの来日公演を堪能していたことが、発売後すぐのチケット購入をためらわせた一因だったのですが、心底楽しんでいる自分を見るまでもなく、その判断が大きな誤りだったと彼らの1時間30分のパフォーマンスは教えてくれました。今を生きることを少しだけ休んで若き日に戻る時間は、どうやら私にとって欠かせないもののようです。

NEON TREES @ duo MUSIC EXCHANGE(東京都)

2017/10/30 (月) 19:00開演

ひらりさん

Neon Trees (単独では初となる)来日公演を観てきました。会場は全米TOP10ヒットを持つアーティストとしては小さすぎる duo Music Exchange です。ドリンク片手にフロアーに足を踏み入れると、開演20分前だというのに観客の入りは甘く、ステージ前においても左右のポジションは普通に歩ける状態。ステージ前右側の2列目で開演を待つ幸運を嬉しく思うも、小会場にもかかわらず少ない客数に一抹の不安が。 まあ、結果を言ってしまえばこれは余計な心配でした。この夜集った方々のバンドへの思い入れはとても強く、数々のシンガロングやコール&レスポンスが波のうねりのように発生。これにはバンドメンバーも終始ご機嫌で、ギターピックやドラムスティックの手渡しはもちろん、激しいダンスやフロアーへ身を乗り出しての演奏、観客へ最大限の愛と感謝を伝えるMCなど、気持ちがしっかりと伝わってくる数々のファンサービスで応えてくれた会場の一体感はとても居心地の良いものでした。 そして小会場ならではのライヴ感に満ちた力強い音は、スピーカーを通すより先に直接体に飛び込んでくる感じ。この夜はドラムとベースが織りなす強めのリズムがとにかく走る走る。ノリの良いニューウェイヴ系ロックの各曲は体を内側から突き上げてくれ、気付けば「揺れる」どころか「跳ねる」ノリで終演まで楽しんでしまった私。サプライズ的にクロスオーバーさせたトム・ペティやヒューマンリーグの名曲なんて当然のようにシンガロングしてましたもん。 実はこのバンドの曲、ヒットした"Animal"しか知らなかったのですが、ライブ後さっそくアルバムを購入して、現在も聴きながらこの感想をしたためている次第。それだけ満足できたライブだったってことで、機会があればまたライブに行きたいですね。

≪Prev12345|…10

バナー