新着ライブレビュー

開催期間中のレビューを全て表示

12345|…5

赤菱さん

赤菱さん

久々にユーミンのライブに足を運んでみた。 最後にユーミンのライブに行ったのは全盛期の1990年LOVE WARS TOUR以来だから30年も経ってしまった。 舞台演出はあの頃と変わらず、派手に魅せてくれているだろうなと思っていたら正に変わらずのバブル演出(昔よりは抑え目ではありますが) 今回のツアーはモニターなどがなく、スタンド席からは中々ハッキリ見えないのは残念でした。 それと演出上、柱が何本かあって位置によっては丸っ切り見えない席もあったのかなと思うと、センターステージでも工夫してモニターを置くなどをしてスタンド席にも配慮してもらえたら良かったかなと思った。 2時間強の中、変わらずのストーリー性のある舞台演出を堪能させて貰った。 たまアリでセンターステージで使用するアーティストは、オーディエンスの人数が減ってしまうからアーティスト側は避けたいところだけども、そこはやりたいこと・魅せたいこと優先でユーミンの心意気を感じさせてくれました。 (ミスチル・小田和正でさえアリーナ部分は一部使用で抑えていることを考えると凄いことかも知れない) ただ、一つだけ残念なことは年齢的に声量が落ちて、声がガラガラになり、高音部分が完全に擦れ気味で聴いていて少し痛々しく感じてしまった。 キーを下げてはいたのだろうけど、もっと低くしないと信者じゃないので聴いるのが哀しくなってしまう。 でも若い時に自然と耳にしてきたユーミンの懐かしい曲を聴くと、一瞬であの頃にタイムスリップし、ステージ風景とあの頃の風景がクロスして不思議な感覚を味合わせていただきました。 追記 年齢層は40代から上がメインで、夫婦や女性同士で来ていた人が多数だったかと思います。 ソロ参戦の方々も見かけましたが、男性ソロ参戦は余り見かけませんでした。 20後半から30前半の女性達のソロ参戦組が意外と多く見られたのは意外だった。

ばる。さん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

2年ぶりのライブツアー名古屋初日、激戦を勝ち抜いた1,427名のオーディエンス達と参歌(心の中で)。 前回の名古屋はポートメッセ名古屋12,340だったから倍率は8.6倍。 よくチケット当たったなぁ。 ポートメッセ名古屋の音響があまり良くなかったから、2006年のネームレスワールド以来のセンチュリーホールの良さが際だってました。 黒田さんも「俺の声が良く響く」とご機嫌。 すかさず小渕さんも球場のウグイス嬢風自力エコーで応戦。 剛速球MCに笑いと拍手で応戦。 本編では「風をみつめて」でヨッシーさんの演奏ミスに誘発された黒田さんの歌詞間違い(演奏ミスがあったかどうかは不明)で演奏やり直しと言うアクシデント?もあり、かなり盛り上がりました。 その中でも圧巻は「灯ル祈リ」でした。 「共き生きる魂を捧げよう」と言う歌詞通り、魂のこもった歌唱に会場は揺れました。 ただ、今回のライブでは小渕さんの歌唱に少し心配になる点がありました。 ・・ピッチがズレる、ハイトーンがかすれる。・・ あの札幌・真駒内アイスアリーナの休止宣言を思い出して泣きそうになりました。 (真駒内から札幌のホテルに帰る自転車の上で放心状態だったなぁ) 我々以上にコロナのストレスが蓄積されていると感じてしまうのでした。 大きなアリーナで声を出して応援出来る環境になる日が早く来るのを信じて。 またライブで会いましょう。

赤菱さん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

2018年30周年前夜祭振りのドリカム。 そして今年18本目のライブ。 大きな箱でコロナ禍前と最中でどう変わるのだろうかなと期待しながら参戦。 しかし声を出さない、席数半数以外は然程変わらない雰囲気で、400レベルで観ていたのだが、普通に揺れを感じるくらいだった。 今回はコロナ&JR全線ストップと二重苦の中、開演を30分延長したのだけど開演後も席に向かう人もいて、数曲聴き逃してしまった人達は少しかわいそうな気持ちを抱いたままライブに。 登場から吉田美和は涙ぐんでいたのだけど、歌い出すと全く涙ぐんでいたのさえ感じさせない声量お化け。 そして1曲目は何度でも♪を持ってきて久々のライブであるオーディエンスを鷲掴みにしてしまう。 流石、30年以上トップを張っていたわけではないところを見せつつ、MCでは夫婦漫才のようなツンデレ漫才もオーディエンスの緊張を解してくれて、サービス精神旺盛な根っからパフォーマーでありアーティストだなと感嘆。 勝手な推測だけど、掴みの(最初)2曲とアンコール前の2曲はコロナ禍の中、諦めないで我慢して頑張っていこうという思いと救命病棟24時のエンディングで流れていた曲を持ってきたのって、医療従事者さん達への見えない2人からのエールなのかと感じた。 そしてラスト3曲は夢を持って生きていこうという問いかけとライブに来てくれた(ドリカムの音楽を聴いていてくれている全てのファンに)人達に謝辞を示したのかと。 彼女がMCで話していたことだけど、「無事に生きてくれているだけでいいから。ライブに来なくてもいいから」的なことを言っていたけど、正に平穏な生活を願っているからこその言葉なんだろうなと感じた。 でも中村氏は「来てくれなくては」と突っ込んでいましたがw これから行かれる方はワクワクを感を味わってライブ当日まで過ごして下さい。 自分の思っているワクワク感より増量タイプでライブが堪能出来るはずです。 追記 年齢層は30代後半から60手前までが主流で女性が7〜8割くらい。 女性のソロ参戦は多数いましたが、男性のソロ参戦は自分だけかというくらい見かけなかった。 ただ雰囲気は1人で参戦さても気後れすることはないかと思います。

12345|…5

バナー