サザンオールスターズ

Southern All Stars

サザンオールスターズ
BLUE ENCOUNT OFFICIAL MOBILE SITE LIVER'S CREWBLUE ENCOUNT OFFICIAL MOBILE SITE LIVER'S CREW
会員最速先行チケット情報など、特典が盛り沢山! 会員受付中!

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(275件)

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

2018/08/12 (日) 18:00出演 @ GRASS STAGE at 国営ひたち海浜公園(茨城県)

うーじさん

昨年のソロは発表が遅かったのもあって桑田さんファンが少なく、いわゆるアウェー感があり、また選曲も万人受けとはいかず、たくさんの若者が帰りました。しかし今年は最初から完全Welcome状態で全く帰りません。また選曲も大メジャーのオンパレードで、さすがの国民ソングを世代問わず堪能していました。サザンオールスターズの屋号って絶大です。ソロとはこんなに違うのかと感心すらさせられます。 最近のロッキンの客層って、ホント雑居ですよね。私たちみたいなオヤジもたくさんいる。若いロック好きが中心ですが、サザン好きのシニアやアイドルオタもたくさんいて、お客の雑居感が面白いですね。居やすいし、若者文化も吸収出来てホント楽しいです。そうですよね、始まって18年、間違いなく1つの文化となっていますよね。このグラスステージはその最高峰であり、その大トリって大事ですよね。 1曲目は「希望の轍」でしたが、この合唱感と言うのはスゴかったなぁ。みんな知ってるわけです。でも合唱出来るのはそんなにないですよ、合いの手とかお決まりはあったとしても。まさに自然発生です。山下達郎さんなんかが、客が歌うなんて御法度的な発言を以前聞いたことがありますが、時と場合によっては合唱はありだと思います。「希望の轍」の合唱の一体感は、久しぶりに震えましたよ。サザンのライブでは味わえませんね。ホント最高でした。でも、一番盛り上がっていたと感じたのは「HOTEL PACIFIC」で、若い奴らがテンパってました。何故ですかね。あと、「壮年JUMP」が意外にも盛り上がってましたね。新曲だって関係ないわけですね、ハマれば。良い方に転ぶときはこんなものなんでしょうね。 このライブは、桑田さんのテンションも久々にメーター振り切っていたと感じます。間違いなく近年最強のサザンライブだと思います。ロッキンのグラスステージって、良いですね。多分、単独ライブでは味わえない何かがあります。死ぬまでにもう一度サザンのグラス観たいし聴きたいと思いますので、桑田さんよろしくお願いします。

まさやさん

皆様お疲れ様でした! いやいや待ちに待ったサザンオールスターズ42周年目のライブ、最高でしたね! (あ、いつも長文レビューでお目を汚している者です。最後までお読み頂いている方、いいねやコメント下さる方、本当にありがとうございます!周りにディープな話できる相手がいないのでここについ…汗) 皆さん、公演前の影ナレでもありましたが、うちわを頭の上に乗せてましたか?(笑)食事をしながら楽しめましたか?(笑)お酒を飲みながらノリノリになれましたか?(笑)(トイレ行きたくなるの難点ですね(笑)) 私のレビューはついセットリストに思い入れをしてしまう傾向がありまして、今回もいやー最高でした! 01『YOU』、真夏の大感謝祭を彷彿させる爽やかなスタート。02『ミス・ブランニュー・デイ~』は新潟で観た葡萄ツアーを彷彿。会場にもライティングが灯されて思わず歓声をあげてしまいました。そして過去に何度も”ツカミ3点盛”のトリを飾ったことのある03『希望の轍』。Cメロでは自粛生活をねぎらう内容に。 MCを挟んでのここからが凄かった04『Big Star Blues~』、05『フリフリ'65』!この2曲はセットリスト冒頭の”ツカミ3点盛”や畳み掛けゾーンでお耳にかかることが多かったのですが、まさかここで披露されるとは。 そして往年のファンが舞い上がったのではないでしょうか、06『朝方ムーンライト』と07『タバコ・ロード~』。2013年に復活してから聴きたかった『朝方ムーンライト』も聴けて最高でした! 08『海』、09『夕陽に別れを告げて~』(これもまた凄かった!)。10『シャ・ラ・ラ』のバラッドゾーンを終えMCでは画面越しのファンに「飲みすぎだよ」とツッコミ。今回のアンバサダーのさまぁ~ずの2人と床屋が一緒とのことから「ミムチャーン、オオタケチャーン、フィリピンイイトコヨー」で大爆笑。 んでもってその後の1曲が凄かった、謎の「へそピ」ソングを挟んだと思ったらまさかのアルバム『葡萄』から11『天井棧敷の怪人』。これをチョイスしましたかー!そして12『愛と欲望の日々』から、お久しぶりです、定番曲の13『Bye Bye My Love』。大好きなこのナンバーは思わず口ずさんでしまいました。 波音のSEから14『真夏の果実』へ。横浜アリーナに集まった日本全国のファンの気持ちがオレンジ色に灯ってとても綺麗でしたね。(本音をいうと、波音のSE、めっちゃドキドキしました…、まさか『TSUNAMI』の復活か!?なんて勝手に思ってしまいました汗) 15『東京VICTORY』ではアリーナ中央に聖火も灯して、スタッフの皆さんの気持ちを高ぶらせていました。スタッフの皆さんが力強く挙げた握りこぶしと背中、なんだか勝手に幸せを感じました…、今までと同じようにまた仕事ができている幸せを…。 さあさあここから畳み掛けていきますよ、私の大好きな16『匂艶THE NIGHT CLUB』、17『エロティカ・セブン』、そしてそしての18『マンピーのG★SPOT』!あのさ(笑)、ここ最近マンヅラいろいろ乗せすぎです(笑)今回は疫病退散を願ってアマビエが乗ってましたね(笑)この曲はきっと疫病を退散させる力がありますよ!(笑) そしてそして、クライマックスは19『勝手にシンドバッド』!平成最後(の紅白)を見事に飾っただけではなく、新しい令和の時代が迎えた未曾有の日本を元気づけてくれました!ほんと、いつになればコロナ終息するのでしょうか…。 昔よく桑田さんがライブのMCで発していた「ウイッス!」を連発してアンコールがスタート。 UC01『太陽は罪な奴』、この曲が似合う爽やかで楽しい夏は今年は我慢かな…。UC02『ロックンロール・スーパーマン~』のギターツインソロはちゃんとマコっちゃんとディスタンスをとってプレイ。そしてMCを挟んでオーラスを飾ったのはUC03『みんなのうた』。バラードでオーラスを飾りがちなサザンも、今回はこの楽曲で元気よくしめてくれました。しかもミニミニ放水付きでね(笑)。 いやいや今回のセットリスト、”ベスト盤”感あり、”定番”感あり、そして長年連れ添ってくれたファンへの”感謝”感ありの最高なセットリストでしたね。 あくまでも私の所感ですが、ここ最近のツアー、セットリスト多すぎなんですよ(笑)あのご年齢のアーティスト、36曲も日本全国でやらないですよ(笑)それくらい「日本全国のファンに会えるのが今回が最後なのでは」なんて気持ちを込めてくださっていたのでしょう。サザンよりも若いアーティストだって、今回くらいの22~23曲がオーソドックスですよ(笑) 最後に。今回勘違いしてはいけないのは、我々ファンが楽しかったかどうかではないんですよね。コンセプトも「日頃サザンを支えてくださっているスタッフや関係者への御礼や感謝」なんですよね。今回のライブでどれだけエンターテインメント業界を支える人たちの力となったか、どれだけ他のアーティスト(特に後輩アーティスト)の勇気となったか、そして収益金がどれだけ今の医療スタッフの元に届くかなんですよね。確かに会場全体が映ったときは寂しさもありました。桑田さんも最後は「やっぱりみんながいないと寂しいです」と仰って下さりました。でもこれをきっかけに、エンターテインメント業界が今後NEW NORMALの中でも私たちに幸せを届け続けてくれることを本当に願うばかりです。そして、誰もが予想もしていなかったエンターテインメント業界の危機を左右する大役を担ってくれたサザンオールスターズには本当に感謝です。 いつかまた生の音楽が楽しめる日を願って、それまでアーティストの皆さん、ファンの皆さん、そして業界関係者の皆さんがどうかご無事で健康で、“Keep Smilin'”でいらっしゃることを心よりお祈り申し上げます。 --------------- ちなみに今回のベット楽曲は『チャコの海岸物語』と『いなせなロコモーション』。外れたけど『朝方ムーンライト』が来たのは最高でした!(笑)

レビューをもっと見る

まとめ:

【みんなのレポ】初の無観客配信ライブ!サザンオールスターズ特別ライブ 2020『Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!!~』

【みんなのレポ】初の無観客配信ライブ!サザンオールスターズ特別ライブ 2020『Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!!~』

サザンオールスターズが横浜アリーナにて初の無観客配信ライブを開催。8つのライブ配信メディアで一斉同時配信され、推定視聴者数はなんと約50万人!ファンのみなさん…

2020/06/26

【楽しみ】サザンオールスターズ、無観客配信ライブ1曲目予想

【楽しみ】サザンオールスターズ、無観客配信ライブ1曲目予想

デビュー記念日の6月25日に横浜アリーナにて初の無観客配信ライブを実施するサザンオールスターズ。配信を待ちわびるファンが予想したセットリストの1曲目をまとめま…

2020/06/25

≪LiveFans調べ≫2019年 年間ライブ動員ランキング!

≪LiveFans調べ≫2019年 年間ライブ動員ランキング!

<<LiveFans独自ランキング>> 2019年 年間合計!動員数が多かったのは一体誰!?

2020/01/29

連載:

サザンオールスターズからサマ&オー・デ・モンドまで見て「やっぱりライブはいいな」と改めて思った今日この頃!

2015/06/11

5月26日、東京ドームで〈サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015 「おいしい葡萄の旅」〉を見た。さすがサザンというステージだった。とにかく、バラエ…

連載を見る

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

Mr.Children

Mr.Children

ロックポップス
福山雅治

福山雅治

ポップスロック
miwa

miwa

ポップス
Superfly

Superfly

ロックポップス
The Birthday

The Birthday

ロックオルタナティブ/パンク
UVERworld

UVERworld

ロックポップス
小田和正

小田和正

ポップスフォーク/ニューミュージック
プッシュ通知

プッシュ通知をオンにして、サザンオールスターズの最新情報をウォッチしましょう

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });