×

フェス特集2022

Mr.Children のライブレビュー (441件)

Mr.Children

Mr.Children

Mr.チルドレン / ミスチル

アーティスト情報を見る

ロックポップス

並べ替え: 開催期間中のレビューを全て表示

≪Prev12345|…23

Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス

2022/05/10 (火) 18:00開演 @ 東京ドーム(東京都)

やんさん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス

2022/05/10 (火) 18:00開演 @ 東京ドーム(東京都)

赤菱さん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

12分程押しての始まり。 電波状況が悪くチケットを画面メモしない人が多くて入場に手間取ってしまったのかな? 2018年振りのミスチルなので期待は大きい反面、福岡・名古屋の4公演でセトリ情報が入っていたので、個人的には微妙なセトリだなと思いつつ曲順が変動したり数曲は入れ替わったりしているので、心のどこかでは5月10日公演なのでスペシャルなセトリに変わるかなと少し期待をしていたのだけど思ったほどでもなかったのは残念。 半世紀のエントランスtourだけではなく、前に30th Anniversaryと謳っているのだから捻らずにもっとストレートならセトリでいいのになと感じた。 セトリを抜かせば、最高の演奏・歌声を披露してくれて、舞台演出もお金をかけているなと感じさせてくれた。 特効もこれでもかと魅せてくれて光の演出や映像も素晴らしく、ステージを観るべきなのに、ついつい映像に目がいってしまうというくらいの良さ。 音は中々良く聴こえてきて最高だったのだが、星野源のドーム公演の時にも感じたことだけど、歌っている時に拍手をすると残響が強過ぎてボーカルの音が2ダウンくらい小さく聴こえてしまったのは如何ともし難いことで、ドーム公演の難しさを感じでしまった。 ただ終わってみたら、控え目に言っても最高としか言いようがない。 当たり前だよねミスチルなんだもん。 だだ35周年の時はストレートなセトリを用意して欲しいかな。

Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス

2022/05/10 (火) 18:00開演 @ 東京ドーム(東京都)

ゲストさん

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

思えばこの30年間、 大きな節目の度に彼らから放たれるメッセージは いつの日もシンプルで、それでいて優しく、そして力強かった。 例えば、 ため息色した通い慣れた道を、 人混みの中へ吸い込まれてくように通り過ごしてく毎日の中でも 彼らは変わらず、 誰かのために小さな火を焚べるような 愛する喜びに満ち溢れた歌を歌ってくれました。 また、 思わず二足歩行してる空っぽの生き物のように 無意識にリズムを刻んでしまう程の、 ある種の悲しみや虚無感に襲われていたあの時も、 「涙の軌道は綺麗な川に変わる」と言ってくれただけでなく、 「
そこに笹舟のような祈りを浮かべればいい」 とさえ説いてくれました。 さらに、 こんな時代の中でもなお、 「今僕を取り巻いてる世界はこれでいて素晴らしい」 と声高に歌い上げ、 人生とは、もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅だとも 力強く言ってくれました。 そして今日、 彼らは自身の30周年の日に寄せて、 まるで自分に言い聞かせるようにこれまでの事をポロッと本音で 「立ち止まったらそこで何か終わってしまうって走り続けた」 と教えてくれ、 最後には、 「思いっきり笑えるその日が来るまで生きろ」 と伝えてくれました。 道理で“もう一回もう一回”と繰り返し聴いてるうちに、 それぞれの『僕らの音』に姿を変えて、 永遠にこころに残っていくわけだな、と再認識したLiveでした。

Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス

2022/05/03 (火) 17:00開演 @ バンテリンドーム ナゴヤ(愛知県)

開催期間中のため、非表示になっています。
▼クリックで表示します。

ネタバレ含みます。 ---------- 快晴。心地よい風吹く穏やかな日の開催。 客層は幅広く、20代から50代ぐらいで男女も半々ぐらいでした。 客席の間引きはなく、マスク着用。声出しNG。 定刻から少し遅れてスタート。 アンコール含めて3時間。 桜井さんの声のコンディションは最高でした! 3年前のアゲンストツアーの名古屋は声が掠れ、高音が出ず辛そうだったので心配してたのですが、そんなものは杞憂でした。 ステージにはキーボードのサニーとメンバーの計5人。 ストリングス、ホーンはなし。 レイアウトはメインステージとアリーナ中央のセンターステージ。 ステージが変形したりアップダウンするなどのギミックはなくシンプルでした。 2、4、5、8、12、13、18曲目が日替わりです。 他の方の公開したセトリを参考に、今のところ以下のような日替わり曲になっていることが分かりましたので書いときます。 2曲目はユースフルデイズ、箒星、paddleのどれか。 5曲目は replayかOverかLOVE。 8曲目は僕らの音かdrawing。 12曲目は LOVEはじめましたかロックンロールは生きている。 13曲目はフェイクかニシエヒガシエ。 18曲目はdance dance danceかファンファーレ 私の日は、paddle、イノセントワールド、LOVE、僕らの音、ロックンロールは生きている、フェイク、dance dance danceでした。 桜井さんも言ってましたが、初期が良い、いやいや最近の曲を。誰もが知る曲を。レアな曲を。。。という要望にすべては応えられない。 だから日替わりで色んな曲をやります、ってことらしいです。 日によって7曲もセトリが違うのはドキドキですね。 声出しNGがもどかしい曲がたくさんありました。 「海にて、心は裸になりたがる」もそうだし、「イノセントワールド」のサビのとこでは桜井さんが「歌って!…心の中でね」って。 あー声出したかった。 圧巻はタガタメ。 桜井さんの熱量。叫びにも似た歌声にグッと来ました。 sound trackの「dancing shoes」はライブで印象変わりました。良かったです。 同アルバムのothersは個人的にはアウトロが長いのと詞がミスチルっぽくないので。。。 あそういえば、himawariはまだどこでもやってないですね。 今後、日替わりで登場するんですかね? アンコールのYour songはアコギ1本で聴かせるアレンジ。で、新曲の「生きろ」で締め。 この辺は、周年ライブなのでもっと疾走感や盛り上がる曲が良かったなぁー、と個人的には思いました。 欲張りでしょうか。 誤解を恐れずに言うと、周年ライブだからといってthanks givingを想像して臨むと少し拍子抜けするライブかもしれません。 とはいえ、生活様式の変化後の第一歩としてはとても意味のある、本当に素晴らしいライブでした。 Mr.Childrenの皆様、スタッフの皆様。 本当にありがとうございました! その他桜井さんのMCなど覚書として。 ・覚えてますか、この(ライブの)感じ! ・ツアースタートの福岡公演後、B'zの稲葉さんからおめでとうメールがありました。 ・そのメールで、「コロナ以降、初めての規制なしのドームクラスでライブをやったアーティスト」だと教えてもらった。 ・みんなが声を出せなくなって気づいたことがある。それは「拍手」に色んな表情があるってこと。 ・次はマスクなしで声出しありのライブやろうね ・最高のゴールデンウィークになりました!みんなまだまだゴールデンウィークは続くから楽しんでね。 以上、また思い出したら追記します。

≪Prev12345|…23

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });