くるり

QURULI

くるり

くるり のコミュニティ:

アーティストの情報交換や好きなテーマについておしゃべりを楽しもう。

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(9件)

くるりライブハウスツアー「列島ウォ~リャ~Z」

2019/06/15 (土) 18:00開演 @ 郡山Hip Shot Japan(福島県)

まさやさん

※長文です。悪しからず。 『人生で1度は観ておきたいアーティストシリーズ』も今年でほぼ完結の予定。 そんな中での今日はくるり。 岸田さんはサンフジンズで数年前のロッキンでお目にかかってますが、くるりライブは初。 私自身後悔ってそれほどしてこなかった性格ですが、唯一の”後悔(リグレット)”と思えるのが、流行っていた時には好きになれないけど、世間の熱が冷めたころに「いい歌だな、あの時に好きになって、学生ながらにお金貯めてライブに行けばよかったな」と思うことが、音楽の趣味の中にあります。それの一番はフジファブリック。好きになったときには志村正彦はいなくて…。 そんな意味で言えばくるりもそのうちの一つ。 大学生時代に友人がくるりが好きで。でも自分はどこか流行りものには流されたくなく、毛嫌いする癖が。 社会人になり『ばらの花』が名曲と知り、そこからくるりをカーオーディオで聞き流しする日々。 聴き流しでくるりを聴いていたので、曲名が一致するものはあまりなく、今回のツアーはレコ発ということもありここのアプリでセットリストは予習をしていました。 雨の中の郡山。 後ろの方でなんとなーく楽しめればいいやと思い、開演15分前くらいに入場。思いのほか満員でびっくり。 会場スタッフの「もっとお詰め下さい」の流れに身を任せていたら、一番下の段の真ん中まできちゃいましてほぼベスポジ。 「レコ発だからな、雰囲気だけ楽しめれば。どうやら『シャツを洗えば』をやるみたいだし、ツェッペリンのカバーもやるみたいだし」くらいの気持ちでいたら驚きの『ハイウェイ』からスタート。 20代前半の頃かな、社会人になりたての頃によく聴いていた曲。当時「俺がやりたいことはこんなんじゃない」と現状に満足していなかったころ。平日休みの仕事だったので、次の日が休みの時はほとんど仕事が終わってからあてもなく車を流していた日々。「将来俺、どうなっていくのかな…」とぼんやり思いながらかけていたのがこの『ハイウェイ』。この歌詞の通り「僕が旅に出る理由はだいたい100個くらいあって」ね。これが1曲目に聴けただけで今回のライブは当たり。 ベスト盤や往年の名曲で満足しちゃってなかなかそれを超えることができないアーティストも多い中、当時発売されてなんとなく聴いてみた『坩堝の電圧』は意外にハマり当時はヘビロテでした。そんな中の『everybody feels the same』はテンションMAX!Youtubeで観ましたが、いつだかの夏フェスで『everybody~』からの『トレイン・ロック・フェスティバル』っていう映像を観たことがあったので、この流れは岸田さん本人もお気に入り?(笑) 他にも『飴色の部屋』『GO BACK TO CHINA』『愉快なピーナッツ』『Baby I love you』と今回は往年の名曲の嵐。本編シメの『虹』もアンコール最後の『ロックンロール』も最高。個人的な1番は『さよならリグレット』。「ままどおる(笑)クリームボックス(笑)薄皮まんじゅう(笑)」となんだか変なことを連想させる響きの郡山名物でオーディエンスとかけあい、しっとりとしたこの曲へ。『坩堝の電圧』ファンとしては、『chili pepper japones』が生で楽しめたのも最高。 どうやら昨日の仙台公演からこのようなセットリストになったみたいで。往年の名曲ファンの私としては大満足。 web版からこのLiveFansを閲覧していただければ私の過去の参戦ライブがご覧いただけますが、「一度は生で観てみたい」という気持ちに併せて、どこかギャンブルのような気持ちもありまして。「あの曲やらないかなぁ」と5,000~10,000円くらいのチケット代を払って賭けにでる気持ち。それが当たったときの興奮を糧に生きているようなもんで、今までのライブはそんな意味での当たり回は多くて。周年ライブを狙ってるというのもありますが、椎名林檎は『歌舞伎町の女王(バンドver.)』が聞きたいけど、過去にはストリングスアレンジもあるからな、という中でのバンドver.だったり。ユーミンも1曲目は大好きな『ベルベットイースター』だったり。イエモンなんかは聴きたい曲が聴けただけではなく、その日の様子がそのままDVD化されたり(2016年@たまアリ)。あげればきりがないですが、「レコ発ツアーと思ったら往年の名曲セトリ」という意味で今回のライブも当たり回に仲間入り! 新曲?の『野球』も最高でしたね。小橋さん、俺も34でお相手探し中です(笑)お互い頑張りましょう!(笑) あ、個人的にはツェッペリンのカバー観たかったぞ(笑) これからも人生のBGMにさせてもらいます! P.S.ゲスト様、パワーパワー様、セトリ投稿ありがとうございます。ライブ後のiTunesでのセトリプレイリストを作成するのがすきなもので。

レビューをもっと見る

まとめ:

[祝]サザン40周年!2018年に周年を迎えるアーティストをまとめてみた

[祝]サザン40周年!2018年に周年を迎えるアーティストをまとめてみた

6月25日はサザンの日!ということで、サザンと同じく今年2018年にめでたく周年を迎える(迎えた)アーティストをまとめました!

2018/06/25

くるり主催<京都音楽博覧会2016>天候悪化のため中止になるもその後の神対応に称賛の声殺到!

くるり主催<京都音楽博覧会2016>天候悪化のため中止になるもその後の神対応に称賛の声殺到!

2016年9月18日(日)に梅小路公園にて開催された「京都音楽博覧会2016」。荒天によりライブは中止となったもののその後の対応に称賛の声が殺到しました。ライ…

2016/09/20

特集:

カウントダウンライブ特集 2016→2017

2016/11/09

今年も残すところあとわずか。年越しはライブで盛り上がろう!

特集を見る

フェス特集2016

2016/04/13

大型夏フェスはじめ、今年全国各地で行われる音楽フェスティバルを完全網羅!チケットや出演者、タイムテーブルにセットリストなどのまとめ情報を随時更新中!

特集を見る

FUJI ROCK FESTIVAL'15 『ROOKIE A GO-GO』特集!!

2015/07/03

「FUJI ROCK FESTIVAL'15」開催直前! 新人アーティストの登竜門的ステージ「ROOKIE A GO-GO」特集!

特集を見る

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

新着情報

バナー