出演アーティスト

出演順|50音順

2018-08-10

2018-08-10閉じる

def garage

2018-08-10
14:00~ ヤングオオハラ プロフィール 0 0
15:00~ フレンズ プロフィール 0 4 セットリスト
16:00~ 四星球 プロフィール 0 6 セットリスト
17:00~ Saucy Dog プロフィール 0 3
18:00~ SIX LOUNGE プロフィール 0 3
19:00~ ドミコ プロフィール 0 0
20:00~ パノラマパナマタウン プロフィール 0 2 セットリスト
21:20~ Guitar Wolf プロフィール 0 1
23:00~ 怒髪天 (共演:bloodthirsty butchers, TOSHI-LOW, 吉野寿, KO, 椎木知仁) <怒髪天×RSR FRIDAY NIGHT SESSION "TRIBUTE TO bloodthirsty butchers IN EZO 2018"> プロフィール 0 1

2018-08-11

2018-08-11閉じる

SUN STAGE

2018-08-11
12:30~ 04 Limited Sazabys プロフィール 0 19 セットリスト
14:10~ UNISON SQUARE GARDEN プロフィール 0 23 セットリスト
16:00~ マキシマム ザ ホルモン プロフィール 0 26 セットリスト
18:10~ 山下達郎 プロフィール 0 19 セットリスト
21:00~ UVERworld プロフィール 0 19 セットリスト
23:20~ エレファントカシマシ プロフィール 0 14 セットリスト
25:20~ Dragon Ash プロフィール 0 5 セットリスト
27:30~ 東京スカパラダイスオーケストラ プロフィール 0 39 セットリスト

EARTH TENT

2018-08-11
12:30~ BiSH プロフィール 0 5 セットリスト
14:10~ OKAMOTO'S プロフィール 0 5 セットリスト
15:50~ クリープハイプ プロフィール 0 15 セットリスト
17:20~ sumika プロフィール 0 20 セットリスト
18:50~ the pillows プロフィール 0 7 セットリスト
21:00~ キュウソネコカミ プロフィール 0 19 セットリストレビュー
22:40~ 和楽器バンド プロフィール 0 6 セットリスト
24:10~ coldrain プロフィール 0 17 セットリスト
25:40~ GRAPEVINE プロフィール 0 6 セットリスト

RED STAR FIELD

2018-08-11
12:50~ MONGOL800 プロフィール 0 6 セットリスト
14:20~ 大橋トリオ プロフィール 0 4 セットリスト
15:50~ ハナレグミ プロフィール 0 1 セットリスト
17:20~ ザ・クロマニヨンズ プロフィール 0 5 セットリスト
19:20~ 奥田民生 プロフィール 0 12 セットリスト
21:00~ EGO-WRAPPIN' プロフィール 0 5
22:40~ The Birthday プロフィール 0 11 セットリスト
24:00~ 竹原ピストル プロフィール 0 5 セットリスト
25:30~ My Hair is Bad プロフィール 0 13 セットリスト

BOHEMIAN GARDEN

2018-08-11
12:30~ Lucky Tapes プロフィール 0 0
13:40~ 藤原さくら プロフィール 0 5 セットリストレビュー
15:00~ エマーソン北村 (共演:細海魚) プロフィール 0 0
16:10~ 折坂悠太 プロフィール 0 0
17:30~ サニーデイ・サービス プロフィール 0 4 セットリスト
19:00~ JOY-POPS プロフィール 0 2 セットリストレビュー
21:00~ MY LIFE IS MY MESSAGE プロフィール 0 0
22:50~ Caravan プロフィール 0 4 セットリスト
24:30~ OKI DUB AINU BAND プロフィール 0 1
26:00~ シアターブルック プロフィール 0 2

RAINBOW SHANGRI-LA

2018-08-11
12:30~ 平井大 プロフィール 0 2
14:00~ ペトロールズ プロフィール 0 2 セットリスト
15:40~ スチャダラパー プロフィール 0 1
17:10~ YOUR SONG IS GOOD プロフィール 0 0
18:50~ SPECIAL OTHERS プロフィール 0 1 セットリスト
21:00~ Char プロフィール 0 5 セットリスト
23:00~ agraph プロフィール 0 0
23:30~ yahyel プロフィール 0 2
24:10~ KEITA SANO プロフィール 0 1
25:00~ 石野卓球 プロフィール 0 2
26:15~ ケン・イシイ プロフィール 0 1
27:30~ Licaxxx プロフィール 0 0

def garage

2018-08-11
11:30~ ズーカラデル プロフィール 0 2
12:50~ 緑黄色社会 プロフィール 0 0 セットリスト
14:00~ CIVILIAN プロフィール 0 1 セットリスト
15:00~ オメでたい頭でなにより プロフィール 0 4 セットリスト
16:00~ フラワーカンパニーズ プロフィール 0 3 セットリスト
17:30~ brainchild's プロフィール 0 1 セットリスト
18:50~ ZIGGY プロフィール 0 2 セットリスト
21:00~ POLYSICS プロフィール 0 4 セットリスト
22:10~ CHAI プロフィール 0 5
23:10~ 小袋成彬 プロフィール 0 0
24:20~ DYGL プロフィール 0 3
25:30~ DATS プロフィール 0 2
26:40~ King Gnu プロフィール 0 4
27:40~ Base Ball Bear プロフィール 0 8 セットリスト

ライブレビュー(3件)

藤原さくら

2018/08/11 (土) 13:40出演 @ BOHEMIAN GARDEN at 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道)

欧州のような芝生のグラウンドに、欧州っぽくシトシトと霧雨が降る石狩の地。時折、篠突くような猛雨の中、始まったRising Sun Rock Fes in Ezo. ですが、我らが妖精, アメワラシ, 藤原さくら!しっかり自分の舞台では、雨を魔力で遠ざけ、そのパワーを見せつけます。 今回は、アレンジャーを勤められた mabanua さんとのコンボです。日比谷の野音で、凝った構成でバンドスタイルの演奏を見せてくれた彼女ですが、このコンボでもカラフルに魅せる彼女の味には深みが増してきていますね。これも妖精の力。Bohemian Garden という彼女にぴったりの名前のついた舞台で、静かに始まった彼女の舞台、北海道の涼しい風が吹き抜けます。 Sunny Day, The moon など、EP ”GREEN” 収録のものとはまた違った、ギターアレンジで、彼女の音楽の魔力も、妖精っぷり、発揮しています。もう、なんども書いてきましたが、猛烈に可愛くて愛しい彼女の歌う姿に魅せられていく観客たちの空気感が緩んでいくのがわかります。素晴らしい。 舞台のあと、FM NorthWave の公開収録があり、mabanua 氏と二人で出演。近況やEPについての質問を受け答えしながら、注がれたビールをあっという間に空けていく彼女。ギリシャの酒神:バッカスも彼女には、優しく祝福を与えざるを得ないようでした。その中で、バッカス神も酔わせてしまった彼女、そのユルい復讐を受けて、間も無く酔いつぶれてしまったようです。その刹那、神と妖精のユルい旅はどこへ向かったのでしょうか???是非とも、今度は、一緒に連れていっていただきたいものです。今回は、他の出演者に信頼の置ける方々が多かったせいもあるのでしょうか???たまには(たまなら!www)こういう日も有っていいかな?と思います。で、彼女は、今日も送迎車に”刺さって”、帰っていったのでしょうね。でも、そろそろ色々気をつけろよ!って言いたくなる気持ちはグッと抑えて、今日のステージの彼女の綺麗な姿を思い浮かべながら、帰路につく私でした!!ふふふ、しかし、可愛いな、あんにゃろう!(^^)

JOY-POPS

2018/08/11 (土) 19:00出演 @ BOHEMIAN GARDEN at 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道)

yosh1968さん

2018年、唐突に届けられたJOY-POPSツアーの報せ。チケットはすべてソールドアウト(東京追加公演も即完、チケットはプレミア化) こんな事態を誰が予測しただろう。 ハリーも蘭丸も解散後それぞれ旺盛な活動を行なって来た。それは知っている。 だけど、ストリートスライダーズという奇跡のようなバンドにやられたファンは、みんな今の2人の活動を認めつつも、やはり「あの瞬間」が忘れられないということなのだろう。 バンドが偉大であればあるほど、ミュージシャン自身も、その後のソロ活動でその幻影との格闘を強いられる(ビートルズしかり、ツェッペリンしかり)。 僕は正直言って夢遊病(1985年)を最後に2人のその後の活動はそんなに熱心に追っかけてはいない。 時間どおりステージに現れた2人はほぼあの頃のままだった。あれ?ハリーってこんなに気さくな人だったっけ?とはちょっと思ったけど。 蘭丸がカメレオンのイントロを弾く。ハリーのテレキャスが応える。 この2人が同じステージにいる。そう思ったら絶叫した。そして涙が出た。雨でごまかせたのでよかった。一緒に見ていた17歳の息子にはバレなかったと思う。 ライジングサンのステージの中ではこぢんまりとしたステージ。これを生で見られた自分は幸せだと思う。 ハリーと蘭丸がどこへ向かうのかは知らない。自分がどこへ向かうのかも知らない。 だけど僕も含め、その場に居合わせた観客は、時空を超えて、長い旅を終えて、確かにそこで同じ時間を共有した。 歳をとるのも悪くない。 セットリストはネットで拾ってほしい。 この手の再結成では懐メロ大会になりがちだが、ハリーと蘭丸はそれぞれ新曲を披露した。 「新曲やります」と蘭丸が紹介した後、観客は明らかに「(せっかくふたりがいるのだから)スライダーズの曲が聴きたい」というモードで。オー〜〜…!みたいな雰囲気。 その雰囲気を感じ取った蘭丸はそこですかさず一発。 「あれ??ここ、盛り上がるトコなんだけど?」 ハリーと蘭丸は前しか見てない。 後ろを見てるのは、あろうことか、観客だ。そして僕だ。

レビューを投稿する

レビュー投稿
※3000字以内シェア シェア

投稿ガイドライン利用規約をご確認ください。

観たレポ投稿

    男女比

    年齢層

    グッズの待ち時間

    会場の混み具合

どのような雰囲気でしたか? ※複数選択可
ライブ満足度

投稿する キャンセル

関連記事

loading

石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ (北海道)

特集

フェス特集2018

2018/04/25

大型夏フェスはじめ、今年全国各地で行われる音楽フェスティバルを完全網羅!チケットや出演者、タイムテーブルにセットリストなどのまとめ情報を随時更新中!

特集を見る

バナー